よくある間取り変更リフォーム5種類と費用相場・注意点

子供の誕生、入学、巣立ち、定年退職。ライフスタイルが変わると今の間取りでは住みにくくなることも。

「子供部屋をつくってあげたい」
「狭い部屋をつなげて広いリビングにしたい」
「キッチンや浴室の位置を変えて使いやすくしたい」

などさまざまな間取り変更リフォームが検討されます。しかし間取り変更というと「どんな工事ができるの?かかる費用はどのくらい?」といった不安もありますよね。

今回はよくある間取り変更リフォームの内容とともに費用相場を解説。リフォーム前に知っておきたい注意点もご紹介します。


1.よくある間取り変更リフォームの内容と費用相場

まずは、具体的にどのような間取り変更リフォームが考えられるのか、費用とともに紹介していきます。

1-1.間仕切り壁を壊す(2部屋を1部屋につなげる)|10万円~

「リビングと隣室を繋げて広いLDKをつくりたい」「洋室2つをつなげて広い部屋にしたい」といった場合は、間仕切り壁を撤去する工事が必要です。壁を撤去後、どのような仕上がりにするのかによって工事内容や費用が変わります。

<間仕切り壁撤去の費用相場>
間仕切り壁の撤去+補修 10万円~
間仕切り壁の撤去+引き戸の設置 20万円~
リビングと和室をつなげる(畳→フローリング) 55万円~
リビングと和室をつなげる(フローリング・クロス全面貼り換え) 142万円~
洋室2つをつなげる(フローリング上張り) 50万円~
洋室2つをつなげる(フローリング・クロス全面貼り換え) 70万円~

壁を撤去するだけでいい場合は10万円~、もともと一つの部屋だったかのように仕上げる場合は、クロスやフローリングを全面的に張り替えるため70万円~、100万円を超えることもあります。

▼関連記事

【プロが教える】壁を撤去するリフォーム費用はいくら?
【プロが教える】壁を撤去するリフォーム費用はいくら?
【プロが教える】壁を撤去するリフォーム費用はいくら?
記事を読む
壁を壊して部屋をつなげる費用はいくら?-2部屋を1部屋に、和室とリビングを一続きに-
壁を壊して部屋をつなげる費用はいくら?-2部屋を1部屋に、和室とリビングを一続きに-
壁を壊して部屋をつなげる費用はいくら?-2部屋を1部屋に、和室とリビングを一続きに-
記事を読む

1-2.間仕切り壁を作る(1部屋を2部屋に/部屋を増やす)|13万円~

「大きな子供部屋を2部屋に仕切りたい」「リビングの一角を仕切って書斎をつくりたい」「来客時に部屋の一部を目隠ししたい」というときは、新しい間仕切り壁を設置します。

<間仕切り新設する費用相場>
壁を作る 13~15万円
壁を作る+1室にドア新設・電気配線など 33~40万円

それぞれ、以下のようなメリットがあります。

  • 間仕切り壁:防音性が高くプライベート感のある部屋になる
  • 引き戸:扉を閉めれば個室になり、開くと広いスペースとしても使える

▼関連記事​

【プロが教える】壁を作るリフォーム費用はいくら?-事例付きで解説-