雨漏りで火災保険が使えるケースや申請手順を解説|詐欺業者に注意!

雨漏りが発生した場合、自然災害などが原因であれば、火災保険を利用して修繕費用を補填することができます。

仮に雨漏り修繕のためには屋根の全面的な張り替えが必要で、その費用が200万円以上になってしまっても、火災保険が適用される場合もあります。

この記事では、以下の点についてまとめています。

  • 火災保険が適用されるケース
  • 申請手順
  • 注意点

ぜひ参考にして、冷静に対処してください。雨漏りは不安なものですが、火災保険を上手に利用して、費用負担を軽減し、早く快適な生活を取り戻しましょう。


1.火災保険が適用されると200万円保険金が下りることも

火災保険が適用されると、雨漏り修繕の費用に応じて、200万円以上を受け取ることができる場合もあります。住宅の雨漏りや破損などで火災保険が使えることを知らない方もいらっしゃいますが、保険に加入されている方は必ず申請しましょう。

たとえば、雨漏り修繕工事の場合、

屋根葺き替え工事200万円(足場代を含む)
雨樋交換工事60万円(足場代を含む)
天井クロス張り替え工事10万円

などが、火災保険で全額補償されることもあります。

火災保険で経済的負担を軽減することで、工事を早急に行うことができます。快適な住まいを維持するために、雨漏りに気づいた際は、費用がかかるからと後回しにせず、迅速に対応しましょう。