外壁をリフォームする時期は10年?依頼に最適な季節も紹介

アイキャッチ

「外壁をリフォームする目安ってあるの?」と悩んでいませんか。

外壁にはリフォームに適したタイミングがありますがどのように判別すれば良いのでしょうか。

一般的には前回のリフォームから10年が目安になります。

しかし、塗料によっては15年以上はメンテナンスが不要な種類もありますのでこの記事を読んで適切なタイミングを見分けましょう。

[sc name="テストショートコード"][sc name="テストショートコード02"]

1.外壁をリフォームする時期を耐用年数で検討する

リフォームをする前に外壁の素材を確認しなくてはいけません。

外壁リフォームは「外壁素材」の上に「塗装」をすることで雨や風を防いでいます。

塗装が充分でも外壁素材が劣化していれば意味がありませんし、逆も同じです。

基本的に外壁のリフォームは塗装です。しかし外壁素材自体も寿命がありますので以下の年数が経過したら素材の交換も検討して下さい。

外壁をリフォームする時期を耐用年数で検討する

基本的に塗装も外壁素材も耐用年数が経過したら見た目にかかわらず業者に劣化具合を調査してもらいましょう。

 

2.見かけたらリフォームする必要がある外壁の異常

外壁素材に劣化がなくても、塗装の機能が低下したらリフォームが必要です。

塗料の耐用年数は8年〜20年程度ですが、下記のような劣化症状が出た場合は年数にこだわらずリフォームをする必要があるでしょう。

見かけたらリフォームする必要がある外壁の異常

2-1.さわると粉がつく「チョーキング」

さわると粉がつく「チョーキング」

外壁をさわってみて粉がつく現象がチョーキングです。

塗料が劣化して粉末状になっている状態だと外壁を守るという塗装の機能が失われています。放置すれば外壁素材が侵食されていくでしょう。

2-2.ひび割れが目立つ「クラック」

ひび割れが目立つ「クラック」

外壁に亀裂が入った状態をクラックと呼びます。

0.3mm以下のひび割れなら致命的ではありませんが、もし1mmを超えるようなクラックが見つかったらすぐに補修しましょう。雨漏りや虫が侵入しやすくなってしまいます。

2-3.ひと目で分かる「塗膜剥離」

ひと目で分かる「塗膜剥離」

外壁の塗装が膨らんでいたり剥がれ落ちているのが塗膜剥離です。

塗料は下地と密着していなければ効果がありません。膨らんでいるだけでも内部に水が侵入して劣化している可能性がありますのでリフォームが必要でしょう。

2-4.意外と見落としがちな「コーキング破損」

意外と見落としがちな「コーキング破損」

サイディングボードの隙間をうめているゴム状の素材がコーキング(シーリング)です。

コーキングに亀裂が入ってしまうと外壁の内部まで雨や風が侵入してしまいますので、早めに補修をする必要があるでしょう。

2-5.サイディング外壁なら要注意「ボードの反り返り」

サイディング外壁なら要注意「ボードの反り返り」

サイディング外壁の場合はボードの反り返りが起こります。

外壁の一部の板が明らかに反り返っている場合は補修が必要ですのでリフォームを行いましょう。反り返りがひどくなると雨漏りや虫の侵入を許してしまいます。

 

3.外壁塗装のリフォーム時期に関するよくある質問

ここでは外壁を塗装でリフォームする際に気になる質問をまとめました。

3-1.症状が現れているのに、外壁塗装をせず放置しておくとどうなる?

チョーキングやクラックなどの症状が出ているのに塗装をしないで放置したらどうなるのでしょうか?

外壁の表面が紫外線や雨などによって侵食されていきます。やがて外壁の内部まで侵されてしまい、サイディングやモルタルに亀裂が入るでしょう。

さらに放置すれば外壁素材そのものが破損し、建物にまで影響を与えます。

最悪の場合は雨漏りや虫の侵入のみならず、建物全体が劣化して家の建て直しをしなくてはいけません。

3-2.塗装業者への依頼時期(繁忙期)に依頼すると費用が変わる?

