介護リフォームで使える補助金は2種類!どんな工事が対象?申請方法は?

「介護のために不便な箇所を直したい」
「介護リフォームの予算が足りない」
というお悩みはありませんか?

介護のために住宅を直したい、けど予算的に厳しい・・・という問題を解決するために利用できるのが補助金制度です。

介護リフォームで利用できる補助金制度は、

  • 介護保険の住宅改修費支給
  • 市区町村の助成金制度

の2種類があります。

そこで、この記事では、介護リフォームで使える補助金について2種類をご紹介いたします。対象となる工事内容や申請方法を知って、理想の介護リフォームを実現しましょう。

介護リフォームは、家族全員の負担が減り、より快適に過ごすことができるようになります。補助金制度は、うまく活用することで、予算に余裕のある満足のいく工事になるでしょう。


1.介護・バリアフリーのためのリフォームで使える補助金は2つ

介護やバリアフリーのために住宅をリフォームしたいけど、費用の負担がネックになっているという方は多いのではないでしょうか。

実は、これらのリフォームには保険や補助制度を利用することで補助金がおりることがあります。これらの制度をうまく利用できるよう、2つの制度をご紹介いたします。

1-1.介護保険の住宅改修費支給

介護保険制度の中に、「居宅介護(介護予防)住宅改修費」という項目があり、介護・バリアフリーのための住宅改修において工事費用が一部支給されます。

以下では、

  • どんな改修工事が補助の対象になるのか
  • いくら支給されるのか
  • 支給される条件な何か

を見ていきます。 

<補助対象になる工事>

①手すりの取り付け

廊下やトイレ、浴室、玄関、アプローチなどの転倒防止や歩行補助のための手すりの設置です。使いやすい位置や高さは、使用者と施工業者からの提案で最適な位置を決めましょう。

手すりのとりつけ

②段差の解消

各部屋の段差や、外回りのアプローチの段差をなくす工事です。スロープの設置なども補助制度の対象となります。ただし、昇降機やリフト、浴室の床を底上げする浴室内すのこは、福祉用具購入の支給対象で、介護保険の支給対象ではありません。

段差の解消

③滑りの防止および移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更

各部屋の床材を、滑りにくいものにすることで転倒を防止することができます。過剰な滑り防止は、つまずく原因にもなりますので注意が必要です。

滑り防止および移動の円滑化のための床材変更

④引き戸等への扉の取り替え

右開きから左開きに変更する場合も対象となります。既存の引き戸が重く、開閉が困難な場合の回収も支給対象となりますが、古くなったという理由での交換は対象外です。

扉の取り替え

⑤洋式便器等への便器の取り替え

和式トイレから洋式トイレへの交換、暖房便座や洗浄機能がついた洋式トイレへの交換が対象となります。かさ上げや便座を高くするために洋式トイレを交換することも対象となります。