外構をコンクリートにする費用を徹底解説!費用を抑えるポイントも紹介

「外構の芝生がはげて見た目が悪い」
「雨の日にタイヤで削れた土の部分が水たまりになり、靴が汚れる」

などのお悩みがあれば、外構をコンクリートにリフォームするのがおすすめです。

そもそも外構とは建物外の建造物のことを指し、塀や門、玄関までのアプローチ、お庭や駐車場スペースも含まれます。毎日通る場所だからこそ、快適に整備したいものです。

「駐車スペースをコンクリートにしたいけど予算に限りがある」
「いくらで工事できるのか知りたい」と思う方もいるでしょう。

そこで今回は外構をコンクリートにする費用相場をご紹介します。コンクリートの外構にした事例や、予算を抑えてリフォームする方法もあわせてお伝えしているので、外構リフォームにご興味のある方はぜひ参考にしてください。


1.外構をコンクリートにする費用相場

外構をコンクリートにするには、1㎡あたり1万円前後が必要です。

例:車1台分のスペースをコンクリートにする場合
1台分駐車するには約15㎡のスペースが必要になるので、約15万円を目安にしましょう。

外構工事の範囲が狭い、あるいは重機が入れないなど人力作業が必要な場所などは、1万円よりも高くなります。反対に範囲が広い場合は、1万円を切るケースもあるようです。

なぜ外構工事の範囲が狭いほうが単価が高いの?

それは、主に以下の3つの理由があります。

  • 少量の生コン配達時にはミキサー車の空積料が発生する
  • 少量のコンクリートの配達のほうが、生コン業者の手間がかかる
  • 作業効率が悪くなり施工に時間がかかる

狭い範囲の外構工事をする際、生コンは少量しか必要ないのですが、空積料(ミキサー車が満タンになるとき以外に請求される割増料金)がかかってきます。

また少量の生コンを大量の生コンと同じ単価で提供すると、生コン業者の人件費や車両費などが割に合わないため、少量になるほど生コンの単価が割り増しになるのです。

さらに狭い外構を工事する場合、小さな重機を入れて作業することも多く、作業効率が悪くなってしまいます。
小さな重機すら入れないような狭い場所を工事する場合、人力作業が必要になるため、追加の人件費や工賃が発生することも。

一方、広い外構の場合、施工費用自体は高くなりますが、生コンの割増料金があまりかからない、大きな重機で素早く掘れて作業時間が減るなどの理由で、単価は低くなります

外構を砂利、土、芝生などからコンクリートに替える場合の費用は1㎡あたり1万円程度で施工できます。

しかし一方で、もともとがコンクリートだった場所を老朽化のため新しくしたい場合、一度コンクリートを撤去する費用が必要となるため、高額になりやすいことがあります。

また、駐車場のスぺースが10~15㎡以上の場合、ひび割れ防止を目的とした目地(めじ)を入れることがあります。目地とはコンクリートの間に設けるスリットのこと。

コンクリートの面積が広くなると、ひび割れが入りやすくなるため、目地を入れてひび割れを防止します。外構が広い場合、目地の設置に900円~1,500円/m程度必要です。

目安は1㎡あたり1万円前後ですが、生コンクリートの価格は年々上昇しており、相場より高くなる可能性があります。

1万5千円程度を見込んでおくと、実際の見積もりと乖離しにくいでしょう。

取材アイコン