相場を知って不安解消!給湯器の交換費用をスッキリ解説

アイキャッチ画像

「給湯器の交換費用っていくらくらい?」

給湯器の交換で一番気になる費用がよくわからず、この記事にたどり着いた方もいるのではないでしょうか。給湯器は、いったん交換したら10年以上使い続けるのが一般的です。交換時期や費用相場を知らない方は多いことでしょう。

給湯器の交換費用は、お湯の供給能力や省エネ性能、追炊き機能の有無など、さまざまな要素で変動します。そこで、この記事では、パターン別に給湯器の交換費用を解説します。あなたがやりたい給湯器交換にかかる費用が必ずわかります!

1.給湯器の交換費用はいくら?

給湯器交換の費用は、次の2つの要素によって変動します。

  • 追炊き機能の有無
  • 省エネ性能の高さ

以下の表に、給湯器の機能や省エネ性能の違いによって費用がどのように変わるかをまとめました。

【給湯器交換の費用相場】
追炊き機能 省エネ性能
低い 高い
なし 12.8~15.7万円 13.3~17.0万円
オート 16.9~19.6万円 17.4~21.4万円
フルオート 18.6~21.7万円 19.0~23.2万円
※リンナイ、ノーリツ製給湯器の平均的な交換費用

ご覧の通り、追炊き機能のない給湯器であれば、13万円前後から交換可能です。一方で、追炊き機能がある給湯器は20万円を超えるものもあるなど、追炊き機能の有無は給湯器交換の費用に大きく影響します。

なお、給湯器交換の費用は、給湯器本体の「商品代」とその「工賃」で構成されています。

※オートとフルオートの違いは?

  • オート:追炊き機能あり
  • フルオート:追炊き、自動足し湯、追炊き配管自動洗浄機能あり

【データで見るお風呂リフォームの費用と相場】はこちら

2.ランニングコストも考慮するとエコジョーズが断然お得!

給湯器には、ガス料金という月々のランニングコストが発生します。そのため、省エネ性にも考慮して選ぶことが重要です。

省エネ性能が高い給湯器は、エコジョーズ(これまで捨てられていた熱を再利用して、少ないガス量で効率よくお湯を沸かす)という仕組みでお湯を沸かします。

同一機種の給湯器で、従来型とエコジョーズのそれぞれにかかる費用を比較してみました。

 

【トータルコスト 比較例】
  省エネ性能
低い(従来型) 高い(エコジョーズ)
交換費用 122,964円 133,120円
10年間のガス料金 847,000円 742,000円
トータルコスト 969,964円 874,120円
エコジョーズの方がトータルコストで10万円ほどお得!

 

ご覧の通り、交換費用そのものはエコジョーズのほうが1万円ほど高くなります。しかし、ランニングコストは10年間で10万円ほどエコジョーズのほうがお得です。長い目でみると、エコジョーズの方が断然おすすめです。

3.給湯器交換の見積りを通じて費用内訳を確認しよう!

この章では、実際にどれくらいの費用で給湯器交換ができるのか、リフォームガイドを通じて給湯器交換をした人の事例を通じてみていきましょう。「なににいくらかかっているのか」を、具体的につかむことができます。

 

【給湯器交換 見積もり例】
リフォーム内容 費用
商品代 ノーリツ給湯器
GTH-C2049SAWD-1 BL
オート エコジョーズ20号
リモコン2台(浴室・キッチン)込み
378,000
お値引き(60%オフ) -226,800
小計 151,200
工事費 既存給湯器撤去処分 5,000
取り付け工事費 5,000
給水結び替え費 5,000
給湯結び替え費 5,000
リモコン結び替え費 8,000
ガス結び替え費 8,000
小計 36,000
その他 出精値引き -6472
消費税(10%) 18072
合計 198,800円

 

ご覧のように、オートでエコジョーズの給湯器であれば、給湯器の交換費用は税込みで20万円前後かかります。以下では、商品代、工事費に関してそれぞれ留意点をご説明します。

■商品代

依頼する業者によっても変わりますが、給湯器は定価から5~6割程度値引かれた金額でお客様に提示されるのが一般的です。

なお、給湯器の商品代にはリモコンの費用も含まれます。ただし、浴室用と台所用の2台ついているか、台所用のみかは給湯器によって異なります。リモコンの台数は見積り時に必ず確認しましょう。

■工事費

工事費は、大きくわけて以下の要素で構成されています。

  • 古い給湯器の取り外し
  • 撤去処分する費用
  • 新しい給湯器の設置費用

工事費用は、4~5万円前後が相場になります。

「安く抑えるために自分で給湯器を取り付けできないの?」と思われるかもしれませんが、素人が給湯器の交換を行うと、ガス漏れリスクがあります。危険ですので、必ず専門業者に依頼するようにしましょう。

4.給湯器交換の見積り確認時の注意点

給湯器交換の見積りの見方と確認ポイントを知っておくと、本当にお得なリフォーム会社を選ぶことができます。

この章では、給湯器交換の見積りを確認する際の注意点をご説明します。

4-1.一式いくら、など曖昧な表記になっていないか確認しよう!

