屋根の点検部位や費用、詐欺を防ぐ業者探しのコツを紹介!

「屋根の点検にかかる費用を知りたい」
「屋根の点検詐欺に引っかからないための対策を知りたい」

こういった疑問を持っている人は多いでしょう。この記事では、屋根の点検にかかる費用や詐欺対策などを紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 屋根で点検しておきたい部位
  • 修理にかかる費用の相場
  • 屋根の点検をする場合のポイント
  • 点検する業者選びのコツ
  • 屋根点検での詐欺事例と対策法

記事を読めば屋根の点検しておきたい場所や費用相場がわかり、点検時の不安を解消できるでしょう。 


1.屋根で点検したい部位と修理にかかる費用の相場

屋根で点検しておきたい状況には以下があります。

  1. 雨漏り
  2. 棟板金や漆喰の破損
  3. 屋根材の破損や剥がれ
  4. 塗装の剥がれやコケの発生

各状況の点検費用と、修理にかかる工事代金の相場を具体的に解説していきます。

1-1.雨漏り

既に雨漏りしている部位がある場合は、点検と補修が早急に必要です。

雨漏りの点検にかかる費用は1〜30万円と幅広いです。
多くの場合は、目視検査と簡易的な調査だけで1〜10万円程度で済むでしょう。

雨漏りの修理にかかる費用は破損状況と範囲によって異なります。 
目安としては1箇所あたり1〜30万円程度となるでしょう。
1箇所だけの雨漏りで室内がほとんど汚れていない場合は工事費は安く済みます。

しかし、複数箇所が雨漏りしていたり、室内が破損していて補修工事が必要だったりすると高額な工事費が必要となるでしょう。

1-2.棟板金や漆喰の破損

屋根の劣化が心配になったら棟板金や漆喰の点検も必要でしょう。
棟板金とは、屋根の頭頂部にある金属板です。
漆喰とは屋根の頭頂部などに雨が侵入しないようにする白い建築材のことです。

棟板金や漆喰の点検にかかる費用は無料が多いでしょう。

修理にかかる費用は以下のようになります。

  • 棟板金:1平方メートルあたり5,000円
  • 漆喰:1平方メートルあたり1万円

状況に応じて 費用は変動するでしょう。
漆喰の一部だけを補修する場合なら安いですが、棟板金と漆喰全体が破損している場合は高額な費用がかかります。

1-3.屋根材の破損や剥がれ

棟板金や漆喰を調査する際は、屋根材の破損や剥がれも点検したほうがよいでしょう。
瓦が剥がれていたり、スレートが割れていたりする場合は補修が必要です。

屋根材の点検にかかる費用は無料が多いでしょう。
修理にかかる費用は以下のようになります。

  • 瓦のひび割れ補修:1枚あたり5,000円
  • 瓦の交換:1枚あたり9,000円
  • スレート材のひび割れ補修:1平方メートルあたり5,000円
  • スレート材の交換:1平方メートルあたり8,000円

上記はおおよその目安ですので参考程度にしてください。 
工事費は瓦が1枚だけズレていた場合などは安いですが、屋根の大半の瓦を交換するとなれば100万円以上が必要です。

1-4.塗装の剥がれやコケの発生

屋根の見た目が悪くなってきた場合は塗装の点検を検討しましょう。
塗装が剥がれていたり、苔で見栄えが悪くなっていたりしてきれいにしたい場合は補修が必要です。

塗装やコケの点検にかかる費用は無料が多いでしょう。
修理にかかる費用は以下のようになります。

  • 屋根の洗浄:1平方メートルあたり300〜500円
  • 屋根の塗装:1平方メートルあたり5,000〜8,000円

30坪程度の住宅の屋根であれば全面塗装でかかる費用は40〜70万円程度となります。 
一部だけ塗装する場合は安価ですが、大抵は全面塗装が必要なため上記の金額がかかるでしょう。

以下では状況ごとにかかる費用の相場をまとめています。
参考にしてみてください。