• おすすめ記事
  • プロが教える!最良のリフォーム会社と契約できる3ステップ

外壁塗装で裁判は起こせる?裁判になりうる例や回避策を紹介

「外壁塗装の業者が対応してくれないので訴えたい」
「業者相手に裁判を起こしたら勝てるの?」
こういった疑問を持っている人もいるかもしれません。

この記事では、外壁塗装で裁判を起こして勝てそうな例、負けそうな例を紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 外壁塗装の問題で裁判を起こして勝てそうな例
  • 外壁塗装の問題で裁判を起こして負けそうな例
  • 裁判であなたが訴えられかねない外壁塗装のトラブル
  • 裁判になる外壁塗装のトラブルを防ぐための回避策

裁判を起こしても、負けてしまっては無駄な時間と費用を使うだけです。記事を読んで、裁判をするメリットがあるのかを十分に検討しましょう。

>>実際の見積もりから算出した外壁塗装・外壁リフォームの費用相場をチェック!

1.外壁塗装で裁判を起こして勝てる可能性がある例

外壁塗装で裁判を起こしても、絶対勝てるとは言えません。似たような事例で勝ったケースがあったとしても、少し状況が変われば負けることもあるからです。

以下で紹介する例なら裁判で勝てる可能性がありますが、あくまで参考程度にとどめておきましょう。

1-1.工事で塗料が隣家や車に飛んだのに業者が賠償してくれない

業者が外壁塗装をした際に、隣家や車に塗料が飛ぶことがあります。大抵の業者は弁償費用を支払ってくれますが、自社に責任はないと言って支払いを断るケースがあります。

この場合、2つの状況が考えられます。

  1. 業者が車や隣家への養生を十分に行っていなかったために塗料が付いた
  2. 今回の塗装ではなく昔の工事で付いた塗料だった

業者の不手際によって塗料が付着したのであれば、裁判になったとしても勝てる可能性があるでしょう。

しかし、今回の塗装工事で付いた汚れではなかった場合、裁判をしてもあなたに勝ち目はありません。

今回の塗装で付着したかどうかは、飛散した塗料の色や、汚れが付いている位置などから推測する場合がほとんどです。

裁判になった場合、塗装の成分を解析する装置を使えば今回の塗装で付いたものかどうかは判別できるでしょう。

可能なら、裁判を起こす前に塗料の専門業者に依頼して塗装の成分を解析しておくことをおすすめします。費用は5〜10万円程度かかるでしょう。 

勝訴して得られる金額が5万円や10万円程度だと、裁判を起こしても気持ちがスッキリする以外のメリットは無いと考えられます。

なお、隣家や車に塗料が付着した場合は写真で撮影しておきましょう。汚れが気になるからと補修を行わないようにしてください。

証拠がなくなってしまうと、お金目的のクレーマーだと認識されて優良な業者であっても支払いをしないおそれがあります。

1-2.工期が予定よりも延びて金銭的負担が増えた

契約していた工期よりも遥かに日数がかかってしまい、金銭的に明確な損害を被った場合 は裁判で勝てる可能性があります。

例としては、下地処理のために外壁の塗装を剥がしたまま1年以上放置され、雨や雪によって外壁材の耐久性が著しく低下した場合が考えられます。

ただし、契約書に「工期の延長がありうる」と記載されていたり 、金銭的損害を立証できなかったりする場合は裁判で負ける可能性が高まります。

契約書に延長について記載されていなかった場合は、判断が難しいため弁護士に相談しましょう。

 

2.外壁塗装の裁判で訴えても負ける可能性がある例

外壁塗装の工事トラブルで、裁判で訴えても負けそうな例を紹介します。絶対に負けるとはかぎりませんので、以下は参考程度にとどめておいてください。

2-1.隣家の足場から泥棒が侵入した

隣家で塗装工事をしていて、隣の家の足場からあなたの家に泥棒が侵入したケースだと、裁判を起こしても負ける可能性があります。

特に、足場が隣家の敷地内で完結していて、隣家や業者に故意や過失がなければ負ける可能性が高いと考えられるでしょう。

隣家に足場が設置されているときは2階の窓も必ず閉めるなど、普段以上に防犯対策をしておきましょう。

2-2.口頭で「サービスする」と言っていた工事が請求書では有料になっていた

業者が口頭で「サービスをするからこの部分は無料です」と言っていたのに、請求書では有料になっていたというケースがあります。

この場合、契約書がなければ裁判で負ける可能性があります。特に、その工事が一般的には無料ではない場合、商慣習に則って有料が適切だと裁判で判断されかねません。

工事内容は絶対に口約束にはせず、契約書に明記するようにしましょう。

 

3.外壁塗装の裁判であなたが訴えられかねない例

外壁塗装をしているとあなたが訴えられかねない例があります。

それはDIYで塗装をして隣家に塗料を付けてしまったのに賠償をしなかった場合です。あなた自身が塗装工事をしているため、隣家に塗料を付けてしまったら賠償責任が発生します。

