家庭用蓄電池の価格を解説|異なる相場の理由や選び方のコツ

家庭用蓄電池価格

家庭用蓄電池はさまざまな種類があり、価格にもばらつきがあります。選ぶ基準や適正価格がわからず、導入しようかお悩みの方は多いかもしれません。この記事では、家庭用蓄電池の価格相場や価格にばらつきがある理由、選ぶときのチェックポイントなどを解説しています。蓄電池選びで後悔しないために、ぜひ役立ててください。


1. 家庭用蓄電池の価格相場

家庭用蓄電池の1kWhあたりの価格は15万~20万円ほどです。蓄電容量はおおむね4.0~16.6kWhで、容量が大きくなるほど割安になります。設置工事費の目安は20万〜35万円ほどで、総額100万~250万円程度が目安となるでしょう。

ただし、蓄電池本体の仕様や寿命、販売店などによって価格は変動します。複数の候補の中から価格を比較する場合は「販売価格÷蓄電容量」で試算してみてください。


2. 価格が販売店によって異なる理由

同じ蓄電池の製品を扱っていても、販売店によって価格が異なる場合があります。なぜ価格差が出てしまうのか、理由は以下のとおりです。

2-1 仕様の違い

価格が異なる主な理由の一つとして、取り扱っている蓄電池の仕様の違いが挙げられます。
家庭用蓄電池は「特定負荷」と「全負荷」の2種類、さらに「単機能」と「ハイブリッド」の2タイプに分かれます。それぞれの特徴は以下のとおりです。

<電力使用時の負荷タイプの違い>
特定負荷 全負荷
特定の回路に電力供給 家中のほぼすべての回路に電力供給
<充電時の方式の違い(電力変換装置タイプ)>
単機能 ハイブリッド
蓄電池専用の
パワーコンディショナーを使用する。
太陽光発電設備と蓄電池それぞれに
1台ずつパワーコンディショナーが必要となる
太陽光用と蓄電池用が一体の
パワーコンディショナーを使用する。
太陽光発電と蓄電池を組み合わせた一体型。
電力ロスが少ない

特定負荷