塩害に強い外壁材の選びかたと既存外壁でできる対策を紹介!

塩害に強い外壁材の選び方と既存の外壁でできる塩害対策

「外壁が塩害で劣化する原因は?」
「塩害に強い外壁材ってあるの?」
こういった疑問を持っている人は多いでしょう。

この記事では、塩害の原因や、対策となる外壁の種類などを紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 外壁で起こる塩害の原因と特徴
  • 外壁が塩害を受けると起こる問題
  • 外壁における塩害対策
  • 外壁の塩害対策をする際のポイント

塩害について知っておけば外壁の寿命が縮まる現象を防げるようになるでしょう。


1.外壁で起こる塩害の原因と特徴

塩害の原因は塩分です。空気中に含まれる塩分が外壁に付着することで劣化を早めてしまいます。

以下では、塩害で起こる被害と、塩害を受ける距離を解説します。

1-1.塩害とは塩分による被害

塩害は主に海浜地域で発生し、風で運ばれた塩分が金属や外壁材を劣化させる現象です。鉄筋コンクリートにおける鉄筋部分のように、金属部が外気に直接ふれていない部位でも塩害が発生します。金属を使う鉄骨コンクリートも同様です

なぜ外気にふれていなくても発生するかというと、コンクリートの塩分濃度が上昇して鉄筋が腐食するためです。

また、木造住宅であっても、鉄筋や鉄骨ほどではありませんが塩害の影響を受けて腐食が進みます。

1-2.塩害の原因と発生距離

塩害は海からの潮風で発生します。塩害が起こる距離は海から5キロメートル以内が目安です。

ただし、強風時は遠くまで塩分が運ばれるため10キロメートルを超えることがあります。海浜地域に暮らす場合だと塩害はつきものと考えなくてはいけません。

 


2.外壁が塩害を受けると起こる問題

外壁が塩害を受けると以下のような劣化症状が発生します。

  • 金属の腐食
  • 外壁材のハガレ
  • 塗料の劣化が早まる

具体的にどのような症状化を解説していきます。

2-1.金属の腐食

塩害によってトタンやアルミといった金属の外壁は腐食します。金属が腐食すると穴があいて雨漏りの原因となるでしょう。

塩害が起こりやすい地域では金属外壁は利用しないほうが賢明です。

2-2.外壁材のハガレ

塩害を受けると外壁の表面の塗装が劣化しやすくなります。塗装は劣化するとはがれてしまい、外壁の内部がさらされてしまうでしょう。

外壁の内部がさらされてしまうと塩分が外壁自体を劣化させるため、早急に補修が必要です。また、塗装をしないコンクリート外壁だったとしても表面がはがれる危険性があります。

2-3.塗料の劣化が早まる