• おすすめ記事
  • プロが教える!最良のリフォーム会社と契約できる3ステップ

8畳の壁紙の張り替えをする方法は?リフォーム会社の費用相場も大公開!

壁紙の張り替えをして模様替えをしたり、美しい部屋に仕上げたりしたいと思ったものの、どうやってやったら良いのかと悩んではいないでしょうか。

この記事では8畳の部屋で壁紙リフォームをするときの一般的な方法を詳しく掘り下げて紹介します。

リフォーム会社を利用するときにかかる費用相場も説明するので参考にして下さい。

また、リフォームガイドが実際の見積もりを集計して算出した、壁紙リフォームの費用相場はこちらからご覧いただけます。
>>データで見るクロスリフォームの費用と相場

1. 壁紙の張り替えリフォームの方法

8畳の壁紙の張り替えリフォームをするときには主に2つの方法があります。

DIYとリフォーム会社の利用という2つの方法についてどのような内容になるかを簡単に確認しておきましょう。

1-1.DIYで壁紙を張り替える

壁紙をDIYでリフォームする方法は、クロスや施工の道具を用意して自分で壁紙を剥がし、新しいものを貼り付ける方法です。

近年では初めての人でもやりやすい道具も販売されていて、気軽にリフォームをDIYでできるようになってきています。

1-2.リフォーム会社に依頼する

リフォーム会社に依頼するのは壁紙に限らず家のリフォームをするときに一般的な方法として選ばれるようになりました。

相談してリフォームの内容を決めていき、日程を調整して張り替え作業を実施してもらいます。プロとして希望に応じた提案をしてくれるので、納得できる壁紙リフォームになると期待できます。

2.DIYで壁紙の張り替えをするのに必要な費用

8畳の広さなら自分でもできそうだと思う人もいるでしょう。

DIYで壁紙の張り替えをすると費用はどのくらい掛かるのでしょうか。DIYならクロスを用意し、張り替えに必要な道具を準備する費用程度しかかかりません。

DIYの場合の予算について目安を確認しておきましょう。

2-1.8畳の部屋の張り替えに必要なクロスの量

8畳の部屋の壁紙を張り替えるにはクロスを購入する必要があります。

正方形の一般的な8畳の部屋の場合には3600mm×3600mm×2500mmの大きさです。
クロスは巾が0.9mのものが市販されているので、8畳の部屋の壁紙を張り替えるには単純計算では39mほど必要になります。

ただ、部屋の形によっては端材ができてしまうため、もう少し必要になることもあるでしょう。

2-2.壁紙の張り替えに必要な道具

壁紙の張り替えをDIYでやるには道具を揃えなければなりません。少なくとも以下の4つは揃えておかないときれいに壁紙を張ることができないでしょう。

  • ヘラ
  • カッター
  • なでバケ
  • ローラー

他にも必要に応じて養生のためのマスキングテープなども用意する必要があります。

2-3.DIYで8畳の壁紙リフォームをするのにかかる費用

DIYで8畳の部屋の壁紙リフォームをするのにかかる費用はほとんどがクロスの費用です。

クロスの1mあたりの単価は200円~500円くらいになっています。40m必要だったとすると8000円~20000円です。道具は1000円もかからないものばかりです。

合計すると12000円~24000円くらいあればDIYでリフォームできるとわかります。

3.リフォーム会社に壁紙の張り替えを依頼する費用

8畳とはいえ自分でやるのは大変だったり、自信がなかったりする場合も多々あります。

リフォーム会社に施工してもらうと壁紙の張り替えはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

3-1.壁紙リフォームの費用を決める3つの要因

壁紙リフォームを依頼したときに費用を決める要因は3つあります。

壁紙の単価、部屋の広さ、業者の作業費です。それぞれについて費用への影響を簡単に見ておきましょう。

壁紙の単価

リフォーム会社に依頼するときには壁紙の種類を自由に選べます。

製品ごとに単価が違う設定になっていますが、単価についてもメートル単価と平方メートル単価の2種類があるので注意しましょう。

クロスの巾は0.9mなので1mの長さの場合には0.9㎡です。平方メートル単価は1㎡あたりの価格なので0.1㎡だけ広いことになります。リフォーム会社を比較するときには特に重要なので覚えておきましょう。

