外壁塗装ローンを使うメリット・デメリット!流れや注意点も

「外壁塗装でローンを使うデメリットを知りたい」
「ローンを使うにはどんな手順が必要なの?」

こういった疑問を持っている人は多いでしょう。この記事では、外壁塗装でローンを使う場合のメリットやデメリット、手順などを紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 外壁塗装でローンを使うメリットとデメリット
  • 外壁塗装で使えるローンの種類と金利
  • ローンを使う場合の手順
  • 外壁塗装のローンで使えるお得な支援制度
  • ローンを使う際の注意点

外壁塗装で使うローンの種類や金利などを把握すれば、銀行や信販会社に支払う無駄なお金を減らせるようになるでしょう。

外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
記事を読む

1.外壁塗装でローンを使うメリットとデメリット

外壁塗装の工事では100万円程度の費用がかかります。これを一括で支払うのは簡単ではないでしょう。

今すぐローンで外壁塗装をするか、一括で支払えるお金が貯まるまで待つかは悩みどころです。

以下では、今すぐローンで支払うメリットとデメリットを紹介していきます。

1-1.メリット

お金が貯まるまで待つよりもローンですぐに工事する場合のメリットは、「修繕費」と「寿命」の2つがあります。

修繕費を抑えやすい

一括で支払おうとお金を貯めて数年後に補修をすると、今よりも劣化が進んでしまい結果的に修繕費用が高くなる傾向があります。

工事を後回しにした場合の修繕費は、10万円以上増えることが多いです。一括で支払うと、家計への負担も大きいと考えられます。

一方で、ローンで支払ってすぐに工事をすれば、劣化が進行していないため費用が安くなりやすいでしょう。

ローンを組んだ場合の金利は100万円の3%だとしても3万円なので、放置する場合に比べると安いと言えるでしょう。

もちろん、必ず劣化するとはかぎりませんので、ローンのほうが高く付くケースもあります。

1年程度で資金が貯まるなら別ですが、3年や5年はお金が貯まらないようならローンの利用を検討してみましょう。

外壁の寿命を長く保てる

もうひとつのメリットは、外壁の寿命を長く保てることです。一括ですぐに支払える場合の条件は同じですが、お金を貯めようと3年や5年待つと劣化が進行します。

外壁の劣化を放置すれば外装材の耐用年数が短くなるでしょう。外装材が劣化すれば、本来は30年もつはずだった寿命が、25年や20年になるおそれもあります。

ローンであれば、お金がなくても劣化が進まない早い段階で修理できるため、外壁の寿命を長く保ちやすいです。

1-2.デメリット

外壁塗装をローンで支払うデメリットは「手続きの複雑さ」と「金利がかかる」ことです。以下では具体的に解説していきます。

面倒な手続きと審査がある

外壁塗装をローンで支払う場合、銀行や信販会社などで複数回の審査があります。また、書類を揃えたり記入したりする作業も簡単ではないため、面倒な手続きをしなくてはいけません。

手間をかけてでもローンにする必要がある人でなければ、手続きは面倒に感じるでしょう。

金利がかかる

ローンで外壁塗装をする場合、金利がかかります。

一括で支払うお金を貯めるために修繕を放置するよりは、金利のほうが安いケースが多いと考えられます。しかし、修繕費以上に金利が高くなるようならローンを使わない方が良いでしょう。<