【給湯器の修理・交換】原因・依頼先・費用は?DIYは危険!

給湯器修理

給湯器の調子が悪いときは、修理を検討する必要があります。ただ、「この症状でそもそも修理が必要なのかわからない」「修理について誰に相談すべきなのか」と悩む人もいるでしょう。不調の種類によっては、修理ではなく交換が必要なケースもあり、判断が難しいかもしれません。

本記事では、自宅の給湯器に不調があり、修理・交換が必要なケースや相談先、修理にかかる費用相場などについて解説します。自分で給湯器を修理する際の注意点についても説明しますので、ぜひご覧ください。


1. 給湯器の修理・交換が必要なサイン

給湯器の不調が続くときに、修理や交換を検討すべきサインがあります。ここでは、代表的なポイントを紹介しますので、まずは自宅の給湯器に当てはまるかどうかチェックしてみましょう。

<給湯器の修理交換サイン早見表>
サイン 修理交換の必要性 備考
給湯中に水に変わる 水圧の変動による影響も考えられる
湯が出ない・点火しにくい まずはガス栓・電源が入っているかチェック
追い焚きができない 浴槽の循環口フィルターが詰まっている可能性も
お湯の温度が安定しない 水圧の変動による影響も考えられる
煙が発生している 気温が低いときの白い煙(水蒸気)であれば問題ないが、それ以外は修理交換が必要
変なにおいがする 新設時やプロパンガス(LPガス)給湯器で通常運転の範囲内で異臭がする可能性があるが、基本的には修理交換が必要
変な音がする ファンやモーターの音は正常な作動音。それ以外の音なら早急に点検を
リモコンにエラー表示が出る 取扱説明書等でエラーの内容を確認して対処を

1-1. 使用中に水になる

給湯器を使っている途中でお湯が出なくなる場合は、故障の可能性もありますが、水圧の変動による影響も考えられます。電源を入れ直してみて、同じ状況が続く場合は修理・交換が必要と考えましょう。

1-2. お湯が出ない・点火しにくい

お湯が出ない場合には、機器の故障以外にもいくつかの原因が考えられます。

まず、給湯栓が開いていること、分電盤ブレーカーや電源が入っていることを確認し、状況が変わらなければ給湯器の修理・交換を検討しましょう。
また、お湯が出ず、ガスコンロも動作しない場合はガス会社へ連絡が必要です。
お風呂のお湯だけが出ないときは、リモコンの不調も考えられますので、取扱説明書に沿って対応しましょう。

給湯器の修理・交換が必要になるのは、特に古い給湯器の場合です。
経年劣化などにより、給湯器には、点火しにくくなる、お湯が出るまでに時間がかかる、といった状況が起こります。給湯器の設置から10年前後経過している場合は、給湯器内部の部品の不具合が疑われるため修理を手配しましょう。

1-3. 追い焚きができない

追い焚きができない場合、まず疑われるのが浴槽の循環口フィルターの詰まりです。フィルターの清掃を行い、運転スイッチを入れ直して追い焚きができるか確認しましょう。
状況が変わらなければ、修理・交換の検討が必要です。

1-4. お湯の温度が安定しない

お湯の温度が安定せず、熱すぎる、もしくはぬるすぎる場合、リモコンの温度設定を確認しましょう。設定を変えても温度が上がらない、使用中にぬるくなる、といった場合は給湯器の故障が疑われます。

また、給水口(水抜き栓)のフィルターの詰まりによって、水圧の影響を受けている可能性もあります。フィルターを掃除し、運転スイッチを入れ直しても同じ状況が続く場合、修理・交換が必要でしょう。

1-5. 煙が発生している

煙が発生しているときは、まず煙の色を確認します。

白い煙は、排気ガス中の水蒸気が気温が低い時期に白く見える現象で、故障や不具合ではありません。ただ、白い煙が出続けるときや気温が低くない日に煙が出るケースでは、故障の可能性が高いでしょう。

また、煙が黒い場合は不完全燃焼の可能性があるため、給湯器の使用を中止して修理・交換を依頼する必要があります。

1-6. 変なにおいがする

給湯器から変なにおいがする場合、においのタイプによって対応が変わります。

酸っぱいにおいや目に刺激のあるにおいの場合、給湯器内の部品劣化や金属腐食が考えられます。ガス漏れを引き起こすリスクもあるため、使用を中止してできるだけ早く修理・交換を行う必要があります。

ガスのにおいの場合、状況によって対処しましょう。
新設の給湯器では、組み立て時の機械油が燃焼して排気口からの異臭が発生するケースがあり、故障ではありません。また、プロパンガス(LPガス)給湯器は、ガスの残量が少なくなると排気口からガスのにおいが出ることがありますが、問題はないので安心してください。
ただし、異臭が続く場合は、修理・交換が必要である可能性が高いでしょう。

1-7. 変な音がする

給湯器から聞こえる音の種類により、状況が変わります。

「ブーン」といったファンの音やモーター音は正常な作動音であり、通常は数分で停止するでしょう。また、凍結予防や残り湯点検のためにポンプの回転音が発生する場合もありますが、これも問題はありません。

ただ、「ボー」といったホラ貝のような音や、「ピー」と笛に似た音がする場合は、空気とガスのバランスが悪く、ファンモーターの不具合が発生している可能性があります。また、「ボン」といった爆発音がする場合、不完全燃焼やガス漏れが疑われるため、早急に点検を依頼しましょう。

1-8. リモコンにエラー表示が出る

給湯器のリモコンにエラーコードが表示される場合は、給湯器本体が何かしらの不具合や故障を感知しています。各メーカーによってエラーコードの意味と対処法が異なるため、説明書やリスト化されているWebサイトなどで調べましょう。

対処法を試しても状況が変わらない場合は、給湯器本体の修理・交換も検討する必要があります。