外壁の修理(補修)方法・費用・工期まとめ-DIYは可能?優良業者の探し方も-

ひび割れ、剥がれ、反り、穴あき、へこみなど、外壁に損傷を発見。
「修理にいくらかかるんだろう?」「どのような修理・補修が必要なんだろう?」「自分で補修はできるのだろうか?」などの疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事では、外壁の劣化症状ごとに、補修方法・費用・工期について表にまとめて解説していきます。

また、修理費用を抑える方法や、適切な修理を実施してくれる優良業者を探すコツもまとめています。

この記事を読めば、自分のお家の劣化症状を把握し、適切な修理方法を選び、優良業者に依頼することができますのでぜひご参考にしてみてください。


1.【症状別】外壁の修理方法・費用・工期

外壁の劣化症状ごとに、修理方法、費用、工期を分かりやすく表にまとめています。
自分のお家がどのような状態で、まず何をすれば良いのか、業者に依頼した場合いくら費用がかかるかの参考にしてみてください。

<外壁の劣化症状>
・ひび割れ
・目地(コーキング)の劣化
・剥がれ
・反り・浮き
・穴あき・へこみ・欠け
・雨漏り

外壁の種類によって修理方法が違う場合があるので事前に確認しておきましょう

サイディング

サイディングとは、セメントや繊維質のものを板状に成形した建材で、新築外壁の7割以上に使われています。工場塗装されているものが使われていますが、その塗膜は5~7年経つと徐々に劣化してきますので、再塗装を行わないと、様々な劣化症状が現れてきます。

モルタル

モルタルとは、水・セメント・砂を混ぜ合わせたもので、これを外壁材として用いています。モルタル自体には防水性は無いため、新築時に塗装されます。サイディングと同様に、塗膜は5~7年程度で徐々に劣化してくるため、再塗装を行わない場合、ひび割れといった各種劣化症状が出てきます。

1-1.外壁のひび割れ

外壁ひび割れ

外壁のひび割れの修理方法・費用・工期
劣化度 修理方法 費用 工期 備考
幅0.3mm以上の割れが
多数見られる
外壁張り替え or 上張り 20万円
~200万円 ※1
1日~4日 工事面積に応じて
費用が増減
幅0.3mm以上の割れが
発生し始めた
コーキング補修 1~5万円 半日 モルタル壁の場合、
工事費用が高くなる傾向
※2
0.3mm未満の割れ コーキング補修 0.5~2万円 半日

※1 30坪の住宅外壁全体の場合。補修範囲によって費用が変わります。
※2 モルタル壁の場合には、コーキングと外壁の密着良くするために、V字カットと言って、ひび割れ箇所をあえて大きくV字に削ります。そのため修理費用が、サイディング等に比べ高くなる傾向にあります。

幅0.3mm以上の割れは雨漏りのリスクもあるため、早急な修理が必要です。劣化が激しい外壁材は、コーキング補修をしてもすぐに新たなひび割れが発生してしまいます。内部の損傷も点検するためにも張り替え等を検討された方が良いでしょう。

0.3mm未満の細かい割れの場合には、コーキング補修を行い、築年数に応じて再塗装を行いましょう。

コーキングとは

コーキングは、コーキングという隙間を埋める充填材で、気密性・防水性に優れたものです。外壁材の間の目地にも使われているもので、ひび割れ補修にも使用されます。

ひび割れのコーキング補修の仕上がりは、補修跡が多少目立つようになるため、外観を元通りに綺麗にするためには張り替えや上張りが必要です。

▼関連記事