床暖房の後付けリフォーム費用や注意点、2種類の床暖房比較!

「床暖房が欲しいけれど、自分の家には設置できるの?」
「床暖房って、いくらで設置できるのか知りたい」

このようにお考えではありませんか?

床暖房リフォームは、基本的に戸建て・マンション関係なく設置が可能です。ただし、特にマンションでは例外もあります。

この記事では、床暖房を後付けする場合の費用、床暖房を設置するメリットデメリット、注意点、リフォームが難しい例外などを解説します。


    1.床暖房の設置リフォームにかかる費用

    ここでは、床暖房リフォームにかかる費用について解説します。床暖房リフォームにかかる費用は、設置する床の面積や設置方法、床暖房の種類などによって異なります。

    下記では床面積と床暖房の種類をもとにした床暖房リフォームの費用をまとめています。

    部屋の面積

    電気式の設置価格温水式(電気/ガス)の設置価格
    6畳30~55万円33~65万円

    8畳

    32~71.5万円40~93.5万円
    10畳37~80万円49.5~100万円
    12畳50~84万円65~110万円
    20畳70~110万円76~160万円

    電気式の床暖房の方が、温水式の床暖房よりも設置が簡単なので安価に抑えることが出来ます。また、電気式は熱源機が必要ないことも安価な理由の一つです。

    床暖房の「電気式」と「温水式」の特徴についてはこちら

    【床暖房リフォームの費用を抑えるには?】

    ここでは、床暖房リフォームの費用を抑えるための方法について紹介していきます。直前に紹介したように、床暖房の実施には初期費用が多くかかります。「床暖房のリフォームはしたいけれど、予算オーバーにならないか不安…」と感じている方も、以下の方法を活用してお得にリフォームできるようにしましょう。

    1. 床暖房を部分的に設置する

    床暖房を設置する面積を小さくすることによって、床暖房設置にかかる費用を抑えることができます。ベッドやソファーなど大きな家具の下には床暖房は不要な場合があります。また原則として、床面積の5~7割に床暖房があれば、部屋全体に対する暖房効果が得られます。

    床暖房が必要な箇所・不要な箇所を考え、設置する箇所を絞りましょう。

    2.張替えではなく重ね張りにする

    床暖房の設置方法には2通りのやり方があります。

    • 既存の床の上に重ねて床暖房を設置する方法
    • 既存の床を撤去し、床暖房を設置する方法

    「床の上に重ねて床暖房を設置する方法」では、既存の床を撤去する工程がないため、張替えよりも費用を抑えることができます。

    具体的には、10畳程度の床を張り替えて床暖房にする際は、床暖房設置費用とは別に約10万~15万円の解体・撤去費用がかかってしまいます。

    ただし床暖房を上から貼る工法を行う際、一部に床暖房を設置しようとすると段差ができてしまうリスクがあります。 
    見積もりを取る際にリフォーム会社に予算を伝えて、見た目との兼ね合いを踏まえて最適なプランを考えてもらうようにしましょう。

    3.補助金制度を活用する

    床暖房のリフォームに対する補助金を給付してくれる自治体も地域によって存在します。
    また断熱工事など、エコに繋がる工事をすることで対象になる補助金もあります。お子様が居る家庭のリフォームも対象になるものもありますので、調べておくようにしましょう。

    補助金に関して、以下の記事で詳しく解説していますので合わせて確認してください。

    【2024年度】リフォームで使える補助金8種類!申請方法も解説
    【2024年度】リフォームで使える補助金8種類!申請方法も解説
    【2024年度】リフォームで使える補助金8種類!申請方法も解説
    記事を読む