屋根裏収納にかかる費用は?~相場から詳細まで徹底解説~

屋根裏収納

「屋根裏収納に興味はあるけどいくらあれば作れるだろう?」
「ホームページに載っている金額はざっくりすぎてよくわからない…」

このように屋根裏収納に興味はあっても肝心な費用については分からないことが多いと思います。そこで今回は屋根裏収納をつくる際にかかる費用について、相場から詳細まで徹底的に解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。


1.一般的な屋根裏収納をつくるのにかかる費用

屋根裏収納をつくる際、一般的にはいくらくらいかかるのでしょうか。費用の相場や詳細を説明いたします。

基本工事(6畳:19~24万)+オプション代+諸経費=32万円~40万円程度

基本工事とは、天井を開口してはしごを取り付け、床をフローリングやボードで施工するまでの工事です。そこにオプション代や諸経費などを加えて30万程度が相場となります。

費用詳細一例(6畳)

費用詳細一例(6畳)

オプションとして、換気扇と電灯・コンセントは取り付けるケースが多くなります。窓や写真のような開口柵は取り付けない人場合もありますが必要に応じて付けると良いでしょう。

電気・柵オプション


2.「はしごではなく固定階段に」「断熱」などのオプションを追加した場合の費用

「固定階段」「断熱」といったオプションを追加することで荷物の出し入れがぐっと楽になったり、収納物の熱による劣化を防ぐことができます。効果の高い断熱材を用いれば、「将来は部屋として使う」といったように今すぐでなくても部屋としての使い道を見いだすこともできます。大規模な工事を要するオプションですが、それだけハイクオリティな屋根裏収納をつくることができるので検討してみても良いでしょう。

下の表は追加工事をした場合の費用をあらわしたものです。

「はしごではなく固定階段に」「断熱」などのオプションを追加した場合の費用

固定階段にする場合、階段・手すりの種類や固定階段を取り付けた後の直下階の天井の補修方法により費用が変わります。断熱する場合、以下の写真のように断熱材を敷き込んで上からボードで蓋をするのが一般的です。