見積り書は、工事内容そのものを表したものといえます。ですから、「給湯器交換 一式 XXXX円」のような表記では、どのメーカーのどの型番の給湯器を設置するのか不明ですし、どんな作業をするのかもわかりません。

このような見積りを出す業者に工事を依頼してしまうと、施工が始まってから思わぬところで追加費用を請求されたり、あなたの要望に合わない給湯器が設置されるおそれがあります。

2章に掲載した見積りのように、メーカー名、型番、作業内容が記載されていることを確認しましょう。

4-2.号数を確認しよう!

号数とは、1分間に何リットル給湯できるかという給湯能力を表すものです。

1段階号数を上げ下げしても、費用は1万円も変わりません。家族の人数に合せて、余裕を持った号数を選びましょう。

号数の選び方

4-3.保証の有無や保証内容を確認しよう!

何年保証がつくかは、メーカーや業者によって変わります。そのため、見積りを評価するときは、価格だけでなく保証の有無やその補償内容についても確認しましょう。

5.それぞれの特徴を押さえた業者選びをしよう!

給湯器の交換費用は、どのような業者に依頼するかによっても大きく変わります。給湯器本体の販売価格や工事費が業者によって異なるためです。

給湯器交換の依頼先の候補としては、大きく次の3つです。

  • ネット販売
  • リフォーム会社
  • 大手○○ガス

それぞれの割引率や工事費の相場、メリット・デメリットを以下の表にまとめました。実際に施工を依頼するときの参考にしてください。

 

【施工業者別】給湯器の割引率や工事費の相場まとめ
  ネット販売 リフォーム会社 大手〇〇ガス
割引率 60~70% 50~60% 20~30%
工事費 3.5~4.0万円 4.5~5.0万円 4.5~5.0万円
  安い 高い
メリット 圧倒的な安さ 本社が家から近いためすぐに駆けつけてくれる ネームバリュー
デメリット ・本社が家から遠いためアフターフォローが不安
・業者が信頼できるか不安
業者が信頼できるか不安 費用が高い

給湯器の交換は既製品に取り換える比較的簡単な工事です。原則的には、交換を依頼する業者を価格で決めても問題はありません。
ただし、ネット販売の業者は価格の安さは魅力的なものの、その本社は主要都市にしかない場合も多いです。なにか不具合があったとき、対面でアフターフォローしてくれるか不安が残ります。一方で、地元のリフォーム会社なら、トラブルがあったときにすぐに駆けつけてくれます。

 

以上を考慮して、ネット販売かリフォーム会社のどちらに依頼するかを検討しましょう。

6.給湯器の交換で別途発生する可能性がある費用

給湯器の交換では、これまでご説明した費用以外に、状況に応じて別途費用が発生する場合があります。

■温水式の床暖房を使用している場合

温水式の床暖房を使用している場合、暖房機能が付いた給湯器を選ぶ必要があります。その場合、通常の給湯器に比べて商品代・工事費合せて4~6万円ほど追加でかかります。

■追加工事が必要な場合

これまでに述べた給湯器交換の費用は、古い給湯器から新しい給湯器に単純に交換する前提です。以下のような工事が必要な場合、1、2万円~ほど追加で工事費が発生します。

  • 給湯器の設置場所を変更する場合
  • お風呂、キッチン以外に給湯箇所を増やす場合
  • 狭い場所・高い場所での工事が必要な場合

(補論)費用を抑えても安心の性能!2大メーカーのご紹介

給湯器は、メーカーによっても多少ながら費用や特徴の違いがあります。この項では、費用と品質の両面でおすすめできる2大メーカー、リンナイとノーリツについてまとめてみました。

■リンナイ

部品ごとにコスト削減に取り組んでいます。とくに、機能面に影響しない部品のコストを下げているため、低価格でも品質の高い給湯器を製造することができます。

さらに、リーズナブルな価格でも給湯器の機能は充実しています。ゆらぎシャワーや足し湯など、お風呂ライフを充実させる機能が揃っています。

■ノーリツ

費用面ではリンナイより若干高めながら、しっかりと塗装が施されているので外に置いていてもサビず、長持ちする点が最大の特長です。

また、メンテナンスもしやすい設計になっているため、万が一故障した場合もメーカーの修理が早いことに定評があります。

給湯器メーカーには、ここで取り上げた2社以外に、パロマやパーパスなどがあります。性能や価格に大きな違いはありませんので、安心して使っていただけます。

7.まとめ

いかがだったでしょうか。給湯器の交換は、追炊き機能の有無やエコジョーズにするかによって費用が変わることがご理解いただけたことと思います。

また、業者によって費用が変わる点に驚かれたのではないでしょうか。

単純な給湯器の交換であれば、価格が安いネット販売もおすすめです。一方で、お風呂やキッチンなどのリフォームと合せて行うのであれば、リフォーム会社で一緒に給湯器交換も行うことをおすすめします。

給湯器交換を安心して依頼できるリフォーム会社をお探しなら、ぜひリフォームガイドにお問い合わせください。皆さまのリフォーム会社選びをお手伝いいたします。

(お風呂リフォームの関連記事)

全ノウハウまとめ
お風呂リフォームを成功させる全ノウハウまとめ

その他関連記事

(お風呂リフォーム関連記事をもっと見る)

お風呂リフォームの費用と相場


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。