【2023年度】キッチンリフォームで使える補助金・助成金制度

キッチンをリフォームするときには、補助金や助成金制度の利用を検討してみませんか?制度が適用されると、費用を抑えたキッチンリフォームが可能です。

この記事では、補助金・助成金が使えるキッチンリフォームの内容や、制度の種類などを紹介します。助成金・補助金を活用しての工事でもっとも重要となる、業者選びについても解説しますので、ぜひご参考にしてください。


1. 補助金が使えるキッチンリフォームの工事内容

補助金が使えるキッチンリフォームには、以下のようなものがあります。

  • ビルトイン食洗機など家事負担を減らせる設備の導入
  • 対面キッチンへのリフォーム
  • 二世帯・三世帯同居にともなうキッチンの増設
  • 老朽化したキッチンの改修

ただし補助金を利用するには、制度によってさまざまな条件があるので注意が必要です。次章からは、利用できる補助金制度とその内容をご紹介していきます。


2. キッチンリフォームで使える補助金制度

2-1. こどもエコすまい支援事業

こどもエコすまい支援事業は、省エネ性能の高い新築住宅の取得や省エネリフォームなどを対象にした国土交通省の事業です。「こども」と付されていますが、リフォームについては子育て世帯・若者夫婦世帯だけでなく、一般世帯も対象となります。

※本事業は人気が高く、2023年度はすでに予算上限に達し公募が締め切られています。2024年度は同じような制度で「子育てエコホーム支援事業」が始まります。

2-1-1. 補助対象の工事内容と補助額

こどもエコすまい支援事業では、以下のようなキッチンリフォームが補助対象となります。

リフォームの内容補助額
家事負担を減らせる設備の導入ビルトイン食洗機21,000円/戸
掃除しやすいレンジフード11,000円/戸
ビルトイン自動調理対応コンロ14,000円/戸
キッチンセットの交換を含む対面キッチンへのリフォーム89,000円/戸

2-1-2. 条件

こどもエコすまい支援事業では、上記のキッチンに関するリフォームだけでは補助対象とはしていません。キッチンリフォームで補助を受けるには、以下のいずれかのリフォームと同時におこなう必要があります。

  • 開口部の断熱改修(複層ガラスなどへの交換、内窓の設置など)
  • 外壁、屋根、天井または床の断熱改修
  • エコ住宅設備の設置(太陽熱利用システムや節水型トイレ、高効率給湯器などの導入)

これらの工事とあわせた補助額上限は、子育て世帯もしくは若者夫婦世帯に該当するか、中古住宅の購入と同時のリフォームかによって異なります。

子育て世帯※1・若者夫婦世帯※2既存(中古住宅)購入補助額上限(1戸あたり)
該当する該当する60万円
該当しない45万円
該当しない該当する(安心R住宅※3に限る)45万円
該当しない30万円

※1:申請時点において2004年4月2日以降に生まれた子がいる世帯
※2:申請時点に置いて夫婦であり、いずれかが1982年4月2日以降に生まれた世帯
※3:安心R住宅制度を利用し、安心R住宅調査報告書が発行された住宅

またこどもエコすまい支援事業は、事業登録したリフォーム業者がおこなった工事のみが対象となる点にも注意しましょう。

2-1-3. 受付期間

2023年3月31日〜予算上限に達するまで
※2023年度は9月28日に上限に達し受付を終了しています。

▼関連記事

【予算終了】「こどもエコすまい支援事業」のリフォームで最大60万円の補助がもらえる!
【予算終了】「こどもエコすまい支援事業」のリフォームで最大60万円の補助がもらえる!
【予算終了】「こどもエコすまい支援事業」のリフォームで最大60万円の補助がもらえる!
記事を読む

2-2. 長期優良住宅化リフォーム推進事業

長期優良住宅化リフォーム推進事業は、既存(中古)住宅の長寿命化・省エネ化を目指すリフォームや、子育てしやすい環境を整えるためのリフォームが対象となります。

2-2-1. 補助対象の工事内容

キッチンについては、三世代同居するためのキッチン(ミニキッチン含む)の増設リフォームが補助対象となります。

2-2-2. 補助額

三世代同居に向けキッチンを増設したときには、ほかのリフォームもあわせて150万円/戸を上限に、リフォーム工事費の3分の1が補助されます。

なおリフォーム後に長期優良住宅の認定を受けた場合は、補助上限額は250万円/戸に引き上げられます。

2-2-3. 条件

長期優良住宅化リフォーム推進事業では、三世代同居に向けたキッチンの増設リフォーム単体では補助を受けられません。補助を受けるには、キッチンのほか、浴室・トイレ・玄関のうち1つ以上を増設する必要があります。

またリフォーム工事の前には必ずインスペクション(住宅の劣