【プロが教える】壁を撤去するリフォーム費用はいくら?

「壁を撤去して広く使いたいけど、どのくらい費用がかかりそうか」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

こんにちは、リフォームガイドです。リフォームガイドに寄せられる壁撤去の問合せの多くは、使っていない部屋の壁を撤去し、リビングなどに取り込んで広く使いたいというものです。

そのようなお客様の中には、リフォーム会社の現地調査を受ける前にある程度費用感をつかみたいという人も多くいます。

そこで、そのようなご要望にお応えして、壁を撤去するリフォームの費用相場について、いくつかのパターン別に壁撤去のリフォーム費用の相場を一挙公開します。

なお、今回、一級建築士事務所クローバーホーム社のご協力のもと、費用相場を算出しております。

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.壁の撤去リフォームの費用相場はいくら?

壁の撤去リフォームの費用相場をまとめると次の通りになります。

1

壁の撤去のみを行う場合であれば、大工が一日でできる程度のリフォームのため、5~6万円ほどで対応が可能です。

一方で、壁撤去後も空間を柔軟に使いたいという理由で、引き戸を設置する場合は、引き戸の商品代だけで10万円以上かかるため、設置費合せて20~25万円ほど見込んでおく必要があります。

 

2.壁の撤去リフォームの施工事例と実際にかかった費用

ここでは、壁の撤去リフォームの施工事例と実際にかかった費用をいくつかご紹介します。

壁の撤去リフォームでは、壁の撤去だけでなく、床やクロスの張替えなども合せて行うことが多いリフォームになります。

それらの費用も合せて、みなさまがしたい壁の撤去リフォームがどれくらいの費用になるか、その費用感をつかむのにお役立てください。

2-1.引き戸付きの間仕切り壁を撤去した事例(29.5万円)

リビングと洋室の間にあった引き戸付きの間仕切り壁を撤去して、明るく開放感のあるリビングにしました。壁の撤去に伴い、洋室のカーペットからフローリングへの張替え、クロスの張替えも合せて行いました。

2
出典:http://setagayakarasuyama-nikka.com/works/naiso/20170610000010.html

2-2.壁を撤去後、折れ戸を設置した事例(40万円)

リビングと和室の間の壁を撤去して、リビングに和室からの光が入るようにしました。強度が落ちないよう、間仕切り壁を撤去後、梁を入れ耐震補強も行いました。

3
出典:http://machida-nikka.com/works/naiso/20160415165719.html

2-3.間仕切り壁を撤去し、引き戸にした事例(48万円)

子どもが帰ってきたときは個別で使え、いないときは開けて広く使えるよう、間仕切り壁を撤去し、引き戸にするリフォームを行いました。

壁の撤去に合せて、フローリングやクロスの統一も行いました。

4
出典:http://itsukaichi-nikka.com/works/naiso/20171219113236.html

2-4.キッチン交換とキッチン上部の壁を撤去した事例(80万円)

壁付けキッチンからンL型キッチンへリフォームしました。その際、上部の壁も撤去することで、開放的で明るいキッチンになりました。

5
出典:http://fukuokasawara-nikka.com/works/kitchen/20170821064359.html

(参考)撤去できない壁/撤去できる壁の見分け方

耐震上の観点から、撤去できない壁も存在します。ここでは、マンション、戸建てのそれぞれでどのような場合に壁が撤去できないのかご説明します。

■マンションで撤去できない壁とは?

マンションでは、基本的に専有部のどの壁も撤去可能です。

ただし、壁式構造と呼ばれる工法で建てられたマンションでは、コンクリートでできた壁も存在し、そのような壁は撤去できません。

■戸建てで撤去できない壁とは?

戸建てでは、2×4と呼ばれる工法で建てられた建物の壁は、柱でなく壁で建物を支える構造にのため、撤去できない壁が多く存在します。

また、通し柱、管柱、スジカイといった、家を支える大切な構造材が含まれている壁があり、それらの壁も撤去できないことが多いです。

組み合わさって面で支えている壁は、家を支える重要な役割を果たしていることが多いので、壁の撤去は制限されます。

柱と柱が組み合わさって線で支えている壁は比較的自由に撤去が可能です。しかし、赤で囲まれている壁は耐久壁なので撤去できません。

 

3.予算内で満足度も高く!あなたに最適な業者の選び方

「壁を撤去するリフォームをしたいけど、せっかくだから使い勝手のいいものにしたい。でも、できれば費用は安い方がありがたい・・・」

壁を撤去するリフォームを検討している方なら誰でも、こう考えていることでしょう。ここでは、費用をかけるポイントを押えて予算内で満足度の高く、壁を撤去するリフォームをするための業者選びをお教えします。

3-1.あなたの趣向次第で選ぶべき業者は変わる!

リフォーム工事を扱う業者は多数存在しますが、それぞれの特徴は大きく異なっています。満足できるリフォームを行うためには、希望しているリフォームの内容に応じて業者を選ぶ必要があります。

あなたにおすすめのリフォーム会社はどれ?

壁を撤去するだけなど、やりたいリフォームがシンプルで、デザインにそれほどこだわらない代わりに費用はできるだけ抑えたい、という方には地元の工務店がおすすめです。

一方で、明るく開放感のある空間にしたいなど提案を受けたいなど、使い勝手の良さやおしゃれという意味でのデザイン性を追求したリフォームを希望するのであれば、提案力のある中堅リフォーム会社を選ばれるとよいでしょう。

2

3-2.紹介サイトを活用して、あなたの希望に合った業者を見つけよう!

工務店や中堅リフォーム会社の施工品質や提案内容は業者によって異なるため、お客様の満足度はどの業者を選ぶかによって大きく左右されます。

壁を撤去するリフォームが得意で、かつお客様の満足度が高い会社を見分けることは、一般の方には簡単なことではありません。まずは紹介サイトなど専門家のアドバイスを活用して、リフォームの目的に合う工務店を探しましょう。

業者選び次第でこんなに満足度が違う!!

紹介サイトでは、各工務店が公開している情報以外に、実際にその会社を利用したお客様の口コミや独自取材により、どの工務店が壁を撤去するリフォームを得意としているか、お客様からの評判がよいかといった情報が集約されています。

また、複数一括で紹介を受けることで、やりたいリフォームの目的に合っている工務店かどうかの比較検討が容易になります。

(ご参考)リフォームガイドのご紹介

ここでは、紹介サイトの一つである弊社リフォームガイドについてご紹介します。リフォームガイドでは、みなさまのリフォーム内容や趣向に合わせてピッタリのリフォーム会社をまとめて紹介できます。

リフォームガイドとは?○○のリフォーム

リフォームガイド:無料見積の申込はこちらから(登録はたったの2分)
電話番号:0120-395-120
営業時間:9:00~21:00(月~金) 9:00~18:00(土)

 

4.まとめ

いかがだったでしょうか。壁の撤去だけを行うのであれば、5万円前後でできますが、実際のリフォームとなると、フローリングやクロスの張替えを行うことも多く、費用が膨らみやすいリフォームになります。

リフォーム会社選びという観点では、シンプルなリフォーム内容なのかどうかでどのリフォーム会社を選ぶのか変わってくるという点もご理解頂けたかと思います。

リフォーム会社選びという点で、リフォームガイドでもご協力できますので、是非ともご活用ください。


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。