外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件

この記事では、助成金や補助金を受けられる外壁(屋根)塗装・リフォームの種類や、お住まいの自治体が助成金事業を提供しているかどうかを調べる方法を紹介します。

助成金・補助金を受け取る一般的な手順や申請時の注意点なども解説しますので、参考にしてみてくださいね。

外壁(屋根)塗装・リフォームは、地方自治体が提供している助成金・補助金事業を利用すると、お得に工事をおこなえます。
ただしすべての自治体が、外壁の塗装やリフォームに対する助成金制度を設けているわけではありません。また制度がある場合でも、適用を受けるにはさまざまな条件をクリアする必要があります。
回答

目次


1.助成金(補助金)が出る外壁(屋根)塗装・リフォームとは

外壁塗装や外壁リフォームに対する自治体の助成金・補助金は、主に以下の3種類に分けられます。

1.「遮熱塗料」を使用した外壁(屋根)塗装

室内温度の上昇を防いで省エネ性能を向上させるために、太陽光を反射させることで熱の吸収を抑制する塗料(遮熱塗料)を外壁や屋根に塗装する工事です。

2.外壁(屋根)の「断熱リフォーム」

住宅の断熱性能を向上させるために、壁や床、天井などへの断熱材の新規埋設や追加、断熱性の高い窓への更新、内窓の取り付けなどをおこなう工事です。

外壁の断熱改修であれば、国の補助金制度が使える場合もあります。
詳しくは「6-4.国の補助金制度もチェックしておく」をご覧ください。

3.一般的な外壁(屋根)塗装・リフォーム

省エネや断熱性能の向上ではなく、住宅の長寿命化などを目的におこなわれる一般的な工事です。

外壁塗装や外壁リフォームで使える助成金は、主に1や2のような「省エネ・断熱」目的の工事を対象とするのが一般的です。「省エネリフォーム助成金」や「断熱改修助成金」などの名称で、助成金を出している自治体が多いです。

また3のように、省エネや断熱を目的としない外壁塗装や外壁リフォームを、「住宅改修助成金」など一般的な住宅リフォームの助成金に含めている自治体もあります。

回答