2LDKから3LDKへ。部屋を増やす間仕切りリフォームの方法・費用・事例

「子供部屋を増やしたい」「リモートワークのスペースを確保したい」など、2LDKから3LDKへのリフォームを検討する人も多いでしょう。

戸建てであれば増築も考えられますが、建ぺい率や容積率の問題でできないケースもあります。また、マンションだと増築は不可能なため、リフォームにより部屋数を増やすことになります。

部屋数を増やす方法はいくつかあり、予算や目的、広さなどを考慮して最適なものを選びましょう。

本記事では、2LDKから3LDKへの間取り変更の方法やリフォーム時の注意点について解説します。間取り変更リフォームを検討している人は、ぜひ参考にしてください。


1. 2LDKから3LDKへ:部屋数を増やすリフォーム方法と費用相場

2LDKから部屋数を増やし、3LDKにするためには、壁や家具、カーテンなどを使って仕切る方法や、ロフトで上下に分ける方法などがあります。

ここでは、それぞれのやり方について、メリットやデメリット、費用の目安を紹介します。

1-1. 壁を新設して仕切る

壁を新設すると、完全に独立した部屋を増やすことができます。防音性やプライバシー性の高い部屋を作りたい場合にもおすすめです。

ただし、照明やコンセント、冷暖房なども追加する必要が出てきます。

また、部屋の条件によっては、一方の部屋の風通しや日当たりが悪くなる可能性もあります。将来1つの部屋に戻したいときに、壁の撤去や床の修繕が必要になる点もデメリットです。

費用の目安 約13~40万円

▼壁を作るリフォームについては以下の記事で詳しく解説しています。

【プロが教える】壁を作るリフォーム費用はいくら?-事例付きで解説-
【プロが教える】壁を作るリフォーム費用はいくら?-事例付きで解説-
【プロが教える】壁を作るリフォーム費用はいくら?-事例付きで解説-