壁紙クロスの張り替えを成功させる全ノウハウまとめ

壁紙の張り替えリフォームを実施する場合、やはり費用相場が気になるところでしょう。

特に初めてリフォームを経験する人からしてみれば、ピンとこない部分があるはずです。

本記事では、壁紙の張り替えリフォームについて、

  • 費用相場
  • 費用をおさえる方法
  • 壁紙の選び方

などについて、詳しく解説します。

1.壁紙クロスの張り替えの相場費用

まずは、壁紙の張り替えにおける費用相場を確認してみましょう。

壁紙の張り替えにかかる費用は、以下3つの要素で変動するものです。

  • 部屋の種類
  • 張り替えする面積
  • 使用する壁紙のグレード

壁紙のグレードには、

  • スタンダードクロス(800円〜1,100円/1平米)
  • ハイグレードクロス(900円〜1,500円/1平米)

の2種類が存在します。

スタンダードクロスは、

  • 価格が安い
  • シンプルかつスタンダードな色合い
  • 凹凸のある部分にも張り付けしやすい

といった特徴があります。

特別な事情がない場合、壁紙にはスタンダードが使われています。

ハイグレードクロスは、

  • 価格はスタンダードクロスよりも高め
  • はっ水性、消臭効果、耐熱性などにすぐれる
  • デザインが非常に豊富であり、オシャレな仕上がりになる

といった特徴があるものです。

より詳しく知りたい人は、「部屋別!壁紙張り替えの費用とお得なリフォーム方法を徹底解説」も読んでみて下さい。

1-1.6畳のクロス張り替え費用相場(工事費含む)

6畳の場合は、壁紙張り替えリフォームについてはおおむね以下のような費用がかかります。

  • スタンダード:45,000円〜54,000円
  • ハイグレード:63,000円〜72,000円

6畳における壁紙張り替えのリフォームなら、上記のとおりさほど費用はかかりません。

1-2.8畳のクロス張り替え費用相場(工事費含む)

8畳における壁紙の張り替えリフォームについては、以下のとおりです。

  • スタンダード:54,000円〜65,000円
  • ハイグレード:76,000円〜86,000円

1-3.12畳のクロス張り替え費用相場(工事費含む)

12畳における壁紙の張り替えリフォームでは、以下のような費用がかかります。

  • スタンダード:70,000円〜84,000円
  • ハイグレード:98,000円〜112,000円

というように12畳となると、場合によっては10万円以上の費用がかかってきます。

1-4.14畳のクロス張り替え費用相場(工事費含む)

リビングなどでは、14畳以上の広さになることもあるでしょう。

その場合、張り替えには以下のような費用がかかります。

  • スタンダード:105,000円〜126,000円
  • ハイグレード:147,000円〜168,000円

14畳ともなってくると、壁紙の張り替えだけでも相当な費用がかかるとわかります。

それなりに高額なリフォームになることを知っておきましょう。

2.壁紙クロスの張り替えの費用を抑える方法

壁紙の張り替えについては、「できるだけリフォーム費用をおさえたい」と思っている人も多いでしょう。

特に張り替える部屋が大きければ多いほど、費用は気になりますよね。

壁紙の張り替えリフォームの費用をおさえるなら、以下2点についておさえておきましょう。

  • 火災保険の適用範囲かどうか?
  • 補助金・助成金が使えるかどうか?

ちなみに「壁紙リフォームで理想のお部屋を実現!失敗しない選び方を完全解説」でも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

2-1.安い量産タイプの壁紙で張り替える

クロスの種類は「量産タイプ」と「1000番台」「1000クラス」などと言われる、平米単価1000円以上のものがあります。

量産タイプは約850円/㎡と比較的安価で、広い範囲を施工する際は、価格に大きく差が出てきます。

例えば15畳の部屋を、天井を含めた壁全体を施工する場合、施工面積は約100㎡となり、量産タイプのもので施工すると約8万5千円、1000クラスのもので施工すると約12万円(1200円/㎡で計算)となります。

