ステンレスキッチンの特徴と注意点。おしゃれ・清潔・手入れが楽!

ステンレスキッチン

「スタイリッシュな部屋にしたい」「お手入れが楽そう」と、注文住宅の購入やキッチンリフォームのタイミングで、ステンレスキッチンの導入を検討する方も多いのではないでしょうか。

ステンレスキッチンはデザイン性が高く、キッチン周りをおしゃれにしたい方に人気があります。しかし導入にあたっては取り扱い方法などに注意点もあり、リフォーム前にしっかりと理解しておくことが大切です。

今回はステンレスキッチンのメリット・デメリットに加え、設置費用の相場についても解説します。7つのメーカーのステンレスキッチンによるリフォームの事例もご紹介しますので、自分はどんなキッチンにしたいか想像しながらご覧ください。


1.ステンレスキッチンの特徴・メリット

ステンレスキッチンには大きく分けて6つの特徴とメリットがあります。

1-1.錆びにくい

ステンレスキッチンイメージ

多くの人が挙げるステンレスの魅力の1つが「錆びにくさ」です。
ステンレスとは、英語で「錆びない」を意味する「Stainless」。

ステンレスには「クロム」という元素が含まれており、表面に傷がついてもクロムが酸素と反応して薄い保護膜ができるため、錆びずにきれいな状態が保たれるのです。

1-2.耐久性・耐熱性がある

ステンレスは湿度の高い日本の気候に影響を受けづらく、また調理中に発生する熱への耐性も強いという特性を持ちます。

ステンレスの耐熱性は700~800度程度。これはプロの厨房での調理温度にも耐えられる強度で、一般的な家庭であれば長く使い続けられるという点が魅力です。

1-3.掃除がしやすい

ステンレスは汚れが付きにくいというのも、キッチン周りを楽に掃除したい人にとってうれしいポイントです。布巾や洗剤でサッと拭くだけで、飛び散った油や調味料もきれいに落とすことができ、掃除の手間を減らせます。

またキッチンは何かと臭いがこもったりカビが発生したりしやすい場所ですが、ステンレスは臭いやカビにも強いため、常に清潔できれいなキッチンを保てます。

1-4.デザイン性が高い

ステンレスキッチンに関心を持ったきっかけとして、デザイン性の高さを挙げる人も多くいます。
シルバーで光沢感のある質感は、木材やメラミン化粧板では出せないスタイリッシュさが魅力です。
表面の加工法によっても質感が少しずつ異なるのも、自分だけのキッチンにしたい人にとってメリットと言えます。

1-5.環境にやさしい

ステンレスはほぼ100%リサイクル可能な素材で、環境にやさしい製品を使いたい方にぴったり。不要になったステンレスの板などの80%以上が回収され、リサイクルに回されています。

参考:ステンレス協会「GREEN PIPE|環境」

耐久性が高く腐食しにくいステンレスは、経年による劣化が少ないため、質のいい状態で新しいステンレス製品に再利用されます。キッチンを廃棄するときに、丸ごと廃棄処分されずにリサイクルされるというのはうれしいポイントです。

1-6.リーズナブル

ステンレスはほかの素材と比較してリーズナブルなため、リフォーム費用を安くできるというメリットがあります。

システムキッチンのワークトップ(カウンター面)にはさまざまな素材の製品があり、人工大理石やクオーツなどをとりいれるとリフォーム費用が高くなる傾向にあります。システムキッチンを導入する際、表面のコーティングや設備の追加などで、当初予定していた予算よりも高くなってしまうことも少なくありません。
リフォームでは製品本体以外にも多くの費用かかるため、ステンレスを選択して製品自体のコストを下げるのがおすすめです。