お風呂のリフォーム会社選びの際に確認すべき3つのポイント

お風呂のリフォームをする際、どこの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?満足できるリフォームが出来るかどうかは、リフォーム会社の選び方で決まるといっても過言ではありません。

ここでは浴室リフォームの会社選びの際に確認しておくべき3つのポイントについて説明していきます。参考にしながら満足できるリフォームを実現していきましょう。

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

ポイント1リフォーム会社の「タイプ」で見分ける

リフォーム会社はどこも同じように見えがちですが、実はリフォーム会社のタイプって得意領域や専門分野が決まっています。お風呂のリフォームをお願いするのに適した会社のタイプが何か説明してまいります。

まずはお風呂のリフォームの特徴を抑えておくとよいでしょう。特徴は大きく次の2点です。

  • タイル式のお風呂とユニットバスとで難易度が異なる
  • 浴槽やユニットバス自体の費用がリフォーム費用の大部分を占める

浴室のリフォーム実績が豊富で、浴槽やユニットバスを数多く仕入れている業者に依頼するのがよいでしょう。下の表はリフォーム会社をタイプ別に分類し、お風呂のリフォームをする際にお勧めか否かを説明しています。

リフォーム会社の「種類」で見分ける

表からもわかる通り、お風呂のリフォームを行う条件を満たしていることが多いのは、「工務店系リフォーム会社」「専門業者系リフォーム会社」「リフォーム専門店」となります。リフォーム会社を選ぶ際はリフォーム会社のタイプも意識して選ぶことが大切です。

 

ポイント2リフォーム会社の「特徴」で見分ける

会社特徴リフォーム希望者に「どのようなリフォーム会社をご希望ですか?」との質問をすると、大きくは次の5つの回答が返ってきます。

  • 品質のいいリフォーム会社
  • 価格の安いリフォーム会社
  • デザイン力の優れたリフォーム会社
  • アフターサービスの充実したリフォーム会社
  • 実績の豊富なリフォーム会社

どのようなリフォーム会社を希望するかは各自の考え方や価値観によって様々です。しかし依頼しようとしているリフォーム会社が上記5つのどの特徴を持ったリフォーム会社なのかを見極めることは大切です。

下の表はそれぞれの特徴別に会社の傾向をまとめたものです。例えばリフォームの品質が高い会社は社長自身が職人であったり、独自の品質に関する基準を持っている会社が多いです。あくまでも傾向なので当てはまらない場合もありますが、見極めるため一つの目安として活用してみてください。

リフォーム会社の「特徴」で見分ける

 

ポイント3リフォーム会社との「相性」で見分ける

会社相性リフォーム会社を選ぶ上で忘れてはならないのは、担当者との「相性」です。こればかりは直接会ってみないとわからない点です。

そこでお勧めしているのは相見積です。見積もりを1社からではなく、2社か3社から取ることでそれぞれのプランや費用を比較検討することが出来ます。その中で、担当者との相性も確認しながらリフォーム会社を選んでいくと良いでしょう。

 

【たった2分で】自分に合ったリフォーム会社を見つける方法

お風呂のリフォームの会社選びで注意すべき3つのポイントをご説明してきました。この3つのポイントにそって会社を選べばリフォームの成功確率も格段に上がります

一方で、リフォーム会社を1社ずつ調べていくのは手間がかかるというのも事実でしょう。そこでお勧めしたいのが「リフォームガイド」というサービスです。皆さんの代わりにご説明した3つのポイントを押さえてリフォーム会社を「無料で紹介」するサービスです。

リフォームガイド

リフォームガイド

 

リフォームガイド:無料見積の申込はこちらから(登録はたったの2分)
電話番号:0120-395-120
営業時間:9:00~21:00(月~金) 9:00~18:00(土)

 

お風呂のリフォームではお勧めできない会社の選び方

お風呂のリフォーム会社の選び方で、お勧めしない方法です。こちらで紹介する方法は避けたほうが良いでしょう。

近所の工務店に依頼する

工務店とりあえず近所の工務店にお願いするという方も多くいらっしゃいます。しかしこの選択もあまりお勧めは出来ません。1つはその工務店がリフォームになれているかどうかがわからない点。2つ目としてはお風呂のリフォーム件数が多くない場合、どうしても割高になってしまうからです。

近くにあると安心感はありますが、その工務店の内情がわからないまま依頼するのはお勧めできません。

新築時にお世話になった工務店に依頼

 %e5%9c%b0%e5%85%83%e5%b7%a5%e5%8b%99%e5%ba%97新築時にお世話になった工務店の場合、気心も知れていて頼みやすいというあるかもしれません。一方で新築を主体としている工務店の場合、浴槽やユニットバスの仕入れ値がどうしても高くなってしまい、割高なリフォームになることが一般的です。

少々割高でもお願いしたいという場合を除くと、あまりよい選択とは言えません。

近所の人にお勧めされたリフォーム会社に依頼する

工務店近所の人に紹介されたリフォーム会社に依頼をするというものよく聞く話ですが、これもおすすめしにくい理由があります。一つは、近所の方がされたリフォームがお風呂のリフォームをされたのかどうかわからないという点。二つめは、そのリフォーム会社に対する好みが必ずしも近所の方とは一緒でないという点です。

また紹介してもらったリフォーム会社に来てもらうと、断りづらいということもあります。紹介されたからと言って安易にお願いするのはお勧めできません。

大手系のリフォーム会社に依頼

大手工務店誰もが名前を知っている大手のリフォーム会社を選択される方も多いかと思います。しかしお風呂のリフォームのような場合はあまりお勧めできません。

大手のリフォーム会社の業務のメインは大型のリフォームということもあり、実際の施工は下請けや孫請けが行うことになります。リフォーム出来ないわけではありませんが、良い選択とは言えません。

 

 

お風呂のリフォームで業者とのトラブルを避けるために出来る事

トラブル国民生活センターや消費者センターによると、リフォームに関する被害者の相談が年間3万件近く寄せられるそうです。悪徳リフォーム会社に引っかかったという例もあれば、信頼できる業者のはずなのに不具合が出たという例もあります。

ここではお風呂のリフォームにおいてトラブルを避けるために出来ることを説明いたします。

自分に合ったリフォーム会社を見つける

繰り返しになりますが、お風呂のリフォームにおいては、自分に合った業者を見つけることが最も大切です。リフォーム会社探しに時間を掛ける価値は十分にあります。

 

リフォーム費用について確認しておく

費用水回りのリフォームは、開始してからわかる不具合というものもあります。例えば浴槽を外してみたら床が思ってより傷んでいたということがあります。このような追加費用が発生する場合あるということを認識しておきましょう。

大切なことは、追加費用が発生する可能性があるのか、見積もりの中でどこまで含まれているのかをあらかじめ確認しておくことです。

簡単そうに見えても自分で手を出さない

お風呂のリフォーム会社選びの際に確認すべき3つのポイントお風呂のリフォームは水回りのリフォームの中でも特に注意が必要なリフォームです。簡単だろうと思って素人が手を加えたがために、後々リフォーム会社に仕事を受けてもらえないことや、保証が使えなくなることもあります。

簡単に見えても、リフォーム会社に相談するようにしましょう。
出典:http://sumai.panasonic.jp/toilet/

 

まとめ

リフォーム箇所や、リフォームに求めるものによって会社の選び方は全く異なってきます。お風呂のリフォームの場合は、特にリフォーム会社選びが重要です。

自分に合ったリフォーム会社を見つけるのは大変ですが、時間を掛ける価値はあります。優良な業者を見つけて、満足できるお風呂をリフォームを実現して下さい。

 


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。