上記の例で裁判を起こされた場合、あなたが負ける可能性があります。

最初から業者に工事を依頼していれば、あなたに賠償責任が発生することは基本的にありません。工事に関する問題は業者が対応してくれるでしょう。 

そのため、余計なトラブルを招きたくないのであれば業者に最初から依頼することをおすすめしています。

 

4.外壁塗装で裁判を回避する対策

外壁塗装で裁判を起こされるのが嫌だという人は多いでしょう。裁判を回避するために外壁塗装で行うべき対策が2つあります。

  1. 契約内容は細部まで契約書に明記する
  2. 悪徳業者に依頼しない

 上記を守らないと、外壁塗装で裁判を起こそうか悩むことになるでしょう。

4-1.契約内容は細部まで契約書に明記する

外壁塗装では、細かい工事まで契約書に明記しておきましょう。工期が延長した場合の支払いはどうなるか、塗料が飛散した場合の賠償責任は誰になるのかなどを契約書で必ず確認してください。

工事する部位も詳しくチェックすることで、言った言わないという無用なトラブルを避けられます。

4-2.悪徳業者に依頼しない

外壁塗装は悪徳業者が多い業界です。このため、トラブルを防ぐためには悪徳業者かどうかを見抜く必要があります。悪徳業者を見抜く対策には以下の3つがあります。

相見積もりで業者を選定する

相見積もりとは、2社以上に同じ条件で見積もりを依頼することです。2社で判断できない場合は3社、4社と増やしていくとよいでしょう。相見積もりをすることで各社の価格や工事内容を比較できます。

見積もりを比較する場合は、以下の2つに注意しましょう。

  1. 他社との価格差がありすぎないか 
  2. 塗装面積は具体的に記載されているか

他社より安すぎると手抜き工事の可能性が、高すぎると詐欺の可能性があります。また、塗装面積を「一式」と記載するような業者は危険です。 塗装面積は業者にとって売上を決める重要な項目です。優良な会社は塗装面積を平方メートル単位で細かく出してくれます。

一式で表記する業者は、実際の面積より数量を大きく見積もって自社が損をしないようにしているケースが多いでしょう。

依頼するあなたからしてみれば損をしやすい業者と言えます。

訪問営業をしてくる業者は避ける

自宅に唐突に訪問してくる営業マンは危険です。訪問営業をしている業者は多くがトラブルを招きます。

なぜなら、優良業者が訪問営業をすることはないからです。優良業者なら広告で宣伝したり紹介で仕事を獲得したりしています。もし仕事が不足したとしても、単価が安い個人住宅よりも法人を相手に営業するでしょう。

個人住宅を無差別に訪問するような業者は、悪評が立っていて仕事が獲得できない可能性が高いのです。

悪徳業者は「外壁がボロボロのため、塗装をしないと雨漏りの危険があります」などと言って訪問してくるため、その場で依頼せずに他の業者にも現場調査をしてもらいましょう。

複数の業者に調べてもらうことで家の本当の劣化状態が判明します。

工事後のアフターケアが万全か確認する

塗装工事の後にどのようなフォローをしてくれるかもチェックしましょう。「3年で塗装がはがれた場合に無償で補修してくれるのか」は重要です。

3年以内に塗装が剥がれる場合、ほとんどは業者の施工不良が原因です。にもかかわらず、3年程度の保証をしないというのは悪徳業者の可能性が高いです。

 

5.まとめ

外壁塗装で裁判を起こす例は少ないです。しかし、トラブルが起こっているのに業者が対応してくれなかったり、隣家の足場から泥棒が侵入したりすれば訴えようと考えることもあるでしょう。

ただ、外壁塗装で起こるトラブルを事前に把握しておけば、起こりそうな問題を防ぐことが可能です。

よく起こる住民とのトラブル例や対策を知りたい場合は外壁塗装で起こりやすい5つの近所トラブルと対処法&相談先をチェックしてみましょう。

(外壁塗装の関連記事)

外壁塗装の全ノウハウまとめ

その他外壁塗装に関連する記事

(外壁塗装の関連記事をもっと見る)

外壁塗装の費用と相場


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

リフォーム完成お祝いキャンペーン リフォームガイドからの成約で最大50,000円分のギフト券プレゼント
×

<応募期間>

2022年5月24日~2022年12月31日の期間中に、リフォームガイド経由(リフォームガイドへの登録)でお見積もりを依頼し、ご成約された方全員を対象とさせて頂きます。

<応募資格>

下記すべての条件を満たす方を対象とさせて頂きます。

  • リフォームガイドを通じてリフォーム会社に見積もり依頼をし、リフォーム成約をした方
  • 工事完了後30日以内にリフォームガイドコンシェルジュに規程の成約報告を行った方
  • リフォームガイドから届いたアンケートへ回答し、完成保証書の発行を受けた方
  • 成約報告後、リフォームガイドにて成約企業へ成約確認が出来た方

<お祝い金の金額>

ご成約した金額によって、プレゼントするギフト券の金額が変わります(ご成約金額は税抜きとなります)。

<その他>

応募方法やお祝い金金額などの詳細は[コチラ]よりご確認ください。

<お問い合わせ>

その他、ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

【リフォームガイド】
フリーダイヤル:0120-395-120
営業時間:午前10:00~午後7:00(全日)

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。