外壁の補修時期や方法、費用、注意したいポイントを解説!

「外壁補修をする時期を知りたい」
「外壁補修にかかる費用相場を知りたい」

こういった疑問を持っている人は多いでしょう。
この記事では、外壁の補修をする時期の見分け方や、費用相場などを紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 外壁の補修をする時期の見分け方
  • 外壁の補修方法と種類
  • 補修にかかる費用の目安
  • 補修はDIYでどこまで可能なのか
  • 外壁の補修をする場合におさえておきたいポイント

外壁の補修時期を見分けて適切な工事をすることで、無駄な費用をかけずに工事ができるようになるでしょう。

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.外壁の補修をする時期の見分け方

外壁の補修時期を見分ける方法は2つあります。

  1. 前回のリフォーム年
  2. 劣化の状態

それぞれ具体的に説明していきます。

1-1.前回のリフォーム年

前回のリフォームから10年が経過した頃が外壁の補修目安です。ただし、外壁材によっては15年や20年は問題がない可能性があるため、10年で工事が必須というよりも、点検する時期の目安だと考えておきましょう。

1-2.劣化の状態

年数よりも重視するべきは劣化状態です。
以下のような劣化が外壁に起こっている場合は補修を検討してください。

  1. 塗装や下地のひび割れ
  2. 塗装の剥がれ
  3. シーリングの劣化
  4. 外装材の破損

具体的な症状について解説していきます。

塗装や下地のひび割れ

外壁の塗装や下地にひび割れが発生していたら補修が必要です。
放置すればひび割れが広がって外壁材のさらなる劣化や建物自体の腐食を招いて倒壊のおそれすらあります。

塗装の剥がれ

塗装が剥がれたり膨れたりしていた場合は補修が必要です。
放置をすると外壁材の劣化や腐食が早まり、メンテナンス費用が高まるでしょう。

シーリングの劣化

シーリングとは、外壁材の隙間を埋める目的で使用するゴム状の補修材です。
主にサイディングで利用されており、劣化するとひび割れや剥離といった問題が起こります。

シーリングが劣化した場合は補修が必要です。
劣化の例としては、シーリングがひび割れたり肉痩せした場合、他には外壁材から剥がれた状態があります。
放置すれば外壁の内側に雨水が入りこみ、内部を腐食させるおそれがあります。

外装材の破損

サイディングやモルタルといった外装材が欠けたり削れたりした場合は補修が必要です。
補修をしなければ雨水が内部に入り込んで建物を腐食させたり、雨漏りしたりするおそれがあります。

2.外壁の補修方法と種類

外壁の補修方法は4種類あります。

  1. 部分補修
  2. 塗装
  3. カバー工法
  4. 張り替え

劣化状況ごとにどういった補修が必要なのかを以下で詳しく解説していきます。

2-1.部分補修

外壁の一部が破損した場合や、シーリングの劣化に対しては部分補修を行います。
部分補修とは、シーリングの補修や、外壁のモルタル補修、サイディングの部分張り替えなどが当てはまります。

2-2.塗装

塗装の剥がれや膨れ、下地の軽度なひび割れ程度であれば全面塗装で対応します。
下地のひび割れにはシーリング補修やセメント処理を施して隙間を埋める必要があるでしょう。

また、外壁の塗装が劣化していなくても、カビやコケによって見た目が悪くなっていて汚れが気になるのなら塗装するとよいでしょう。
塗装は、カバー工法や張り替えよりも費用が安いですが、下地のひび割れが深かったり外壁が破損していたりする場合は対処できません。
カバー工法や張り替えで修理しましょう。

2-3.カバー工法

カバー工法は現在の外壁の上から新しい外壁材を重ね張りする工事方法です。
下地の重度のひび割れや、外壁の軽度の破損なら利用が可能となるでしょう。

カバー工法は塗装よりも重度の劣化症状を補修でき、張り替えよりも価格が安いですが、外壁が内部からボロボロになっている場合は対処できません。
劣化が重度の場合は張り替えを行いましょう。

2-4.張り替え

張り替えは、現在の外壁を解体してから新しい外壁材を取り付ける工事方法です。
外壁の破損を含めたすべての劣化に対処可能です。

塗装やカバー工法では対処できない劣化状況や、外壁のデザインを大きく変えたい場合に行います。
ただし、費用が他の工法よりも高いため、軽度の症状であれば塗装やカバー工法を選ぶとよいでしょう。

3.外壁の補修にかかる費用の目安

外壁の補修にかかる費用の相場を、工事方法ごとに解説していきます。

30坪の住宅における工法ごとの費用相場は以下のようになります。

  • 部分補修:1平方メートルまたは1箇所あたり1〜5万円
  • 塗装:70〜100万円
  • カバー工法:180〜240万円
  • 張り替え:200〜260万円

部分補修の場合は平方メートルや1箇所単位で工事費用を算出することが多いです。

部分補修以外の費用の主な内訳としては以下があります。

価格は目安です。
外壁の施工面積や工事の難易度、劣化状況によって 金額は変わるため、上記の範囲に必ず収まるわけではありません。

4.外壁の補修はDIYでどこまで可能なのか

外壁の補修はDIYで工事することが可能です。
ただし、工程によってDIYができるかどうかが変わります。

以下では、DIYが可能な範囲と、困難な領域を詳しく解説していきます。

4-1.部分補修は可能

外壁のひび割れ程度であれば部分補修は可能です。
洗浄してコーキングでひび割れを防ぐ程度の処理で対応できるため、1人でも工事ができるでしょう。

ただし、専門知識や経験がない人が工事をすると1年と持たずに剥がれてくる危険があります。
確実性を求めるなら業者に依頼しましょう。

4-2.塗装は可能だが非推奨

外壁全体の塗装はDIYでも可能ですが、推奨していません。
なぜなら、塗装の工程は複雑で作業量も多く、DIYで工事したとしても20万円以上の費用がかかるからです。
失敗すると2〜3年で剥がれてしまうため、費用対効果が非常に悪くなります。

