住宅ローンでリフォームはできる?|住宅ローンでのリフォーム資金調達の注意点を解説

住宅ローンリフォーム

リフォーム費用を調達する方法として、リフォームローンのほかに住宅ローンを利用するという選択肢もあります。住宅ローンはリフォームローンよりも金利が低く、長期に及ぶ借り入れが可能などの魅力がありますが、条件が揃わないと活用しづらく、すべての方におすすめできるとは限りません。

リフォーム費用を調達する際は事前に情報を集めて、リフォームの規模や費用、個人の状況に合ったお得な資金調達方法を考えることが大切です。この記事では、住宅ローンを利用したリフォーム資金の調達方法と、それをおすすめできるケースについて解説します。

お得な方法でリフォーム費用を調達したい方は、ぜひチェックしてみてください。


1.住宅ローンでリフォーム資金を調達する3つの方法

住宅ローンでリフォーム資金を調達するには、以下の3つの方法があります。

  1. 住宅購入時にリフォーム資金を含めた資金を住宅ローンで借り入れる
  2. 大型リフォーム時にリフォーム資金のみを住宅ローンで借り入れる
  3. リフォーム資金を上乗せして他の住宅ローンに借り換える

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1-1.住宅購入時に借り入れ:リフォーム資金を含めた住宅購入資金を住宅ローンで

住宅購入時に、リフォーム資金も含めた総額を借り入れる方法です。リフォームを前提に中古住宅を購入するケースなどが該当します。
【フラット35】リノベなど、中古住宅の購入とリフォームをセットにした住宅ローン商品もあり、リフォーム資金を含めた住宅購入資金を調達することができます。リフォームの内容が一定の要件を満たしていると、一定期間中の金利が引き下げられる優遇措置も受けられ、有利な条件で資金調達ができるでしょう。

なお、リフォーム資金を含めた購入資金を住宅ローンで調達するには、審査の時点でリフォーム分の見積もりが必要です。
購入前のローン審査時に正確な見積もりを用意するのは難しいので、不動産会社提携のリフォーム会社で概算見積もりを一旦取得して、ローン審査が通ってから改めて、いくつかの会社から相見積もりを取ってリフォームプランを検討するという流れにすることが多いようです。
こうすれば、購入後に複数のリフォーム会社に現地調査に入ってもらって、相見積もりからお得なプランを選ぶことができるようになります。
詳しくはこちらの記事をご参照ください。

中古住宅購入リフォームの流れがまるわかり!お役立ち情報もご紹介
中古住宅購入リフォームの流れがまるわかり!お役立ち情報もご紹介
中古住宅購入リフォームの流れがまるわかり!お役立ち情報もご紹介
記事を読む

1-2.新規借り入れ:大型リフォーム時にリフォーム資金のみを住宅ローンで

リフォーム費用のみを借りられる住宅ローン商品もあります。フラット35はリフォーム費用のみの調達には利用できませんが、イオン銀行の「住宅ローン・リフォーム活用プラン」など、リフォーム費用のみを借りられる住宅ローン商品を提供している金融機関は存在します(2024年4月現在の情報)。

無担保のリフォームローンよりも金利が低く、返済期間も長いことがメリットですが、現在住宅ローンを返済中の方は二重抵当になってしまうため、新たに住宅ローンを組むのはおすすめできません。既に第一順位の抵当権が設定されていると、利用できない場合もあります。

利用可能であっても審査は厳しく、住宅に担保価値がないと審査に通らない点にも注意が必要です。

1-3.借り換え:リフォーム資金を上乗せしての借り換えで、支払総額が抑えられるケースは稀

リフォーム資金を上乗せして、他の住宅ローンに借り換えることも考えられます。住宅ローンの借り換え時に、リフォーム資金を追加できる商品を提供している金融機関もあります。
借り換え時には、金融機関によって条件が決められています。居住中の物件にリフォームをするための借り入れであることが要件になっている場合などがありますので、ご自身の状況で利用できる商品を探すようにしましょう。

住宅ローンの借り換えでリフォーム資金を調達するときには、この2点に注意しましょう。

  1. 再度ローン手続きの手数料がかかる
  2. 借り換えで「支払総額」を減らせるケースは稀

[1]借り換えで再度ローン手続きの手数料がかかる

ローンの借換えを行うため、再度ローン契約のための諸費用(保証料や融資事務手数料、団体信用生命保険料など)がかかってきます。諸費用をローンに組み込めるローン商品もありますが、借入金と利息の他に、数十万円の諸費用が発生することは注意しておきましょう。

[2]借り換えで「支払総額」を減らせるケースは稀

また、現在のローン契約の残債が高額で長期、金利が高いケースでないと、そもそも住宅ローンの借り換えで支払総額を減らすことには繋がりづらい点も認識しておきたいところです。

そのため、多少のリフォーム費用を上乗せしても、住宅ローンの低金利によるメリットを享受できるとは限りません。リフォーム費用分はリフォームローンで借り入れた方が、ローンの支払総額は低く抑えられるかもしれません。

ただし、支払総額が上がっても、月額の支払い費用を抑えたい場合は、借り換えを選択することはあり得ます。住宅ローンの借り換えによるリフォーム資金の調達は、リフォームローンを使う場合と比較して、メリットとデメリットを理解した上で慎重に判断しましょう。

その他、年齢や年収、家の資産価値などの借り入れに関する条件が、初回のローン契約時から変化していることに注意しておきましょう。希望通りの金額を借り換えできるかどうか、金融機関に確認しましょう。
回答