屋根材の種類と特徴、あなたに適した商品の選び方を知ろう

屋根材の種類と特徴 あなたに適した商品の選び方

「自分の家に使う屋根材は何が最適なのか」
「屋根材ってどこが違うの?」
こういった疑問を持ってはいませんか?

この記事では、屋根材の特徴や向いている人、種類ごとの価格を紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 屋根材の種類と特徴
  • 屋根材の単価相場
  • 目的別の屋根材選び
  • 屋根材を選ぶ3つのポイント

あなたに適した屋根材を選ぶことでメンテナンスの手間や費用を抑えやすくなるでしょう。


1.屋根材の種類から特徴・単価までチェックしよう

屋根材の種類として以下の8種類を紹介します。

  1. 化粧スレート
  2. 天然スレート
  3. ガルバリウム鋼板
  4. トタン
  5. 銅板
  6. セメント瓦
  7. 粘土瓦
  8. 屋上防水

それぞれの特徴や価格、耐用年数をチェックして自宅に適しているか比較してみましょう。

1-1.化粧スレート

化粧スレートとはセメントを原料とした板状の屋根材です。低価格なため人気の屋根材となっています。

メリットは価格が安い点です。

デメリットは耐久性が低く、屋根の角度によっては雨漏りが起こりやすい点でしょう。 水が溜まりやすい構造をしているため、勾配が少ない屋根だと十分に雨が流れずに雨漏りのリスクがあります。屋根の勾配が3寸以下で緩勾配の場合でもなければ、雨漏りの心配はほとんどありません。

1平方メートルあたりの単価は4,500〜8,000円です。耐用年数は20〜25年です。

代表的な商品としてはケイミュー株式会社の「コロニアル」があります。化粧スレートは安価な屋根材を使いたい人に適しています。

コロニアルについては「コロニアル屋根って何?メリットや費用、耐用年数を知ろう!」で詳しく解説しています。

1-2.天然スレート

天然スレートとは天然の岩を削って板状にした屋根材です。コストパフォーマンスが悪いため現在ではほとんど使われることがありません。

メリットは耐久性が高い点です。

デメリットは価格が高額なことでしょう。1平方メートルあたりの単価は9,800円以上となります。 素材により価格は変動するため単価の目安はありません。化粧スレートの価格が4,500〜8,000円のため、2倍以上の価格差が出ることもあるでしょう。

天然素材のため耐用年数の目安はありませんが、20年以上はもつでしょう。

天然素材ですので代表的な商品例はありません。天然スレートは、価格が高くてもいいから耐久性の優れたスレート素材を使いたい人に適しています。 

スレートについて詳しくは「スレート屋根のメリットや補修方法、寿命、費用を解説!」で解説しています。

1-3.ガルバリウム鋼板