外壁塗装で裁判は起こせる?裁判になりうる例や回避策を紹介

「外壁塗装の業者が対応してくれないので訴えたい」
「業者相手に裁判を起こしたら勝てるの?」
こういった疑問を持っている人もいるかもしれません。

この記事では、外壁塗装で裁判を起こして勝てそうな例、負けそうな例を紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 外壁塗装の問題で裁判を起こして勝てそうな例
  • 外壁塗装の問題で裁判を起こして負けそうな例
  • 裁判であなたが訴えられかねない外壁塗装のトラブル
  • 裁判になる外壁塗装のトラブルを防ぐための回避策

裁判を起こしても、負けてしまっては無駄な時間と費用を使うだけです。記事を読んで、裁判をするメリットがあるのかを十分に検討しましょう。


1.外壁塗装で裁判を起こして勝てる可能性がある例

外壁塗装で裁判を起こしても、絶対勝てるとは言えません。似たような事例で勝ったケースがあったとしても、少し状況が変われば負けることもあるからです。

以下で紹介する例なら裁判で勝てる可能性がありますが、あくまで参考程度にとどめておきましょう。

1-1.工事で塗料が隣家や車に飛んだのに業者が賠償してくれない

業者が外壁塗装をした際に、隣家や車に塗料が飛ぶことがあります。大抵の業者は弁償費用を支払ってくれますが、自社に責任はないと言って支払いを断るケースがあります。

この場合、2つの状況が考えられます。

  1. 業者が車や隣家への養生を十分に行っていなかったために塗料が付いた
  2. 今回の塗装ではなく昔の工事で付いた塗料だった

業者の不手際によって塗料が付着したのであれば、裁判になったとしても勝てる可能性があるでしょう。

しかし、今回の塗装工事で付いた汚れではなかった場合、裁判をしてもあなたに勝ち目はありません。

今回の塗装で付着したかどうかは、飛散した塗料の色や、汚れが付いている位置などから推測する場合がほとんどです。

裁判になった場合、塗装の成分を解析する装置を使えば今回の塗装で付いたものかどうかは判別できるでしょう。

可能なら、裁判を起こす前に塗料の専門業者に依頼して塗装の成分を解析しておくことをおすすめします。費用は5〜10万円程度かかるでしょう。 

勝訴して得られる金額が5万円や10万円程度だと、裁判を起こしても気持ちがスッキリする以外のメリットは無いと考えられます。

なお、隣家や車に塗料が付着した場合は写真で撮影しておきましょう。汚れが気になるからと補修を行わないようにしてください。

証拠がなくなってしまうと、お金目的のクレーマーだと認識されて優良な業者であっても支払いをしないおそれがあります。

1-2.工期が予定よりも延びて金銭的負担が増えた

契約していた工期よりも遥かに日数がかかってしまい、金銭的に明確な損害を被った場合 は裁判で勝てる可能性があります。

例として