内窓を設置することによる効果とは?光熱費を抑えて固定費を減らそう

内窓効果光熱費

近年、光熱費の節約に効果的であるとして、内窓に注目が集まっています。内窓を設置することで断熱性能がアップするのか、光熱費はどれくらい節約できるのか、など設置する前に実際の効果が気になっている方も多いでしょう。

そこで本記事では、内窓の効果や光熱費への影響について、事例とともに詳しく紹介します。内窓の導入に興味を持っている方や光熱費を節減したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。


1.内窓とは

内窓

内窓とは今ある窓の内側に、もう1枚取り付ける室内用の窓のことです。窓が二重になるため、「二重窓」や「二重サッシ」と呼ばれることもあります。

内窓は既存の窓の室内側に新しく窓枠を設置し、取り付けを行います。
窓枠はアルミ製や木製、樹脂製などがあり、インテリアににあわせて色や質感にこだわることも可能です。
ガラスの種類については、通常の透明ガラスだけではなく、型ガラス、フロストガラス、和紙調のガラスなどさまざまなパターンを選択できます。複層ガラスや防犯ガラスなど、機能を追加することも容易です。

1-1 二重ガラス(ペアガラス)との違い

内窓と混同されがちなものとして「二重ガラス(ペアガラス)」があります。
二重ガラスは、一つの窓枠にガラスが空気の層を挟んで二重になっているものです。
内窓は独立した窓が二重になっているのに対し、二重ガラスは窓枠は一つになっており、見た目は一重の窓とほとんど変わりません。

二重窓(二重サッシ)二重ガラス(ペアガラス)
簡易内窓を取り付ける遮熱対策ガラスの交換費用
  • 窓が内窓と外窓の二重
  • 開閉が2回必要
  • 施工費用は比較的安価
  • ガラスが二重なだけで窓は1枚
  • 開閉が1回で済む
  • ガラス自体が高価
内窓と二重ガラスは断熱においては同じような効果が期待できます。
二重ガラスを用いた内窓を設置すれば、両方の効果が相乗され、さらに効果を高められますよ。
回答