外壁リフォームの業者選びで費用を節約する方法を徹底解説!

「外壁リフォームで業者に騙された!」と失敗してしまう人は多いです。
外壁リフォームの業者選びの方法を徹底することで、上記のような失敗はほとんどが防げます。

この記事では、外壁リフォームの業者選びのポイントを紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 外壁リフォームの業者選びでチェックしたいポイント
  • 安すぎる外壁リフォーム業者を選ぶと起こる問題点
  • 外壁リフォームで悪徳な商売をしている業者の特徴
  • 外壁リフォーム業者を選ぶオススメの手順

業者選びの方法を学べば、安心して工事を依頼できるようになるでしょう。


1.外壁リフォームの業者選びでチェックしたいポイント

外壁リフォームの業者選びで覚えておきたいポイントは5つあります。

  1. 相見積もりで適正価格や具体性をチェック
  2. 保証内容が充実しているかチェック
  3. 自社施工をしているかチェック
  4. 火災保険や補助金に詳しい業者かチェック
  5. 質問にわかりやすく親切に答えてくれるかチェック

すべてのチェックポイントを確認すれば、ほとんどの悪徳業者を防げるようになるでしょう。

1-1.相見積もりで適正価格や具体性をチェック

外壁リフォーム業者を選ぶ際には相見積もりが有効です。
相見積もりは、2社以上の業者に同時に見積もりを依頼する手法です。

見積もりで注意する点は「適正価格」と「具体性」です。

「適正価格」は、他社と比較して工事費が安すぎる、あるいは高すぎることがないかを比較しましょう。

「具体性」は、工事で使う材料の商品名やメーカー名が記載されているか、工程ごとの単価が詳細に書かれているかなどをチェックしましょう。

【プロ解説】優良業者がわかる!外壁塗装見積書の見方〜専門用語まで
【プロ解説】優良業者がわかる!外壁塗装見積書の見方〜専門用語まで
【プロ解説】優良業者がわかる!外壁塗装見積書の見方〜専門用語まで
記事を読む

1-2.保証内容が充実しているかチェック

外壁リフォーム工事では、施工後の保証内容にも注目します。

一般的な業者であれば施工後に3年や5年といった施工保証がついています。
アフターケアがまったくない業者や、20年を超えるような施工保証をしているケースでは依頼を避けたほうがよいでしょう。

「20年の施工保証は優良業者では」と考えるかもしれません。
しかし、施工保証は一般的に10〜15年が最長です。
なぜなら、10〜15年をこえると経年劣化が進んで業者の保証費用が高額となるからです。

20年を超える保証は稀なため、内容を吟味しましょう。

1-3.自社施工をしているかチェック

外壁リフォームでは、自社施工の会社と、営業だけをする会社の2種類があります。

自社施工の会社は依頼の受注から工事まですべて自社でおこなうため、余計な費用がかかりません。一方で営業だけの会社は工事を下請けに任せて仲介料をとるため、1〜3割ほど費用が高くなるでしょう。

工事の品質に違いはないため、費用が安い自社施工の会社を選びましょう。

自社施工の会社はホームページに職人の画像を掲載しているケースが多いです。
ホームページを確認してみて自社施工かどうかをチェックしておきましょう。

1-4.火災保険や補助金に詳しい業者かチェック

省エネ工事や災害による修理などは、火災保険や補助金を利用できる可能性があります。しかし、火災保険や補助金は複雑な申請手順があるため、素人がおこなうと支給されない危険があります。

確実に支給してもらうためには火災保険や補助金の適用実績がある業者を探しましょう。
確認方法としては、見積もりの際に実績を聞いてみるとよいでしょう。

1-5.質問にわかりやすく親切に答えてくれるかチェック

営業担当者があなたの疑問に親切に答えてくれるかも重要です。
社員の教育が行き届いている会社なら真摯に対応してくれます。

外壁リフォームに関する疑問点を事前にまとめておいて営業担当者に確認してみましょう。
親切に対応してくれるのなら信頼性が高い業者だと考えられます。