外壁をペンキでDIYすることは可能?方法や種類を紹介!

「自宅の外壁をペンキでDIYできるの?」
「外壁のペンキをDIYで塗装する方法を知りたい」

このように、外壁塗装の費用を抑えるためにDIYで済ませたい人は多いでしょう。結論から言えば、DIYはデメリットが非常に多いためオススメしません。

この記事では、強引にDIYを行うよりも業者に依頼したほうがよい理由などを、以下の点を含めて紹介します。

  • 外壁のペンキ塗装をDIYできるのか
  • 外壁に使うペンキの種類
  • ペンキでDIYする際にかかる費用
  • 外壁のペンキ業者に依頼する際の注意点

上記を把握すると外壁塗装の費用を抑えたり、ペンキ塗りで失敗するリスクを最小限にしたりできるでしょう。

>>実際の見積もりから算出した外壁塗装・外壁リフォームの費用相場をチェック!


1.外壁のペンキ塗装をDIYできるのか?

外壁のペンキ塗装をDIYすることは可能です。DIYで外壁塗装を行うと以下のメリットとデメリットがあります。

DIYのメリットは業者に依頼するよりも費用が安くなる可能性がある点のみです。

デメリットは、品質が低下することです。外壁をペンキで塗る技術は国家資格が存在するほど高度なものです。インターネットで調べた程度の技術では外壁塗装に必要な品質を満たすことは難しいでしょう。DIYで外壁を塗装する際は、雨漏りを引き起こしたりペンキにムラができたりする覚悟が必要です。

また、十分な技術をもたない人がペンキを塗ると、塗料の寿命が短くなります。10年は大丈夫と考えていた塗装が1年で剥がれてしまい、業者に依頼する羽目になって費用が余計にかかるケースも起こりえます。

他のデメリットとしては、DIYでは時間と手間がかかりすぎるという点があげられます。ペンキ業者に外壁塗装を依頼すると2〜3週間程度で工事が完了します。しかし、DIYでは1人で作業することが多いうえ、業者のように毎日8時間も作業はできません。人数のみならず作業時間もプロの2倍はかかるため、DIYで外壁全部を塗装するのなら3ヶ月〜半年程度が必要です。

DIYでは道具の準備や塗料の廃棄処理、養生などもすべて自分で行わなくてはいけません。1週間も作業をすれば疲労と飽きで嫌気がさす人が多いでしょう。外壁のペンキをDIYで行う場合はリスクを承知で行いましょう。

塗装の専門知識がある人や、外壁の一部だけを塗装したい場合であれば、DIYで行うのもよいかもしれません。しかし、時間や手間をかけたくない、仕事の後に作業をしたくない場合は業者に依頼したほうが賢明です。