2-2.火災保険の適用範囲か確認する

壁紙の張り替えについては、火災保険の適用範囲を確認しておくのが重要です。

なぜなら、火災保険の保険金で、壁紙の張り替え費用を負担してもらえるケースもあるから。

火災保険は、火災や水難だけを補償するものではありません。

壁紙の張り替えについても、火災保険が適用されることもあるのです。

ただし、壁紙の張り替えリフォームが適用範囲かどうかは契約内容になります。

かならず、火災保険の適用範囲はチェックし直してみましょう。

2-3.補助金/助成金が使えるか確認する

壁紙の張り替えについては、補助金や助成金が使えるかもしれません。

もし使えるのであれば、壁紙の張り替えにかかる費用は、かなりおさえられるでしょう。

たとえば、一部市町村には「住宅リフォーム助成制度」というものがあります。

これは、工事費用が20万円以上かかる壁紙の張り替えについて、総額×5%が補助金として支給される制度です。

もしリフォームに20万円かかっているなら、1万円が補助されるわけですね。

壁紙の張り替えで利用できる補助金や助成金がないか、一度チェックしてみましょう。

また市町村ではなく、政府や都道府県が制度を持っている場合もあるので、これもチェックしておくことが大切です。

補助金と助成金が適用されれば、壁紙の張り替えリフォームにかかる費用は、グッとおさえられるでしょう。

3.壁紙クロスの選び方

壁紙の張り替えリフォームでもっとも、大切なのは、やはり「どの壁紙を選ぶか?」ということ。

とはいえ

  • デザインはどのようにして選べばいいの?
  • グレードは何を選べばいいのかわからない
  • 機能性はどうすればよいか、ピンとこない

という人も多いでしょう。

下記では、壁紙の選び方におけるポイントを3つ紹介します。

また、「壁紙リフォームで理想のお部屋を実現!失敗しない選び方を完全解説」も併せて参考にして下さい。

3-1.デザインで選ぶ

壁紙の張り替えリフォームをするなら、やはりデザインを中心に考えましょう。

このあたりは、自分自身や同居している家族が、「ステキなデザインだ」と思えるものを選ぶのがポイント。

そして、

  • 家具の色と合っているか?
  • 床の色と相性は合っているか?
  • その部屋での過ごし方と合っているか?

といった点について意識するとよいでしょう。

ちなみに壁紙の張り替えリフォームでは、実際に使われる壁紙が一覧で掲載された「サンプルブック」も参照することも大切です。

実際に壁紙を決める前に、サンプルブックもチェックしておきましょう。

3-2.グレードで選ぶ

壁紙の張り替えをする際は、やはりグレードも重要です。

先ほども触れたとおり、壁紙には、

  • スタンダードクロス
  • ハイグレードクロス

の2種類があります。

基本的にはスタンダードクロスが、安価かつシンプルなものだと考えて問題ありません。
そこまで壁紙にこだわりがないなら、スタンダードクロスでも満足できるでしょう。

ハイグレードクロスは、デザイン性が高く、種類も豊富です。
そしてスタンダードクロスにはない色や柄などもラインナップされています。
ただし、価格はスタンダードクロスよりも割高です。

