壁紙リフォームは「DIY」vs「プロに依頼」どっちがいい?費用や注意点も解説

壁紙リフォーム DIY

住まいの大きな面積を占めるだけに、壁紙のリフォームは大きな変化をもたらします。
いっぽうで気になるのが、貼り替えにかかる費用です。

本記事では、壁紙DIYにまつわるこんな疑問にお答えします。

  • 壁紙を自分でDIYする際にかかる費用
  • 業者に頼んだ方がいいケース
  • 壁紙をDIYする際の注意点

「自分でやってみたいけど、きちん完成させられるのかが心配だ」と考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

実際の見積もりから算出した壁紙(クロス)リフォームの費用相場をチェック!


1.壁紙をDIYする際の費用相場

壁紙はDIYで張り替えが可能です。最近では裏紙をはがして貼ることができる壁紙もあります。

まずはどれくらいの金額でDIYが可能なのかを見ていきましょう。

面積にもよりますが、一般的な量産クロスであれば、1平方メートル単価500円~1,000円
6畳一間の壁だけの貼り替えであれば、DIYだと1万円ほどの予算で実施可能です。

DIYの場合は、実際のところ壁紙のお金がかかるだけ。

DIYでかかる費用は、業者に依頼する3分の1程度で済むと考えておくといいでしょう。


2.壁紙をDIYする場合の費用相場を、内容ごとでチェックしよう

実際の見積データから算出したクロスリフォームの費用と相場によると、クロスリフォームの相場は8.8万円~17.7万円と大きく差があります。
これは、使用するクロスの単価やリフォームする壁の広さによる違いです。さらにこの価格は業者に依頼した場合の価格なので、工賃や出張費が含まれます。

DIYの場合は、先ほども触れたとおり、基本的には材料費がかかるだけです。
ここではDIYで壁紙を貼り替えた場合、どれくらいの時間で作業が可能なのかを見ていきましょう。

DIYで使用可能な壁紙で、よく使われる3種類について解説します。

壁紙の種類 費用 工程 作業にかかる時間
糊付き壁紙 メートル単価1,000円~(幅92cm) 糊がついており裏紙をはがしてそのまま貼る 1日
貼ってはがせる壁紙 メートル単価700円~(幅92cm) シールをはがして貼る 1日
輸入壁紙(糊なし) メートル単価1,200円~(幅48~53cm) 糊を事前に用意して塗ってから貼る 1日~1日半

糊付きクロスは簡単なように見えますが、乾いてしまうと貼り付かないので手際よく作業をしないといけません。また、購入して1ヶ月以内に使わないと糊が乾いてしまうため注意が必要です。

糊のついていないクロスも、糊を乾かす時間が必要です。基本的には一気に貼る必要があるため、作業は短時間でしなければなりません。

賃貸の場合は、糊残りの心配がない、「貼ってはがせる壁紙」がおすすめ。これなら原状回復を求められることもなく安心してDIYできます。


3.壁紙は、DIYと業者依頼どっちがいい?

「壁が汚れてきたから何とかしたい」「部屋のイメージチェンジをしたい」と壁紙のDIYを考えた場合、気になるのが手間やお金です。

壁紙以外にも道具を揃える必要もあるので「業者にお願いした方が早いのでは?」ということもあります。
しかし、業者依頼するか、自分でDIYしたほうがいいのか判断が難しい部分もあるでしょう。

ここでは、DIYと業者リフォームについての判断基準を2パターン解説します。

  • 業者にリフォームを依頼すべき人
  • DIYすべき人

3-1.業者にリフォームを依頼すべき人  

まずは、業者にリフォーム依頼すべき人について解説しましょう