外壁塗装をDIYでするメリット、費用、工期、注意点を解説

「外壁塗装をDIYできるか知りたい」

「DIYのメリットやデメリットを把握したい」

こう考えている人は多いでしょう。この記事では、外壁塗装をDIYでおこなうメリットやデメリット、費用、工期などを紹介します。

具体的には以下の内容を解説します。

  • 外壁塗装をDIYでおこなうメリットとデメリット
  • DIYでおこなう場合の外壁塗装の費用
  • DIYの場合の外壁塗装の工期
  • 外壁塗装をDIYでおこなう手順
  • 外壁塗装をDIYでおこなう場合の注意点

DIYのメリットとデメリットを把握しないまま工事をおこなうと、思わぬ費用がかかることもあるため注意してください。

外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
外壁塗装・リフォームで助成金(補助金)を受け取る方法と条件
記事を読む

1.外壁塗装をDIYでおこなうメリットとデメリット

外壁塗装を行うメリットとデメリットを把握すれば、余計な費用や労力をかけなくてすみます。

DIYでは高確率で失敗する工事にも関わらず自分で塗装してしまうと、すぐに塗装がはがれてしまう危険性もあるでしょう。

適切な工事をするために外壁塗装におけるDIYのメリットとデメリットを把握しましょう。

1-1.外壁塗装をDIYでおこなうメリット

外壁塗装をDIYでおこなうメリットは以下の2つです。

  1. 人件費がかからない
  2. 好きなデザインで塗装ができる

以下ではそれぞれを具体的に解説していきましょう。

人件費がかからない

外壁塗装をDIYでおこなう最大のメリットは人件費が節約できることです。
具体的には、道具を揃える費用や材料費など、工事にかかる総額が業者の半額程度になります。

業者に依頼する場合は職人の人件費を毎日2〜3人分も支払わなくてはいけません。
人件費は外壁塗装の工事費全体の3〜4割程度を占めているため、DIYで工事をすれば大幅な費用節約となるでしょう。

ただし、足場の設置と解体はDIYではできません。

自宅の全面的な外壁塗装の場合は高所の作業のために足場が必要です。
安全性と作業効率を考えると、足場を使わない外壁塗装は現実的ではありません。

足場の設置は10〜20万円程度をかけて業者に依頼しなくてはいけないでしょう。

好きなデザインで塗装ができる

外壁塗装をDIYでおこなうもうひとつのメリットがデザインを自由にできる点です。

業者に依頼する場合、3色以上を使った外壁塗装は追加費用が必要で、細かいデザインまで指定すると高額な工事費となってしまいます。

DIYであれば自分で塗装をするため「窓の周りは3色で絵画のように塗装しよう」と考えても簡単に実践できます。

1-2.外壁塗装をDIYでおこなうデメリット

外壁塗装をDIYでおこなうデメリットは以下の4つです。

  1. 工期がかかる
  2. 手間がかかる
  3. 費用が業者よりも高くなるリスクがある
  4. トラブルが起こりやすい

費用が安くなればデメリットなんて気にならない人は多いですが、実はDIYのほうが業者よりも高額となるケースがあります。

DIYのデメリットを把握することでトラブルを事前に防げるようにしましょう。

工期がかかる

業者に外壁塗装を依頼すると2〜3週間で工事が完了します。
しかし、DIYで外壁塗装をした場合は3ヶ月〜半年程度の期間が必要です。

なぜDIYの期間が極端に長いかというと、技術力と人数が理由です。

業者に依頼する場合は高度な知識と技術を持った職人が2〜3人体制で作業をします。
しかし、DIYだと十分な技術がない人が1人で作業をすることが多いでしょう。

DIYだと作業がわからずに確認する時間や、失敗してやり直すことも多いため、工期は業者に依頼するより6倍以上も延びてしまうのです。

手間がかかる

あなたは、仕事が終わってから毎日2〜3時間の作業をする根気はありますか?

外壁塗装のDIYは土日だけの作業では半年かかっても終わりません。
仕事がある日に毎日2〜3時間、休日も6時間程度の作業を使って3ヶ月〜半年の工期がかかります。

必要な道具を調べるとか、購入する、毎日の作業前後に塗料の管理や準備をするなど業者に依頼する場合の10倍以上は手間がかかるでしょう。

それでいて、工事費用は半額程度にしかなりません。
作業を時給に換算すれば300円以下ということもあるでしょう。

最低時給を下回る金額しか節約できなくても根気よく毎日作業ができる人でなければDIYは向いていません。

費用が業者よりも高くなるリスクがある

外壁塗装をDIYする最大のメリットは費用が安くなることですが、場合によっては業者の方が安いケースがあります。

原因は外壁塗装の失敗です。
DIYでは十分な技術を持たない人が塗装をするため、塗膜がはがれやすくなります。

最悪の場合は1年とたたずに劣化してしまい、結局は業者に依頼することも珍しくありません。

最終的に業者に依頼してしまうと、DIYをおこなった分だけ費用が無駄になるでしょう。

トラブルが起こりやすい

DIYで外壁塗装をする最大のデメリットは近所トラブルが多いことです。

塗料は小さな飛沫になるため、風で簡単に飛んでしまいます。

隣人は、1滴でも隣家や車に塗料が付着すると損害賠償を請求してきます。付着した物の価格や数によりますが、高級な車や住宅の外壁に塗料が付いてしまうとDIYで安くした分の費用は簡単に失われてしまうでしょう。

近隣住宅のクレームや賠償のリスクをかかえても構わないという人でなければDIYの外壁塗装は向いていないでしょう。

1-3.外壁塗装のDIYはどんな人に向いている?

外壁塗装のDIYは足場の設置以外は全て自分でおこなうことができます。

足場の設置だけはプロでなければ道具と技術が手に入らないため、業者に依頼するしかありません。

では、外壁塗装のDIYはどんな人に適しているのでしょうか。

外壁塗装のDIYは以下の人に適しています。

  • 工事費用を安くしたい人
  • 外壁を自分でデザインしたい人
  • 仕事が終わってから毎日2〜3時間の作業ができる人
  • 近隣からのクレームに耐えられる人
  • 失敗して業者に依頼するリスクを許容できる人
  • 塗料が飛んでも賠償金を支払える人

すべての条件を満たしている人なら外壁塗装をDIYでおこなっても問題ありません。