外壁でメンテナンスフリーの素材はナシ!長持ちする材料とは

外壁でメンテナンスフリーの素材はナシ!長持ちする外壁素材とは

外壁に使える素材でメンテナンスフリーの材料を探している人も多いかと思いますが、メンテナンスフリーの素材はありません。

しかし、長く使える外壁素材は存在します。塗装や補修といった外壁メンテナンスの手間が省ける素材をこの記事では紹介します。

具体的には、

  • 外壁でメンテナンスフリーの素材がない理由
  • メンテナンスフリーに近い外壁素材の種類と特徴
  • 外壁でメンテナンスフリーに近い素材を使う際の費用目安
  • 外壁素材の寿命を延ばすための対策

をチェックしていきましょう。「外壁のメンテナンスなんてしたくない」という人には必見の情報を解説していきます。


1.外壁でメンテナンスフリーの素材がない理由

現在の技術では、メンテナンスフリーの外壁素材は実現していません。どれほど高耐久で長寿命の素材であっても10年や20年単位で補修や塗装が必要です。

メンテナンスフリーが実現していない理由として、外壁素材には有機成分 が含まれていることが影響しています。

有機成分とは、生物が作り出す、カビの栄養となる成分です。一般的には炭素が含まれる物質が有機成分に分類されます。一方で、無機成分とは有機成分以外を指します。

外壁素材の多くは表面に塗装をしなくてはすぐに劣化してしまいます。しかし、塗料には有機成分が含まれているためカビが生えやすいのです。

「では、無機成分だけで塗料を作ってはどうか」と考えるかもしれません。しかし、無機成分だけで作られた塗料は粘り気が足りず、硬すぎて塗装ができません。塗装ができたとしてもすぐにひび割れてしまい使いものにならないでしょう。

塗装をしない外壁素材であれば無機成分のみで作ることも可能です。例としては「タイル」が当てはまります。

しかし、タイル外壁だとしても接着剤や目地部分は劣化していきます。このため定期的にメンテナンスが必要なのです。