塗装業者の繁忙期は夏です。塗装業者が忙しい時期にリフォームを依頼すると価格が高騰するのでしょうか。

繁忙期に依頼したとしても価格が上がることはほとんどありません。ただし、業者が予約で埋まってしまい工事が数カ月も先になる可能性があります。

自宅の外壁で緊急性の高い劣化が見つかった場合は繁忙期だと苦労するかもしれません。リフォームガイドを利用すれば多数の優良企業を紹介していますので繁忙期でも業者が見つかることでしょう。

 

4.外壁を塗装のリフォームで行うときのポイント

リフォームで外壁塗装を行うのなら仕上がりを良くするために注意したいポイントがあります。

4-1.外壁塗装に最適な季節を選ぶ

外壁塗装には「乾燥させる」という作業があり、工事に向いていない季節が存在します。

以下の条件を1つでも満たしている状況では塗装工事はしないほうが良いでしょう。

  • 気温が5℃以下
  • 湿度が85%以上
  • 雨がわずかでも降っている

地域によって気候が異なりますので塗装に最適な季節は都市ごとに違います。

外壁塗装に最適な季節を選ぶ

雪が降る地域では最低気温が5℃を下回るため冬は塗装に向いていません。無理に塗装をすれば塗料が定着せずに数年で剥がれ落ちることでしょう。

梅雨がある地域では雨の危険性が高いため夏は向いていません。ただし梅雨の時期を過ぎれば夏でも問題はありません。

台風が来る地域では雨と風の危険性がありますので秋が向いていません。あまりにも風が強いと足場が崩れますので非常に危険です。

塗料は高気温だと気泡ができてしまい仕上がりが悪化します。

外壁であれば致命的な問題にはなりにくいですが、屋根塗装を一緒に行うのなら注意が必要です。気温が35℃を頻繁に超える地域では真夏の屋根塗装は避けたほうが良いでしょう。

どの地域でも基本的に春が最適です。

しかし雪が降る地域の春は気温が低いですので5月か6月まで待ったほうが良いでしょう。

4-2.最適な時期に実施してくれる業者を選ぶ

最適な時期に実施してくれる業者を選ぶ

業者選びの際は最適な季節に塗装を実施してくれる会社を選びましょう。

最適だと判断する季節は業者によって異なりますので、真夏が良いと主張する会社もあるでしょう。その際には理由をしっかりと聞いて納得できるかを基準にしましょう。

「雪が降る地域の真冬」「梅雨の時期」「台風の時期」を勧めて来る業者は注意が必要です。これらの時期を最適だと主張する業者は基本的にいません。

 

5.まとめ

外壁のリフォームをするかどうかは耐用年数よりも劣化具合を確認して決めましょう。コーキングの破損や大きなクラックがあれば早めにリフォームをしたほうが良いでしょう。

外壁のリフォームは雪が降る地域以外なら春に実施すれば間違いありません。雪が降る地域であれば夏に工事をしましょう。リフォーム業者は最適な季節に実施してくれる会社を選びましょう。雨や雪が多い時期に実施しようとする会社は信用しないほうが良いです。

もし業者選びで迷うようならリフォームガイドで見積もりを取得すれば比較的安心して選ぶことが可能でしょう。リフォームガイドは審査を通過した優良な業者のみが登録されています。その中からお客様のお住まいや要望に合った業者をピックアップし、同時に複数社から見積もりを取ることができますので、ぜひ活用してみましょう。

適切なリフォーム時期を見極めて最適の季節に工事することで外壁の耐用年数を延ばしていきましょう。

(ご参考)リフォームガイドのご紹介

ここでは、紹介サイトの一つである弊社リフォームガイドについてご紹介します。リフォームガイドでは、みなさまのリフォーム内容や趣向に合わせてピッタリのリフォーム会社をまとめてご紹介できます。

リフォームガイドとは?2

リフォームガイド:無料見積の申込はこちらから(登録はたったの2分)
電話番号:0120-395-120
営業時間:9:00~21:00(月~金) 9:00~18:00(土)


必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

必須
必須
必須
必須
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォームコンシェルジュがあなたの価値観に合った
ピッタリのリフォーム会社を選びます!

10の質問に答えるだけ!

コンシェルジュに相談する

ぜひ、私たちにお任せください!

ページ先頭へ