外壁工事で適用できる保険の種類から適用範囲までを知ろう

「外壁工事で火災保険が適用できる方法を知りたい」
「外壁リフォームを住宅保険で安くできるのか」 
こんな悩みを抱えてはいませんか?火災保険で外壁工事の費用を安くすることは可能です。

この記事では、外壁工事に利用できる保険の種類や、適用範囲、保険金を受け取る流れを解説します。
屋根工事だと保険を使えるケースは多いですが、外壁では難しいことも多いです。
外壁工事で保険を使えるよう、どのようなケースで保険金が受け取れるかを把握しておきましょう。

>>実際の見積もりから算出した外壁塗装・外壁リフォームの費用相場をチェック!

雨漏りの場合はこちらもあわせてご覧ください。

雨漏りで火災保険が使えるケースや申請手順を解説|詐欺業者に注意!
雨漏りで火災保険が使えるケースや申請手順を解説|詐欺業者に注意!
雨漏りで火災保険が使えるケースや申請手順を解説|詐欺業者に注意!
記事を読む

1.外壁工事で使える保険の種類と適用範囲 

外壁の工事で利用できる保険は「火災保険」と「地震保険」です。
大規模な外壁工事であれば保険が適用できるケースもありますが、単純な塗装だと保険金は手に入れにくいでしょう。

保険の種類と適用できる範囲は以下のようになります。

ケース別保険適用範囲一覧

外壁工事は屋根に比べて保険適用がされにくい傾向にあります。
特に塗装リフォームは外壁の表面に施す工事のため申請が通りにくく、保険金を受け取りにくいでしょう。

1-1.火災保険

火災保険には、住宅火災保険と、住宅総合保険の2種類があります。
台風や火災などで損傷した場合に保険金を受け取れるでしょう。

ただし火災保険では地震の被害は補償されません。
地震によって発生した火災ですら火災保険の対象外ですので注意してください。
地震で損傷した外壁を直したいのなら地震保険に加入しておきましょう。

火災保険には、住宅火災保険と、住宅総合保険の2種類があります。

台風や火災などで損傷した場合に保険金を受け取れるでしょう。

住宅火災保険の適用範囲

住宅火災保険が適用できる範囲としては、

  • 火災による被害
  • 落雷による被害
  • 爆発や破裂による被害
  • 強風による被害
  • 雪やひょうによる被害

があります。

上記の被害によって外壁に穴が空いたとか崩れたという場合は、保険が適用しやすいでしょう。
外壁塗装リフォームで住宅火災保険を適用したい場合は風による被害を補償する「風災」を適用する必要があります。

風災の適用条件は以下の3つです。

  1. 工事費用が20万円以上
  2. 故意や過失、経年劣化による損傷ではない
  3. 被害にあった日から3年以内

外壁塗装リフォームの費用が20万円を下回ることは基本的に無いため、金額の基準はクリアできるでしょう。

注意したいのが、経年劣化による損傷です。
外壁塗装が必要となる損傷の多くは、経年劣化によるものです。
強風によって3年以内に被害があったことを証明できなければ保険金は受け取れないでしょう。

ただ、3年以内に強風が1度もない地域はまずありません。
「3年以内の被害」という条件は、過去の気象データを参照することで解決できます。

経年劣化ではないことを証明するのは難しいです。
外壁全体の色あせなどは自然現象による被害とはいえないため保険金が出ません。
外壁の塗装リフォームはほとんどが経年劣化への対策のため、保険金が出ることは滅多にありません。

住宅総合保険の適用範囲 

住宅総合保険は、住宅火災保険の適用範囲に加えて以下があります。

  • 車や飛行機の墜落・衝突
  • 設備による室内の水ぬれ被害
  • 集団での暴行による破損
  • 外壁素材の盗難
  • 洪水などの水害

住宅火災保険に比べて洪水による被害や人災でも対応してくれるのが住宅総合保険です。
ただし故意や過失によって自身で破壊した場合や、20万円以下の工事だと保険は適用されません。

火災保険における風災などの適用例

外壁工事で「風災」などが適用されやすい例を紹介します。
保険会社によって判断基準が異なるため、以下の例であっても保険が必ず適用されるわけではありませんので注意してください。

外壁は、屋根に比べて火災保険の適用例が少ないです。
ひょうや雪、風などで外壁が崩れているケースであれば適用しやすいでしょう。

・雪の重みによって雨樋が破損
雨樋(あまどい)とは、屋根から地面へ雨水を逃がすためのパイプです。
雨樋が破損すると雨漏りを引き起こしかねません。

雪の重みや台風によって雨樋は壊れる場合があります。
そういったケースであれば風災や雪災が適用されるでしょう。

・ひょうでサイディング外壁がへこんだ
ひょうによる被害は直径5cm以上でなければ対象とならないことが多いです。
もし大きなひょうが降ってきてサイディングやモルタル外壁をへこませたのなら、保険がおりる可能性があります。

1-2.地震保険

地震によって外壁に大きなひび割れが起こることがあります。
こういったケースであれば地震保険が適用される可能性は高いでしょう。

地震保険では噴火による被害も補償してくれます。
ただし災害が起こった時点で地震保険に加入していないと対象外ですので、地震による損害が怖い場合は事前に加入しておきましょう。

地震保険の適用範囲としては以下があります。

  • 地震の振動による被害
  • 地震によって起こった津波の被害
  • 噴火の被害

上記が原因で被害を受けた場合、建物の他に家財も補償内容に含まれます。
また、地震による火災は地震保険でなくては補償されません。

地震保険は主要構造部(土台、柱、壁、屋根など)の被害が住宅価格の3%以上の場合に適用できます。

地震保険は地震から9日以内の被害でなくては適用されません。
地震発生から10日以降に発生した損傷には保険金が支払われないため注意しましょう。
被害が地震発生から9日以内であれば、保険を申請する日は10日以上が経過していても問題ありません。