初めてでも安心!外壁塗装の費用・色・業者選び・注意点までの完全ガイド

外壁塗装

「外壁塗装をそろそろしないと・・・」
「業者が来て外壁塗装を勧められた」
このようなきっかけで外壁塗装をお考えの方が多いのではないでしょうか。

外壁は家を雨風から守る部分で、ここのメンテナンスは非常に重要です。
また重要な分、絶対に失敗したくないリフォームでもあります。

この記事は、外壁塗装をするべきタイミング、費用、塗料やおしゃれな外壁にする色選び、外壁塗装の注意点など、外壁塗装をする上で知っておきたい情報がこの記事ですべて分かります。

初めて外壁塗装をするという人は、この記事をご参考に、外壁塗装を進めてみてください。
外壁塗装を既に経験したことがある人も、お役に立つ情報が満載ですので、ぜひ読み進めてみてください。

外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
記事を読む

目次


1.「手遅れ」になる前に!外壁塗装はタイミングが大事

外壁をなぜ塗装するかというと、塗装によって建物が守られるからです。

ただし、適切なタイミングで外壁塗装をしないと、家は守れません

建物の外壁は、必ず塗料でコーティングがされています。これは、サイディングなどの外壁材そのものには防水性が無いため、雨風や紫外線から建物を守るために表面を保護することが必要だからです。

ではこの塗料が劣化してくるとどうなるのでしょうか?

まず、触ると白い粉がつくチョーキングという現象や、塗膜にひびが発生します。これらは塗料が寿命を迎えている状態なので、この時点で塗装をすることをおすすめします。

では、これらの現象が出ているにもかかわらず、放っておくとどうなるのでしょうか?

塗膜が剥がれたり、ヒビから雨水が侵入し水ぶくれのような状態になります。この状態は赤信号です。今すぐに業者に相談しましょう。

塗膜が剥がれたままにしてしまうと、下地の補修や、最悪外壁の張り替えが必要になり、費用も高くつきます。

もっと最悪の事態になると、建物内部まで雨水が侵入し、柱が腐る・シロアリが発生するなどの構造部分の被害がでてしまいます。

「手遅れ」な状態になる前に、外壁塗装は早めに検討することをおすすめします