部屋の広さ

部屋が広いほど壁紙リフォームの費用は高くなります。必要はクロスの量が増えることに加えて、施工にかかる手間も大きくなるからです。

リフォーム会社に依頼する費用は単純に広さに比例するわけではないですが、8畳で取った見積もりを他の広さの部屋では使えないので気を付けましょう。

業者の作業費

リフォーム会社に依頼するときには作業費を支払って施工してもらいます。DIYなら無料になる部分です。

リフォーム会社によって作業費には大きな違いがあるので、比較すると良いポイントでしょう。

業者の作業費は内訳にも注意が必要です。出張費などが含まれている場合も含まれていない場合もあるからです。

3-2.8畳の部屋の場合にかかる費用相場

部屋の広さが8畳の場合にかかる費用相場は結論としては6万円~12万円くらいです。

選ぶクロスの種類や依頼先のリフォーム会社による違いが大きいので大きな幅が生じています。

壁紙の張り替えのメートル単価は1000円~2400円くらいが相場なので、40m必要だとすると4万円~9.6万円です。これに作業費などの諸々の費用を加えた金額を支払うことになります。

3-3.部屋の広さによる費用相場の違い

部屋の広さが違うときに費用に大きく影響するのはクロスの料金です。

作業量も増えますが、施工に必要なる時間はあまり変わらないので作業費には大きな差が生じない傾向があります。

そのため、部屋の広さが違うときにはクロスの料金分を計算し直せばおよその相場がわかります。

8畳ではクロスが40m必要なのに対して、6畳では33m、10畳では60mです。6畳の場合にはクロスが7mほど短くて済む分だけ7000円~9800円くらい安くなります。逆に10畳では20m分だけ必要なクロスが増えるので、2万円~4.8万円くらい高くなると計算できます。

3-4.壁の補修費用や養生費用などに注意

壁紙リフォームを依頼するときには他に発生する費用についても注意が必要です。

壁紙の張り替えでは補修費用や養生費用、廃材処理費などがかかります。壁が傷んでいると下地処理のために補修費用が数万円くらいになることもあります。

養生費用や廃材処理費は数千円程度が相場です。また、タンスを動かすときなどには家具移動費として1つあたり数千円かかることもあるので気を付けましょう。

4.8畳の壁紙リフォームはDIYとリフォーム会社のどちらが良い?

8畳の部屋で壁紙を張り替えたいと思ったときにはDIYとリフォーム会社のどちらが良いのでしょうか。ここまで紹介してきた内容を踏まえつつ、それぞれのメリットを考えてみましょう。

4-1.DIYで張り替えるメリット

DIYで壁紙を張り替えるメリットは費用が安くて済むことです。

8畳の場合でもリフォームを依頼するのに比べて数万円安くなるでしょう。自由に施工するタイミングを選ぶこともでき、依頼先を選ぶ必要もありません。自分のペースで進められるのがDIYで壁紙リフォームをする魅力です。

4-2.リフォーム会社に依頼するメリット

リフォーム会社に壁紙を張り替えてもらうメリットは施工の技術が優れているので完成度が高くなることです。

DIYでは手先の器用さや経験の豊富さによって、クロスにしわができるなどの問題が発生することもあります。リフォーム会社ならプロの技術で完璧に仕上げてくれるので安心です。

また、張り替えの作業をする手間もかからず、必要なクロスや道具の準備もしてもらえます。気軽に壁紙リフォームをしたいなら業者に任せる魅力が大きいでしょう。

5.リフォーム会社に依頼するときの選び方

リフォーム会社に依頼して壁紙を張り替えてもらうと決めた場合には、どの会社に依頼するかを検討するのが大切です。最後にリフォームの選び方のポイントを紹介するので参考にして下さい。

