デッドスペースを活用!屋根裏リフォームでできること・費用と注意点を詳しく解説

屋根裏リフォームでできること

「年々物が増えていくばかり。収納スペースが欲しい」
 「もう一部屋欲しい」

そう思ったことはありませんか?そこでお勧めなのが屋根裏を活用するということです。屋根裏をリフォームすれば、デッドスペースを収納や部屋として活用することができます。リフォームで、もう一つスペースが増えるのは、魅力的だと思いませんか?

 こちらでは屋根裏リフォームをするにあたって知っておきたい費用・期間や注意点などを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。


1.屋根裏リフォームで何ができる?

屋根裏とは天井板と屋根の間にある空間のことです。屋根裏でリフォームすれば、今まで使えなかったデッドスペースを有効活用することができます。では実際にどのようなリフォームが可能で、どういった使い道があるか、解説いたします。

1-1.屋根裏収納をつくる

クリスマスツリー・ひな人形・こいのぼりなど年一回しか使わないもの、スキーウェアにボード、子供用のビニールプール・ストーブ・扇風機などの季節用品、大きなキャリーバッグなど、普段使わない物をしまっておくのにとても便利です。

1-2.屋根裏部屋をつくる

もう一つの使い道として紹介するのが、部屋として使うというものです。はしごを上がっていった先に広がる空間は、まるで秘密基地のような空間です。

例えば、本をたくさん置いて書斎にしたり、自分が好きな物を置いて趣味の部屋にしたり、子供部屋にしたりすることもできます。

ロフトと屋根裏部屋の違い

ロフト

言葉の意味としてはロフトと屋根裏部屋は同じです。

ですが一般に言うロフトとは、上の写真のように、天井が高い部屋などの上部の空間に床を作って設けた部屋のことを指します。独立した屋根裏部屋と比べると、ロフトは開放的なつくりとなっています。

1-3.増し床工事でもともとあった屋根裏空間を広くする

増し床行為とは、もともとあった屋根裏収納や屋根裏を拡張する工事です。「3畳の屋根裏収納を6畳に拡張する」といったケースになります。

▼屋根裏を部屋にリフォームした事例

荷物置き場だった屋根裏を居室へとリフォーム
荷物置き場だった屋根裏を居室へとリフォーム
荷物置き場だった屋根裏を居室へとリフォーム
記事を読む

2.屋根裏リフォームにかかる費用

屋根裏をリフォームする際はどのくらい費用がかかってくるのでしょうか。詳しく説明いたします。

屋根裏リフォームにかかる費用の目安