家庭用蓄電池は必要?導入の際の注意点・費用相場・補助金

家庭用蓄電池

電気代の値上がりや災害への不安から、家庭用蓄電池を検討している方は多いのではないでしょうか。

またFIT制度の終了に伴い、太陽光発電の活用方法に悩んでいる方もいるかと思います。

今回は家庭用蓄電池をテーマに、家庭用蓄電池のメリットやデメリット、費用相場などを紹介します。
同時に補助金制度も解説するので、家庭用蓄電池の購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。


1.家庭用蓄電池は必要?メリットは災害時の備えと電気代節約

家庭用蓄電池の大きなメリットは、「災害時への備え」と「電気代の節約」の2つです。

家庭用蓄電池はこれまで災害時の備蓄目的で販売されていることが多かったのですが、昨今の電気代高騰を受けて、電気代の節約を目的に導入する人も増えています。

蓄電池は利用方法によっては電気代の節約につながることもありますので、それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

①災害時・停電時も電気が使える

家庭用蓄電池に貯めた電気は、停電になった際でも利用可能です。地震や台風といった災害で停電が起こってもいつもどおり家電を使えるので、災害時の心強い味方になるでしょう。

蓄電池をフル充電した状態でどれくらい長く電気を使えるかは、蓄電池の容量や機種によって異なります。例えば容量5.6kWhの蓄電池であれば、冷蔵庫やLED照明、テレビが約16~72時間以上使えるといわれています。

② 電気代を節約できる

家庭用蓄電池による電気代の節約方法は、「深夜の電力を活用する」「太陽光発電を利用する」の2種類があります。

電気代は昼間よりも深夜帯の方が安いため、電気代が安い夜の間に家庭用蓄電池に電気を蓄え、日中に充電した電気を活用すれば、電気代を抑えられます。

また、太陽光発電を導入しているなら、昼間に発電した電気を蓄電池に蓄えて効率よく使い、電気代を節約することが可能です。

太陽光発電を導入した当時は、固定価格買取制度(FIT)で安定して売電ができていましたが、10年間の固定価格買取期間が終了し、買取価格が安くなってしまうケースが増えています。発電分を自宅で消費すれば、太陽光発電装置を上手に活用できるでしょう。