4-3.シーリング交換も可能だが非推奨

サイディングの隙間を埋めるシーリング工事もDIYは可能です。

ただし、シーリングの交換は高度な技術が求められるため、失敗すれば1年と持たずに剥がれるでしょう。
シーリングの失敗は外壁内部の腐食を招くため、最悪の場合は雨漏りする危険があります。
基本的に、シーリング交換は業者に依頼してください。

4-4.外装材の交換は困難

サイディングなどの外装材を交換する作業はDIYでは困難です。
基本的に1人で行う作業ではなく、専門技術が求められます。

外装材の交換は失敗すると雨漏りに直結するため、DIYで行うにはリスクが高いと言えるでしょう。
最初から業者に依頼することをおすすめします。

5.外壁の補修をする場合におさえておきたいポイント

外壁の補修をする場合は以下の3つのポイントを意識しておきましょう。

  1. DIYするならリスクを把握する
  2. 業者に依頼するなら相見積もりをする
  3. 訪問営業で来た業者には依頼しない

知らずに補修をすると高額な費用がかかったり、手抜き工事をされる危険性があります。
工事前に必ず確認しておきましょう。

5-1.DIYするならリスクを把握する

DIYでの外壁補修は、部分補修や塗装程度なら対処可能です。
ただし、DIYをする場合は以下のようなリスクがあります。

  1. 高所から落下するおそれ
  2. 工事に何倍もの手間がかかる
  3. 工事期間が2倍以上かかる
  4. DIYで施工不良になると業者に依頼したほうが安くなる

DIYで作業する場合は自分で工事するため、高所から落下する危険が隣り合わせとなります。

また、仕事ではないため落下しても労災などの補償はありません。
工事をするのが自分となるため、業者に依頼するよりも非常に手間がかかります。

具体的には、道具を揃え、外壁を補修し、後処理をするまですべてを自分で行わなくてはいけません。
業者に依頼した場合は2週間で終わる工事でも、DIYで1人で作業すると毎日2時間の作業をしても半年以上かかります。

DIYで施工不良が起こった場合は、業者に再工事を依頼することとなるでしょう。
その場合、DIYで使った費用は無駄になります。

5-2.業者に依頼するなら相見積もりをする

外壁補修を業者に依頼する場合は相見積もりを行いましょう。
相見積もりとは、工事条件を揃えて複数の会社に見積もりを出してもらう手法です。

相見積もりでは以下のポイントをチェックします。

  1. 有資格者がいるか確認
  2. 他社と内容が違いすぎていないか確認

具体的に意識する点を解説していきましょう。

有資格者がいるか確認

依頼する業者に有資格者がいるかどうかを必ず確認しましょう。
補修業者が持っていると望ましい資格の例としては以下があります。

  • 建築士
  • 塗装技能士
  • 防水施工技能士

資格を所持している職人が多い業者ほど信頼性が高いでしょう。 

理由は、補修工事をするうえで上記の資格は必須ではないためです。
工事に必須ではない高度な資格を職人に取得させている業者は、施工品質を高めるためにお金をかけていると考えて良いでしょう。

他社と内容が違いすぎていないか確認

相見積もりをした際に、他社の工事内容や金額とあまりにも離れすぎている業者がいたら要注意です。
同じ工事条件で見積もりをする「相見積もり」では、金額や内容が似通ってくるケースが多いです。
このため、極端に価格や工事内容が異なる場合は具体的な説明を求めるか依頼を避けるようにしましょう。

5-3.訪問営業で来た業者には依頼しない

外壁補修で依頼しないほうがいい会社の筆頭に「訪問営業をする業者」があります。
優良業者であれば法人や個人から紹介などで依頼が来るため、訪問営業は基本的にしません。

訪問営業をしている会社は、評判が悪いか、技術が未熟なおそれがあるため、依頼しないほうがよいでしょう。
業者選びの際は、インターネットで検索して自分で見積り業者を探し出すことをおすすめします。 
インターネットで業者を探す場合は工事実績と、職人の写真の有無を確認しましょう。

実績が1,000件を超えている業者であれば信頼性が高いでしょう。
また、職人の画像がある下請け業者を雇うのではなく自社で工事をしている可能性が高く、中間マージンがとられないため費用が安くなりやすいです。

6.まとめ

外壁の補修時期は、前回のリフォームから10年程度で、劣化状況を確認して判断しましょう。
外壁の補修方法は、以下の4つがあります。

  1. 部分補修
  2. 塗装
  3. カバー工法
  4. 張り替え

部分補修や塗装であればDIYが可能ですが、確実性を求める場合は業者に依頼しましょう。
サイディングの塗装を業者に依頼する場合の費用を知りたいのならもし「サイディング塗装の費用はいくら?実際の見積もり」でシミュレーションしてみたらをチェックしてみましょう。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。