格安でリフォームするなら業者選び・見積の取り方が大事!【事例付き】

「費用は限られているけれど、何とかリフォームしたい」

「低予算でできるリフォームってどんなもの?」

こんなお悩みはありませんか?

実は、以下の3点に工夫を加えることで、格安リフォームを叶えることができます。

  • 施工業者の選び方
  • 見積書の取り方
  • 優遇制度の使い方

この記事では、費用を極力抑えながら希望のリフォームを実現するためのテクニックについてまとめています。

良質かつリーズナブルなリフォームのためのノウハウをプロの視点から整理するほか、施工事例等様々ご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼リフォーム費用を抑える方法はこちらの記事でも解説しています。あわせてご覧ください。

【プロが解説】リフォーム費用を抑える5つのアドバイス!注意点も
【プロが解説】リフォーム費用を抑える5つのアドバイス!注意点も
【プロが解説】リフォーム費用を抑える5つのアドバイス!注意点も
記事を読む

1.格安でも納得のリフォームを叶えてくれる業者を選ぶ<3つのポイント>

この章では、格安リフォームを実現させるための施工業者のタイプについて解説します。

リフォームを依頼する際に最も重要なポイントの1つといえるのは、「誰が施工するか」というところです。

適切な施工業者を選ぶことによって、質の保たれたリフォームが可能になります。

では、格安でリフォームを行ってくれるのはどんな会社なのでしょうか。専門的な目線も含めて紹介していきます。

1-1.大量仕入れを行っている会社

一般的なリフォーム会社とは異なり、大量仕入れを行っている会社では、それまでのリフォーム実績や社内の予算をもとに建材店へ仕入れ値を交渉します。建材店から承認をもらえると交渉価格で商品の大量仕入れが可能となるため、リフォームを行う際も費用を抑えることが可能になります。

大量仕入れを行っている会社の特徴としては、

  • 特定のリフォームに特化している
  • 新築の施工をメインで承っている

などがあげられます。ぜひ参考にしてみてください。

1-2.セットやパックプランのある会社

リフォーム会社の中には、複数の設備が1つのセット価格で交換できるプランを用意している会社もあります。特に水回りの施工は配管の工事と一緒に行われるため、まとまっている場合が多いです。

パックになったリフォームは、個別のリフォームと比べて安価になります。理由としては、複数の箇所を一括リフォームすることで人件費や現場管理費の支払いを一度にできる、ということが言えます。

パックになっている設備はリフォーム会社が仕入れているものになるので、自分が求めている設備であるかどうか事前にパンフレットやショールームを確認し、購入を検討しましょう。

1-3.自社施工をしている会社

自社施工とは、自分の会社で直接工事を行うことを指します。大手のリフォーム会社は、リフォームに関する営業やお客様の対応を中心に行い、リフォーム工事専門の会社を別に手配して施工を進めています。

自社施工の会社の場合、リフォームの引き受けから工事まで全て同じ会社で行うため、別業者に依頼する際の仲介手数料が発生しません。そのため、リフォーム費用も安価になる場合があります。

小規模の会社でも、格安かつ丁寧な施工を行ってくれる会社はたくさんありますので、大手の業者とあわせて検討してみてください。