【介護用お風呂のリフォーム】補助金・保険を活用して高齢者も安心な浴室へ

お風呂リフォーム介護

浴室は高齢者にとっては思わぬ危険が潜んでいる場所であり、高齢者の浴室での事故が増えています。また、入浴は介護者の負担も大きく、介護用にお風呂のリフォームを検討されている方も多いかと思います。

そこで今回は、介護用浴室リフォームの必要性や内容、補助金制度などについて解説します。高齢者も安心して快適なバスタイムが過ごせるよう、ぜひ参考にしてください。


1.介護用にお風呂・浴室のリフォームをすべき理由

お風呂を介護用にリフォームすることは介護を受ける人のためだけではなく、介護をする人にもメリットがあります。
どのようなメリットがあるのか、それぞれ解説します。

1-1.介護する人の負担を軽減するため

入浴介助は介護する人にとって身体的負担が大きく、時間もかかります。介護度が低く自分である程度動ける方であれば、お風呂を介護用にリフォームすることにより、ひとりでの入浴が可能になるかもしれません。
つきっきりでお世話をすることがなくなれば、介護者の負担はぐっと軽減されるでしょう。時々様子を見に行ったり声掛けをしたりしながら、空いた時間を家事や自分のために使えます。また、被介護者にとっても、自分でできる範囲で動くことが運動機能の維持に役立ちます。

1-2.介護される人のケガ防止のため

厚生労働省の「人口動態調査」によると、2022(令和4)年に発生した浴槽内での溺死及び溺水は6,656件で、94%にあたる6,286件は65歳以上の高齢者でした。交通事故の総数3,541件に比べ、浴室での事故ははるかに多い件数です。

どれほど健康に気を配っていても身体機能は加齢とともに少しずつ衰え、ちょっとした段差でつまづいたり、バランスを崩して転倒したりすることが多くなります。滑りやすい浴室で立ったり座ったり、足をあげて浴槽をまたぐことは、高齢者にとってリスクを伴う行為といえるでしょう。安全かつ快適にお風呂を楽しめるよう、早めに介護リフォームをしておくと安心です。