【2024年度】二重窓(断熱窓・二重サッシ)リフォームに使える補助金

断熱性の向上や防犯性能のアップを目的として、自宅の窓を二重窓にリフォームしたいと考える家庭が増えています。しかし、リフォーム工事にはまとまった費用が必要なため、「少しでも安く工事できる方法はないの?」と思っている人も多いのではないでしょうか。

国や自治体では、二重窓へのリフォームの際に利用できる補助金事業を複数提供しており、上手に活用することでお得に自宅のリフォームをおこなえます。
2024年は特に窓リフォームをはじめとする断熱リフォームに関する補助金が充実しており、二重窓リフォームをお考えの方は必見です。

今回は二重窓のリフォーム時に利用できる補助金の種類と補助金の額、申請方法などについて詳しく解説します。


1.二重窓リフォームで利用できる補助金

二重窓のリフォーム工事に利用できる補助金制度には5つの種類があります。
まず、気になる補助金額の上限は下記のとおりです。

補助金の種類 補助金額上限
住宅省エネ2024キャンペーン:子育てエコホーム支援事業 60万円
住宅省エネ2024キャンペーン:先進的窓リノベ事業 200万円/戸
既存住宅における断熱リフォーム支援事業 120万円/戸
長期優良化リフォーム推進事業 210万円/戸 
次世代省エネ建材の実証支援事業 150万~200万円/戸

それぞれの補助金の内容を見ていきましょう。

1-1.住宅省エネ2024キャンペーン:子育てエコホーム支援事業

「子育てエコホーム支援事業」は、子育て世帯・若者夫婦世帯による光熱費負担の軽減を目的とした補助金制度です。

対象となるのは、子育て世帯(2005年4月2日以降出生の子どもを有する世帯)または若者夫婦世帯(申請時点で夫婦であり、なおかつどちらか一方が1983年4月2日以降に生まれた世帯)のいずれかです。

補助金額は工事内容などに応じて異なりますが、二重窓リフォームの場合は1カ所あたり17,000~34,000円、1戸につき60万円までの補助金を受け取れます。

【2024年補助金】子育てエコホーム支援事業で賢くリフォームする方法