戸建てリフォームの工期はどれくらい?全面リフォームも部分リフォームも

戸建てリフォーム 工期

戸建てのリフォームをする際に、どれだけの工期や費用がかかるかは、たいへん気になるところです。

「戸建てのリフォームの工期について知りたい」「一戸建てのリフォームの箇所別の工期や費用が知りたい」

このように考えている方も多いはず。そこで、この記事では戸建てのリフォームの工期について、以下の内容について説明していきます。

  •  戸建てのリフォームの工期の見積もり方
  •  リフォームの工期を決める要因
  •  戸建てのリフォーム箇所別の工期と費用
  •  工期が長くなってしまう要因とその対策

リフォームについて、工期や費用のことで悩んでいる場合はぜひ参考にしてみてください。


1.戸建てのリフォームの工期の見積もり方

戸建てのリフォームする場合、家全体の内装や設備を改修する「全面リフォーム」と、キッチンや浴室など部分的に改修する「箇所別のリフォーム」の、大きく2つにわけて考えることができます。

まずは、全面リフォームの工期について説明していきます。

1-1.全面リフォームの工期について

全面リフォームのスケジュールについて、リフォーム工事の工期だけでなく、それ以外の期間も含めて具体的に説明します。

リフォームの計画を立てる

全面リフォームをするにあたっては「どの箇所をどのようにリフォームしたいのか」をしっかりとまとめる必要があります。あいまいな部分があったり、家族の中で意見が違ったままでいると、リフォーム会社との打合せの際に希望や意見をまとめる時間が余分にかかってしまいます。例えば、「キッチンのリフォームで間取りも変える」「トイレのリフォームで内装は改修しない」など具体的にリストアップしておきます。

リフォームの内容が決まったら、リフォーム会社を決めることになります。リフォームの実績や得意な改修箇所、評判などをもとにして、複数の会社に見積もり(相見積もり)を取り決定します。

全面リフォームの計画を立てるのにどれだけの期間がかかるのかは一概に言えません。予算のことも含めて、家族の意見をまとめることになりますので、1カ月かそれ以上の期間を見ておくといいでしょう。

リフォーム会社との打ち合わせ・契約

リフォーム会社が実際に現地を訪問し、現状を調べて改修の範囲・方法などを確認します。

その後、要望や予算をもとにして、リフォーム会社が「リフォームプラン」を作成してくれます。

そして、仕上がり具合や費用など、納得するまで繰り返し打ち合わせをします。実際に目で確かめたい場合は、ショールームなどに行って確認することもあります。およその工期もここでわかります。

この段階で工事担当者からリフォームの完成予定日が伝えられます。ただし、実際に工事が始まってから劣化状態や改修範囲が詳しくわかり、追加工事が発生することがあり、正確な工期や費用、完成日が決まるのは工事に取り掛かった後になります。

リフォームの内容や工期、費用などが納得できたら、リフォーム会社と契約します。ただし、契約後も色の選択などの細かな打ち合わせが入ることが一般的です。

契約から工事が始まるまで、近隣へのあいさつや仮住まいの準備などがあり、最も忙しい期間となります。

リフォーム会社との打ち合わせから契約まで、およそ2カ月から3カ月かかるようです。

リフォーム工事

工事の前にリフォーム会社の担当者が自宅を訪問し、最終的な確認作業をします。その後、実際のリフォームの工事が始まります。リフォームの工期というのは、この実際の工事期間をいいます。

外装や外構の工事がある場合、天候などの影響で工期が伸びてしまうことがあります。規模や改修範囲によって幅がありますが、リフォーム工事の工期(工事期間)はおよそ1.5カ月から4カ月程度が多いようです。

工事が完成したら「完成検査」を行い、双方が納得して引き渡しとなります。

全面リフォームの工期のまとめ

戸建ての全面リフォームの工期や期間についてまとめます。

内容期間詳細
リフォームの計画を立てる一般に1カ月以上 
リフォーム会社との打ち合わせ・契約2~3カ月現地訪問、打ち合わせ、契約
リフォーム工事(このリフォーム工事の期間が「工期」のことです)1.5~4カ月工事前確認、工事、完成検査
期間合計4.5~8カ月以上

1-2.リフォーム箇所別の工期について

リフォームの箇所別の工期については、場所や環境、規模や改修範囲などによって随分違ってきます。箇所別の工事期間(工期)についての詳細は、後述の「3.戸建てのリフォーム箇所別の工期と費用」で、それぞれの改修箇所の工期と、およその費用について説明します。


2.リフォームの工期を決める要因

ここでは、「全面リフォーム」と「リフォーム箇所別」2つにわけて、リフォームの工期を決める要因についての説明をしていきます。

2-1.全面リフォームの工期を決める要因

全面リフォームの場合は特に、築年数、家の規模、搬入や搬出のしやすさ、内部の状態や配管の取り回し、天候などによって大きく変動します。

築年数が古い戸建ての場合は、平面図や仕様書がそろっていなかったり、素材や施工の仕方がわからなかったりすることがあります。その場合は実際に工事をしながら施工方法や素材を考えていくことになり、その分の工期が伸びてしまうことになります。

また、それぞれの箇所においての工事の複雑さや範囲によっても工期が変わってしまいます。

2-2.リフォーム箇所別の工期を決める要因

箇所別のリフォームに関して工期を決める要因はさまざまです。家の築年数も大きな要因になりますが、どこまでの範囲でリフォームするのかでも工期が変わってきます。

例えば玄関のリフォームについては玄関扉の形状や大きさを変えるのかどうか、玄関まわりの工事はどこまでするかなどで工期は大きく変わります。

浴室についても、浴槽だけの交換なのか、浴室の内部までリフォームするのかで工期が変わってきます。

リフォーム会社との打ち合わせの際