床下暖房(床下エアコン)とは|床暖房より経済的?メリット・注意点を確認

床下暖房

寒い冬でも快適に過ごすため、住まいの暖房にはこだわりたいところです。近年、床下部分に暖房機器を設置し、足元から部屋全体を暖める床下暖房(床下エアコン)が注目を集めています。

床下暖房は新築時に導入するケースが多いですが、床下のスペースや断熱工法といった設置条件がそろっていれば、リフォームで後付けすることも可能です。

今回は床下暖房の仕組みや床暖房との違い、設置費用や後付けリフォームについて解説します。


1.床下暖房とは?床暖房との違い

床下暖房の仕組みや床暖房との違いを詳しく見ていきましょう。

1-1.床下暖房の仕組み

床下暖房とは床下に設置された暖房機器を指します。床下で発生した暖かい空気を循環させることで、足元から室内を暖めます。暖房機器にエアコンを使用する場合は「床下エアコン」とも呼ばれます。

床下暖房を設置するには、床下に一定のスペースがあることが条件です。また、床下で発生した暖かい空気を逃がさないように、住宅の建設時に基礎部分に断熱工法を施す必要があります。また、すべての部屋を床下暖房で暖めたい場合は、暖かい空気が床下すべてに行き渡るよう、基礎の空間が風が通りやすい形状の一つの空間である必要があります。

1-2.床暖房との違い

床下暖房と床暖房の違い

床下暖房と床暖房は名前こそ似ていますが、暖め方が異なります。床下の空気を暖め循環させる床下暖房に対し、床暖房は床面を直接暖めることで暖房効果を発揮します。

床暖房には床下の配管に温水を循環させる「温水式」と、電気ヒーターの力で暖める「電気式」の2種類があります。床面が直接熱を持つため、長時間座っていると低温火傷になる可能性があり、注意が必要です。

また、床が直接熱を持つ床暖房と違い、床下暖房は床を中心に室内がゆるやかに暖まるという特徴があります。

1-3.床下暖房の仕組みは2とおり

床下暖房には、以下のように床下の暖め方が2通りあります。

  1. 床下に暖房機を置く
  2. 床下に放熱器を置く

それぞれの違いを見ていきましょう。

1-3-1.床下に暖房機を置く

1つ目の暖め方は、床下にエアコンやFF式ストーブと呼ばれる暖房機を設置し、床下空間を暖める方法です。

FF式ストーブは燃焼用の空気を屋外から強制的に取り入れ、屋外に排気します。床下暖房の中でもコストが安く、床下の空間にストーブを設置するだけなので比較的簡単に導入できます。またエアコン式は火災の心配がなく、外出の頻度が高い世帯にもおすすめ。床下に循環した温風が、足元から室内をじんわりと暖めます。

1-3-2.床下に放熱器を置く

床下暖房のもう1つの暖め方は、床下に温水ボイラーやパネルヒーターといった放熱器を設置し、暖気を床下から室内へ循環させる方法です。

放熱器は、基礎コンクリートや土間コンクリートといった大きい部位に蓄熱された熱も全体に広げられるため、エアコンやFF式ストーブを置く方法よりも高い暖房効果があるといわれています。一方で、暖房機を置く方式よりも導入費用が高くなる傾向があります。


2.床下暖房のメリット

床下暖房のメリットとして、主に以下の3つがあります。

  1. 床暖房より設置費用が安い
  2. 暖房効率がよく、電気代を節約できる
  3. 床材の選択肢が多い

ひとつずつ見ていきましょう。

2-1.床暖房より設置費用が安い

新築時の導入コストを考えると、床下暖房は、床暖房よりも低コストで設置できます。

床下暖房に必要な暖房機器は、1フロア