相場を知って不安解消!給湯器の交換費用をスッキリ解説

給湯器の交換費用をスッキリ解説

「給湯器の交換費用っていくらくらい?」

給湯器の交換で一番気になる費用がよくわからず、この記事にたどり着いた方もいるのではないでしょうか。給湯器は、いったん交換したら10年以上使い続けるのが一般的です。交換時期や費用相場を知らない方は多いことでしょう。

給湯器の交換費用は、お湯の供給能力や省エネ性能、追炊き機能の有無など、さまざまな要素で変動します。そこで、この記事では、パターン別に給湯器の交換費用を解説します。あなたがやりたい給湯器交換にかかる費用が必ずわかります!

>>実際の見積もりから算出したお風呂・浴室リフォームの費用相場をチェック!


1.給湯器の交換費用はいくら?

給湯器交換の費用は、次の2つの要素によって変動します。

  • 追炊き機能の有無
  • 省エネ性能の高さ

以下の表に、給湯器の機能や省エネ性能の違いによって費用がどのように変わるかをまとめました。

【給湯器交換の費用相場】
追炊き機能省エネ性能
低い高い
なし12.8~15.7万円13.3~17.0万円
オート16.9~19.6万円17.4~21.4万円
フルオート18.6~21.7万円19.0~23.2万円

※リンナイ、ノーリツ製給湯器の平均的な交換費用

ご覧の通り、追炊き機能のない給湯器であれば、13万円前後から交換可能です。一方で、追炊き機能がある給湯器は20万円を超えるものもあるなど、追炊き機能の有無は給湯器交換の費用に大きく影響します。

なお、給湯器交換の費用は、給湯器本体の「商品代」とその「工賃」で構成されています。

※オートとフルオートの違いは?

  • オート:追炊き機能あり
  • フルオート:追炊き、自動足し湯、追炊き配管自動洗浄機能あり

【データで見るお風呂リフォームの費用と相場】はこちら


2.ランニングコストも考慮するとエコジョーズが断然お得!

給湯器には、ガス料金という月々のランニングコストが発生します。そのため、省エネ性にも考慮して選ぶことが重要です。

省エネ性能が高い給湯器は、エコジョーズ(これまで捨てられていた熱を再利用して、少ないガス量で効率よくお湯を沸かす)という仕組みでお湯を沸かします。

同一機種の給湯器で、従来型とエコジョーズのそれぞれにかかる費用を比較してみました。

【トータルコスト 比較例】
 省エネ性能
低い(従来型)高い(エコジョーズ)
交換費用122,964円133,120円
10年間のガス料金847,000円742,000円
トータルコスト969,964円874,120円

エコジョーズの方がトータルコストで10万円ほどお得!

ご覧の通り、交換費用そのものはエコジョーズのほうが1万円ほど高くなります。しかし、ランニングコストは10年間で10万円ほどエコジョーズのほうがお得です。長い目でみると、エコジョーズの方が断然おすすめです。