アスベスト屋根の危険性と見分けかた、対処法、工事費用は?

「自宅の屋根にアスベストが使われているのか知りたい」

「アスベストの屋根はどう対処すればいいの?」

こういった疑問を持っている人は多いでしょう。この記事では、屋根にアスベストが含まれているか見分ける方法や、対処法を紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 屋根におけるアスベストの危険性
  • アスベストの屋根を見分ける方法
  • 自宅がアスベストの屋根だった場合の対処法
  • アスベスト屋根を解体・補修する際の注意点

自宅の屋根にアスベストがあるかどうかでリフォーム時の費用が大きく変わります。
事前にチェックしてリフォーム計画を立てる際の参考にしてみましょう。


1.屋根におけるアスベストの危険性

そもそもアスベストはなぜ危険なのかご存知でしょうか。
アスベストの性質や危険性を知っておくことで、屋根の工事を最小限に抑えられます。

1-1.アスベストとは?

アスベストは、石綿とも呼ばれる微細な鉱物を指します。
軽くて耐久性に優れているため多くの建築材に利用されていました。

現在では、発がん性物質と判明していることから、使用や製造を禁止している素材でもあります。

1-2.アスベストの危険度

アスベストにはレベル1〜3まで危険度が設定されています。

レベル1が最も危険で、3が危険性が比較的低いです。

レベル1は、吹き付け材に使われています。
空気中に簡単に飛散してしまうため、近づいてはいけません。

レベル2は、断熱材で利用されています。
飛散性が比較的高いため、近づくことは避けたほうが良いでしょう。

レベル3は、屋根材が該当します。
そのままの状態であれば飛散する危険性はほとんどありません。
ただし、劣化や破損によって表面が削れた場合はアスベストが飛散する危険があります。


2.アスベストの屋根を見分ける方法

自宅の屋根がアスベストを含むかどうかは2つの方法で見分けられます。

  1. 建設時期
  2. 屋根材の種類

見抜く方法を具体的に解説していきましょう。

2-1.建設時期で見分ける

2004年以前の屋根材にはアスベストが含まれているおそれがあります。

アスベストは2004年や2006年に利用を法律で制限されています。
特に2004年の法規制が重要です。

2004年の規制により、アスベストを1%以上含む建材が利用できなくなりました。
1%未満というのは、屋根材においては実質的なアスベスト含有禁止令となります。

このため、2005年以降の屋根材製品であればアスベストを含んでいるおそれはないでしょう。

2-2.屋根材の種類で見分ける

アスベストを利用していた屋根材は「スレート瓦」と「セメント瓦」です。
一方で、アスベストが含まれていない屋根材には「粘土瓦」と「金属」があります。

自宅の屋根材がスレートやセメント瓦の場合はアスベ