キッチンにおすすめな色は?後悔しない選び方と人気カラーを紹介

キッチン 色

キッチンのリフォーム時には色選びに悩んでしまいますよね。カラーバリエーションが豊富なため、「目移りしてしまって選べない」という声が少なくありません。

そこでこの記事では失敗しないキッチンの色の選び方について解説します。キッチンに人気の10色と、各色の持つ印象や効果を紹介しますので、理想のキッチンを実現するための参考にしてください。


失敗しないキッチンの色の選び方

キッチンはLDKの印象に強く影響を与えます。もちろん、好きなカラーを選ぶのもよいですが、部屋全体の調和など広い視点で見ることも大切です。まずは、キッチンの色を選ぶときに注意したい6つのポイントについて解説します。

壁や床との配色を考える

キッチンイメージ

キッチンの色は、壁や床の色とのバランスに気をつけましょう。
例えば、床に濃い目の色を選んだときに、キッチンにも濃い色合いを選ぶと全体的に重々しい雰囲気になってしまいます。強いブラウンのフローリングに木目調で柔らかい色のキッチンなど、同系色で明度の異なる色を組み合わせると、馴染みやすく失敗がありません。
また、赤など強いアクセントカラーのキッチンにしたいときは、床は白などのシンプルな色だとケンカしません。

家具や部屋全体の色と合わせる

オープンタイプのキッチンでは、リビングやダイニングとのバランスにも注意が必要です。壁や床の色はもちろん、カーテンやラグ、ソファなどとのバランスを考えましょう。

インテリアの配色の基本は「ベースカラー70%・メインカラー25%・アクセントカラー5%」です。キッチンは広いスペースをとるため、ベースカラーまたはメインカラーに含めて考えると全体的なバランスがとりやすくなるでしょう。

カラースキーム例

素材や模様にこだわる

同じ色でも素材や模様によってイメージががらりと変わります。
例えば木目調のキッチン扉は、木質系の素材を選ぶとナチュラルな仕上がりに。ツヤ感の強い素材なら木目の柄で違った雰囲気が楽しめるでしょう。また、天板の素材もステンレスやホーロー、人工大理石などの種類があり、それぞれに印象が異なります。

使い勝手やお手入れのしやすさも含め、自分が理想とするキッチンになるように組み合わせていきましょう。

カラーシミュレーションを行う

素材によって色の見え方がどう違うのか、選んだキッチン扉や天板などの組み合わせに違和感がないかなどは、カラーシミュレーションで確認できます。メーカーによってはサイト上でのカラーシミュレーションが可能です。

リフォーム会社が決まっていない場合は、カラーシミュレーションをしてくれるかどうかを業者選びの条件に加えてみるのもよいでしょう。

照明や日当たりを考慮する

色から受ける印象は光の当たり方によっても変わるため、サンプルを見るときには照明の下だけでなく自然光でも色を確認する必要があります。
電球には主に「電球色」「温白色」「昼白色」「昼光色」の4色があり、このうちキッチンに適しているのは自然の光に近い昼白色です。

一方、リビングには落ち着きのある電球色や温白色が向いています。特にオープンタイプのキッチンでは、昼はリビングの大きな窓から差し込む陽光、夜はリビングの照明で、色がどのように見えるかを意識しましょう。

[参考]風水も意識してみよう

色にこだわりがない場合は、風水をとりいれてみてはいかがでしょうか。風水では、キッチンは金運をつかさどる場所とされています。下記のように、キッチンの方角によってラッキーカラーが異なるので、参考にしてみてください。
※風水には様々な説があり、下記はその一例です。

キッチンの方角別ラッキーカラー

  • 東:
  • 西:黄色
  • 南:
  • 北:アイボリー
  • 東南:オレンジ黄緑
  • 南西:ベージュ
  • 北西:ベージュクリーム色
  • 北東: