8畳の壁紙の張り替えをする方法は?リフォーム会社の費用相場も大公開!

8畳壁紙張り替え費用

壁紙の張り替えをして模様替えをしたり、美しい部屋に仕上げたりしたいと思ったものの、どうやってやったら良いのかと悩んではいないでしょうか。

この記事では8畳の部屋で壁紙リフォームをするときの一般的な方法を詳しく掘り下げて紹介します。

リフォーム会社を利用するときにかかる費用相場も説明するので参考にして下さい。

また、リフォームガイドが実際の見積もりを集計して算出した、壁紙リフォームの費用相場はこちらからご覧いただけます。
>>データで見るクロスリフォームの費用と相場


1. 壁紙の張り替えリフォームの方法

8畳の壁紙の張り替えリフォームをするときには主に2つの方法があります。

DIYとリフォーム会社の利用という2つの方法についてどのような内容になるかを簡単に確認しておきましょう。

1-1.DIYで壁紙を張り替える

壁紙をDIYでリフォームする方法は、クロスや施工の道具を用意して自分で壁紙を剥がし、新しいものを貼り付ける方法です。

近年では初めての人でもやりやすい道具も販売されていて、気軽にリフォームをDIYでできるようになってきています。

1-2.リフォーム会社に依頼する

リフォーム会社に依頼するのは壁紙に限らず家のリフォームをするときに一般的な方法として選ばれるようになりました。

相談してリフォームの内容を決めていき、日程を調整して張り替え作業を実施してもらいます。プロとして希望に応じた提案をしてくれるので、納得できる壁紙リフォームになると期待できます。


2.DIYで壁紙の張り替えをするのに必要な費用

8畳の広さなら自分でもできそうだと思う人もいるでしょう。

DIYで壁紙の張り替えをすると費用はどのくらい掛かるのでしょうか。DIYならクロスを用意し、張り替えに必要な道具を準備する費用程度しかかかりません。

DIYの場合の予算について目安を確認しておきましょう。

2-1.8畳の部屋の張り替えに必要なクロスの量

8畳の部屋の壁紙を張り替えるにはクロスを購入する必要があります。

正方形の一般的な8畳の部屋の場合には3600mm×3600mm×2500mmの大きさです。
クロスは巾が0.9mのものが市販されているので、8畳の部屋の壁紙を張り替えるには単純計算では39mほど必要になります。

ただ、部屋の形によっては端材ができてしまうため、もう少し必要になることもあるでしょう。

2-2.壁紙の張り替えに必要な道具

壁紙の張り替えをDIYでやるには道具を揃えなければなりません。少なくとも以下の4つは揃えておかないときれいに壁紙を張ることができないでしょう。

  • ヘラ
  • カッター
  • なでバケ
  • ローラー

他にも必要に応じて養生のためのマスキングテープなども用意する必要があります。

2-3.DIYで8畳の壁紙リフォームをするのにかかる費用

DIYで8畳の部屋の壁紙リフォームをするのにかかる費用はほとんどがクロスの費用です。

クロスの1mあたりの単価は200円~500円くらいになっています。40m必要だったとすると8000円~20000円です。道具は1000円もかからないものばかりです。

合計すると12000円~24000円くらいあればDIYでリフォームできるとわかります。