家庭用蓄電池の価格を解説|異なる相場の理由や選び方のコツ

家庭用蓄電池価格

家庭用蓄電池はさまざまな種類があり、価格にもばらつきがあります。選ぶ基準や適正価格がわからず、導入しようかお悩みの方は多いかもしれません。この記事では、家庭用蓄電池の価格相場や価格にばらつきがある理由、選ぶときのチェックポイントなどを解説しています。蓄電池選びで後悔しないために、ぜひ役立ててください。


1. 家庭用蓄電池の価格相場

家庭用蓄電池の1kWhあたりの価格は15万~20万円ほどです。蓄電容量はおおむね4.0~16.6kWhで、容量が大きくなるほど割安になります。設置工事費の目安は20万〜35万円ほどで、総額100万~250万円程度が目安となるでしょう。

ただし、蓄電池本体の仕様や寿命、販売店などによって価格は変動します。複数の候補の中から価格を比較する場合は「販売価格÷蓄電容量」で試算してみてください。


2. 価格が販売店によって異なる理由

同じ蓄電池の製品を扱っていても、販売店によって価格が異なる場合があります。なぜ価格差が出てしまうのか、理由は以下のとおりです。

2-1 仕様の違い

価格が異なる主な理由の一つとして、取り扱っている蓄電池の仕様の違いが挙げられます。
家庭用蓄電池は「特定負荷」と「全負荷」の2種類、さらに「単機能」と「ハイブリッド」の2タイプに分かれます。それぞれの特徴は以下のとおりです。

<電力使用時の負荷タイプの違い>
特定負荷全負荷
特定の回路に電力供給家中のほぼすべての回路に電力供給
<充電時の方式の違い(電力変換装置タイプ)>
単機能ハイブリッド
蓄電池専用の
パワーコンディショナーを使用する。
太陽光発電設備と蓄電池それぞれに
1台ずつパワーコンディショナーが必要となる
太陽光用と蓄電池用が一体の
パワーコンディショナーを使用する。
太陽光発電と蓄電池を組み合わせた一体型。
電力ロスが少ない

特定負荷+単機能の蓄電池は価格面ではお得ですが、特定の回路のみの電力供給となります。夜間や停電時にも通常と変わりなく電気を使用したい場合は、割高にはなりますが、全負荷+ハイブリッドを選ぶと良いでしょう。
ただし、すでに太陽光発電のパワーコンディショナーが導入されているところに、最低限の費用で蓄電池を追加するなら、単機能を選んだ方がいいかもしれません。どのタイプがベストかは、施工会社としっかり検討しましょう。

2-2 仕入れ価格の違い

仕入れ価格が高ければ販売価格は高くなり、逆に仕入れ値を抑えることで販売価格も安くすることが可能です。
蓄電池の販売実績が豊富な販売店は大量仕入れによって単価が下げられるため、販売価格も安くなる傾向にあります。販売実績を確認するには、販売店のホームページの施工実績や口コミなどを見ると良いでしょう。

2-3 工事品質の違い

購入する方にとってわかりづらいのが工事品質です。前述のとおり、工事に使用する部材や職人レベルなどによっても変わりますが、標準的な設置工事費の目安は20万〜35万円ほどです。工事費が安すぎる場合は、工事保険に加入していなかったり人件費を削ったりして価格を下げている可能性があり、工事品質に影響する恐れがあります。
費用を抑えることは大切ですが、相場との乖離が著しい場合には注意が必要です。

2-4 保証・サポート内容の違い

家庭用蓄電池を導入した後の保証やサポートが充実しているかどうかも価格に影響するポイントです。保証・サポート内容が充実しているほど高額になりやすいですが、蓄電池は屋外に設置するため、天候などの影響により不具合が起きることもめずらしくありません。
設置するにあたって、メーカー保証や工事保証、自然災害補償、アフターメンテナンスなどがどのようになっているのか、事前にしっかり確認しておきましょう。

2-5 利益率の違い

販売店によってどの程度の利益率を設定するかは異なりますが、蓄電池の本体価格に上乗せされた利益率も販売価格に影響します。一般的に小売業の利益率は25~30%前後とされており、企業規模やエリアなどによって設定する利益率が変わるのが特徴です。
販売方法は訪問販売やハウスメーカー・工務店からの紹介、家電量販店、ネット販売とさまざまですが、特に訪問販売の利益率は高く、購入費用が高額になりやすい傾向にあります。販売方法による利益率の違いにも注意しましょう。

以上のように、家庭用蓄電池の価格の違いには様々な要因があります。費用を抑えることだけを意識すると、必要な機能やアフターサポートが得られない状態になりかねません。「予算内で求める状態が実現できるか」を打ち合わせで確認しましょう。
回答