外壁塗装における税法上の減価償却の仕組みや勘定科目を解説

外壁塗装における「減価償却」とは、リフォーム費用を経費にする際に複数年にまたがって計上する方法です。

この記事では、マンションやアパートを運営している会社や個人向けに、外壁塗装の減価償却や法定耐用年数について紹介します。
外壁塗装の減価償却を知ることで、迷わず費用に計上できるようになるでしょう。

 


1.外壁塗装における減価償却の仕組み

事業に使う建物の外壁塗装をする場合は確定申告が必要です。

外壁塗装をした場合、経費を計上する分類は「修繕費用」と「資本的支出」の2つに分かれます。

このうち、「資本的支出」に該当する場合は1度に経費計上ができないため減価償却が必要となります。
それぞれ勘定科目が異なるため注意しましょう。

1-1.確定申告における外壁塗装の勘定科目

外壁塗装を経費にする場合の勘定科目は「修繕費」と「建物(資本的支出)」の2つです。
勘定科目を決める条件を詳しく解説していきましょう。

修繕費

外壁塗装を収益的な支出と判断する場合は勘定科目が「修繕費」となります。
収益的な支出とは「一部分の修繕」や「壊れた部位を直す」場合に当てはまるでしょう。

「修繕費」で計上する例としては、以下があります。

  • 雨漏り修理
  • 災害によって破損した部位の修繕
  • 外壁のひび割れ補修

上記のように一部分の修繕にとどまる工事の場合は修繕費で処理します。

建物(資本的支出)

資本的支出と判断する場合は勘定科目が「建物」となります。
資本的支出には「外壁のデザイン変更」や「建物の資産的価値を高める工事」が当てはまります。

勘定科目を「建物」で計上する例としては「全面的な外壁塗装」や「遮熱塗料の利用」などがあります。
遮熱塗料は一見すると修繕費にも感じられますが、実際には屋根の性能を向上させるための特別な塗料です。

今まで遮熱塗料を使っていなかった場合は「建物」で計上しましょう。
他に「光触媒」や「断熱塗料」を新たに使う際も勘定科目は「建物」となります。

1-2.外壁塗装の勘定科目を「修繕費」として判断する基準

外壁塗装の費用は資本的支出かどうか判別が難しい場合もあるでしょう。
以下の条件に当てはまるものは資本的支出だとしても修繕費として計上可能と覚えておきましょう。

  • 支出額が20万円未満の場合
  • おおむね3年以内の周期で修理や改良が行われている場合

 

この他に「資本的支出か修繕費かが明らかではない場合」であれば、以下の条件のどちらかを満たせば修繕費となります。

  • 支出額が60万円未満の場合
  • 修理、改良等に係る固定資産の前年12月31日における取得価額のおおむね10%相当額以下である場合

上記の2つは、外壁を全面的に塗り替えるといった「明らかに資本的支出である」場合は適用できないと考えてください。あくまで、修繕費と資本的支出の判断がつかない場合に適用できる条件です。

また、塗装費用の全額を修繕費としなければいけないわけでもありません。
費用の一部分だけが資本的支出である場合は、外壁塗装工事でも修繕費と資本的支出に分けなくてはいけないでしょう。

例としては、外壁の一部補修と屋根の遮熱塗装を同時におこなった場合です。こういった場合は一部補修が修繕費、屋根の遮熱塗装が資本的支出だと考えられます。