5-1.壁紙リフォームの実績を確認する

リフォーム会社を選ぶときには実績を確認するのがまず大切です。

大抵のリフォーム会社はリフォーム全般を請け負っていて、床の張り替えや外壁塗装などの多岐にわたるサービスがメニューに含まれています。しかし、対応可能なリフォームとして挙げられているだけで受注した経験がない場合もあるので注意しましょう。

壁紙の張り替えは技術が必要なので、実績がない業者に依頼するのは避けた方が安心です。公式サイトや店頭に載せられている実績や事例を確認して、壁紙の張り替えの経験が多いことをチェックしましょう。

5-2.壁紙リフォームの実例を紹介してもらう

実例を紹介してもらうのも壁紙リフォームを依頼するときには重要です。

経験や実績があったとしても、仕上がりが秀逸とは言えない場合もあります。リフォーム会社に相談を持ちかけたときに、仕上がりがどうなるかを見てみたいと伝えてみましょう。

顧客にモニター登録をしてもらっている会社なら実際に施工した部屋を見せてもらえます。現場で見られなかったとしても施工例の写真をビフォーアフターで見せてもらうなどの工夫をして、実例の出来栄えを確認するのが大切です。

5-3.担当者との付き合いやすさを見る

リフォーム会社に相談すると専属の担当者が決まるのが一般的です。

その担当者との付き合いやすさも壁紙リフォームを依頼するなら重要になります。壁紙の張り替えを実施してもらうまでに何度も打ち合わせをするだけでなく、完了報告を受けたり、その後にアフターフォローをしてもらったりする担当者です。

話を聞いてくれる、言っていることがわかりやすい、メールなどのレスポンスが早いなどといった観点から長い付き合いをしやすい担当者かどうかを見極めましょう。

5-4.アフターサービスが優れているかをチェックする

壁紙リフォームを依頼するときにはアフターサービスを重視してリフォーム会社を選ぶのが肝心です。

壁紙の張り替えをしてもらった直後は美しく仕上がったとしてもすぐにトラブルが起こることもあります。

クロスが浮いてきたり、端の方がはがれてきたりするトラブルはよく知られています。この際に無償保証ですぐに直してくれるアフターサービスがあるリフォーム会社は魅力的です。トラブル時の対応が早いかも口コミなどで確認しておくとより良いでしょう。

5-5.見積もりを取って複数社で比較する

安くて納得できる内容の壁紙リフォームを依頼できるのが理想的です。

施工の内容や期間、費用については見積もりを取ると正確にわかります。一つのリフォーム会社から見積もりを取っただけでは内容が適切か、期間が長くないか、費用が適正かは判断するのが困難です。他の会社からも見積もりを取って比較すると適切な相場がわかります。

壁紙の選択肢にも違いがあることが多いので、複数社に相談して見積もりを取り、満足できる業者に依頼しましょう。

 

壁紙(クロス)貼り替えの依頼先で迷っている方はこちらの記事も参考にしてください。
>>壁紙リフォームの業者選びで迷ってる人へ|おすすめ業種や探し方解説

6.まとめ

8畳の部屋の壁紙リフォームはDIYでもリフォーム会社に依頼してもできます。

一般的な費用を比較してみるとDIYの方が安いのは確かですが、リフォーム会社にした方が手間もかからず、仕上がりも美しくなるのがメリットです。

リフォーム会社によって費用、技術、サービスなどに違いがあるので、まずは壁紙リフォームの見積もりを取って比較するのが大切です。

DIYも含めて比較検討してみるとより良い方法で壁紙を張り替えられるでしょう。

(壁紙・クロスリフォームの関連記事)

全ノウハウまとめ
壁紙クロスの張り替えを成功させる全ノウハウまとめ

その他関連記事

壁紙・クロスリフォームの費用と相場


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。