このあたりもサンプルブックを参照しつつ、予算と相談するとよいでしょう。

3-3.機能性で選ぶ

壁紙の張り替えリフォームを実施するときは、デザインだけではなく機能性もポイントとなります。

特にハイグレードクロスでは、

  • はっ水性
  • キズ防止性
  • 防汚性
  • 防臭機能
  • 防カビ性

を持っているものがあります。

こういった機能性を持っている壁紙なら、日々の暮らしも向上するでしょう。

たとえばキッチンであれば、はっ水性ある壁紙に張り替えリフォームするといった方法が考えられます。

ただしスタンダードクロスで期待できる機能は、基本的に「防カビ性」のみとなるので注意して下さい。

4.壁紙クロスリフォームでおしゃれにする方法

せっかく壁紙を張り替えるなら、やはりできるだけおしゃれに仕上げたいですよね。

とはいえ、リフォームを始める前にきちんと計画しておかないと、思ったとおりの仕上がりにはなりません。

中には、「壁紙を張り替えたけれど、失敗してしまった!」という人もいます。

おしゃれでスタイリッシュな壁紙張り替えリフォームを実施するなら、以下のような点はかならずおさえておきましょう。

4-1.家具との配色を考える

先ほども触れましたが、壁紙をリフォームするとなると家具との配色を考える必要があります。

なぜなら家具と壁紙の色が一致していないと、統一感が出ず、あまりオシャレには見えないからです。

たとえば家具がウッド調なら、張り替える壁紙もウッド調に近いものがよいでしょう。

4-2.アクセントクロスを使う

おしゃれに壁紙の張り替えリフォームしたいなら、アクセントクロスを使うことも考えておきましょう。

アクセントクロスとは、簡単に言えば部屋の一部だけに目を引くようなデザインをあしらうものです。

たとえば白基調の壁紙で、一部だけ青色にしたいといったとき、アクセントクロスが使われます。

洋服のコーディネートにおける、「差し色」のようなものですね。

アクセントクロスを上手に使えば、シンプルすぎずデザイン性が高い壁紙の張り替えリフォームとなります。

単調な色合いではなく、遊び心が感じられるはずです。

壁紙の張り替えリフォームでおしゃれに仕上げたいなら、アクセントクロスも活用してみましょう。

4-3.部屋のテーマやコンセプトを決める

壁紙の張り替えリフォームを実施するときは、やはりおしゃれに仕上げる「イメージ」を作ることが重要です。

たとえば、

  • ウッド調で落ち着きある色合いに
  • 黒色・灰色でシックにまとめる
  • ホワイト・ベージュで清潔に仕上げていく

といった形ですね。

きちんとテーマとコンセプトを確定してから、壁紙の張り替えリフォームをするようにしましょう。

5.壁紙クロス張り替えをすべき時期と工期

続いて、壁紙の張り替えを実施するべき時期と工期について考えてみましょう。

5-1.壁紙クロスの張り替えをすべき時期

壁紙の張り替えをするべき時期としては、おおむね5年から10年周期と考えておきましょう。

ただしグレードによっては、もう少し長く使える場合もあります。

また、壁紙の寿命は生活環境によっても大きく変化するものです。

たとえば毎日部屋の中でタバコを吸っているなら、黄ばみや汚れはひどくなります。
当然、こうなれば壁紙の寿命は短くなっていくわけす。

状況応じて、リフォームのタイミングは臨機応変に判断しましょう。

より詳しく知りたい人は、「壁紙リフォームの費用相場・クロス張り替えのよくある失敗と対策8選」も読んでみてください。

5-2.壁紙クロス張り替えの工期

壁紙張り替えの工期は、おおよそ半日から一日程度の期間がかかります。

リフォームとしては短期間ですが、その間部屋を使えなくなる点には注意しましょう。

6.壁紙クロスの張り替え業者を選ぶ方法

壁紙の張り替えにおいては、リフォーム業者の選び方がとても重要です。

リフォーム業者の価格設定や技術によって、壁紙の仕上がりや費用は大きく異なります。

とはいえ、壁紙の張り替えにおけるリフォーム業者を、どのように選べばよいかわからない人は多いでしょう。

下記では、リフォーム業者の選び方について解説します。

6-1.地元の工務店から選ぶ

壁紙の張り替えをする場合、まずは地元の工務店から選ぶ方法が考えられます。

なぜなら、地元の工務店であれば、アフターケアが期待できるからです。

地元の工務店は、いわゆる「地域密着」の考えに基づいて、顧客を大切にする習慣があります。

何かトラブルがあった場合は、かなり手厚いサポートが期待できるはずです。

壁紙の張り替えでリフォーム業者を探す場合、地元の工務店はかならずチェックしておきましょう。

6-2.複数の業者から見積もりをとる

複数の業者から見積もりを取るのもよいでしょう。

いわゆる、「相見積もり」取る、というわけですね。

壁紙の張り替えにかかる費用は、リフォーム業者ごとでさまざま。相見積もりを取れば、どこに依頼するのがもっともリーズナブルなのかわかりやすくなります。

ただし、相見積もりをする場合は、以下のような点について注意しましょう。

  • 「ウチは相見積もりしている」と、堂々とは言わない
  • 「他社はこれくらい安くしてくれている」などとは言わない
  • あまりにもたくさんのリフォーム業者から見積もりを取らない(時間がかかりすぎる)

特に壁紙の張り替えを実施するリフォーム業者からしてみれば、「相見積もりを利用して値切るようなスタンス」は印象がよくありません。

サービスの低下や今後のアフターケアに影響が出るかもしれないので、注意しましょう。

6-3.見積もりが詳細か確認する

壁紙の張り替えリフォームを実施する場合、見積もりが詳細か確認するようにしましょう。

見積もりがいい加減だと、本来は必要でない工費を盛り込んでいるかもしれません。

つまり、「水増し」した状態の見積もりを出してくるかもしれないのです。

ほとんどの場合は正しい見積もりを出しますが、ごくまれに不自然な見積もりを出す業者もいるのが実情です。変な費用が見積もりに乗せられていないか、きちんとチェックしましょう。

(豆知識)壁紙クロスの張り替え時、エアコンはそのままでいいの?

壁紙を張り替えリフォームする際、エアコンは取り外さないといけないのか?という疑問が生まれる方も多いと思います。

壁紙張り替えの際は、基本的にエアコンはそのままでも問題ありません。

業者によっては、配管をつないだまま取り外し、クロスを貼った後に元に戻すという方法で行う場合もあります。

ただ、張り替え工事をする業者は電気工事専門ではないため、完全に取り外さないとはいえ、エアコンのある部屋の壁紙張り替えは実績のある業者を選ぶことをおすすめします。

7.まとめ

壁紙の張り替えリフォームは、さほど費用がかかるものではありません。

安ければ、50,000円程度で可能です。

また、火災保険の適用や補助金・助成金によって、より費用がおさえられるケースもあります。

ただし費用は、壁紙の種類や部屋の広さによって変動する部分も。

壁紙のデザイン性や機能性なども念頭に入れつつ、予算と相談しながらリフォームの方向性を考えていきましょう。

(壁紙・クロスリフォームの関連記事)

全ノウハウまとめ
壁紙クロスの張り替えを成功させる全ノウハウまとめ

その他関連記事

壁紙・クロスリフォームの費用と相場


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。