外壁塗装で起こりやすい5つの近所トラブルと対処法&相談先

外壁塗装では近所トラブルがつきものです。
近所とトラブルを起こすと何年も尾を引くことになって精神的に疲弊することもあるでしょう。

この記事では、外壁塗装で起こりやすい近所トラブルや対処法を紹介します。
外壁塗装での近所トラブルを避けられるため、不安を解消して気軽に工事を依頼できるようになるでしょう。

 


1.外壁塗装で起こりやすい5つの近所トラブルを紹介

外壁塗装で起こりやすい近所トラブルには以下の5つがあります。

  1. 塗料や汚れが近所の車・家に付いてしまった
  2. 足場組み立てや解体時の騒音がうるさい
  3. DIYで外壁塗装をしていたらクレームがきた
  4. 業者の車が道路をふさいでいる
  5. 塗料の悪臭でクレームがきた

事前に把握しておけば心の準備ができるため、実際に起こった際に落ち着いて対処ができるようになります。

1-1.塗料や汚れが近所の車・家に付いてしまった

外壁塗装の作業で飛散した塗料が隣家の車や家についてしまうケースは多いです。
塗料は液体なので、風が吹けば10メートル離れた場所でも簡単に飛んでいきます。

一見すると完璧に見える養生をしていても、塗料の飛散を完全に防止することはできません。

近所の車や家に塗料が付いてしまうと数万円〜数十万円の弁償費用を請求されます。
しかし、弁償は業者がおこなってくれるため、あなたに請求が来る心配はありません。

1-2.足場組み立てや解体時の騒音がうるさい

外壁塗装では足場の組み立てや解体、高圧洗浄の際には騒音が発生します。
隣の家どころか2軒先でも響くため、騒音は近所トラブルになりやすい要素です。

騒音に我慢できなくなった近隣住民があなたの家に乗り込んでくることもあるでしょう。
防音シートで周辺を覆う方法もありますが、費用が高額となってしまうため一般的な住宅の外壁塗装で利用することは滅多にありません。

現在の技術では騒音をなくすことはできないため、外壁塗装では避けられない問題だと考えましょう。

1-3.DIYで外壁塗装をしていたらクレームがきた