フローリングの張り替えを成功させる全ノウハウまとめ

長く住んでいる自宅も、時間が経てばフローリングの張り替えが必要となります。

フローリングが古いままだと、見栄えが悪いだけでなく転倒などの危険もあるので、意外と重要なリフォームのポイントです。

とはいえ、

  • フローリングの張り替えってどんなもの?
  • 費用はいくらくらいかかるの?
  • フローリングの張り替えって、いつすればいいの?

といった疑問を抱えている人は多いでしょう。

本記事では、

  • フローリングの張り替え方法
  • 張り替えにかかる相場費用
  • フローリングの張り替え時期、工期

などについて、詳しく解説します。

1.フローリングの張り替え方法

フローリングの張り替え方法には、

  • 重ね貼り
  • 張り替え

というふたつが存在します。

下記では、それぞれについて詳しく解説します。

1-1.重ね貼り

ひとつ目は、「重ね貼り」というもの。

重ね貼りとは、簡単いいれば、「今ある床材の上に、新しいフローリング素材を上から重ねる」というものです。

とてもシンプルな張り替え方法ですね。

1-2.張り替え

張り替えは、今ある床材を剥がして、新しいフローリング素材を重ねる、というものですね。

業者によっては、「新規張り」という表現をする場合もあります。

2.フローリングの張り替えに使う素材

フローリングの張り替えでは、

  • 複層フローリング
  • 無垢フローリング

のうち、いずれかが使用されます。

そして、いずれもメリットとデメリットも持っているものです。

下記でそれぞれについて解説するので、参考にしてください。

2-1.複層フローリング

まずはフローリングの張り替えにおける「複層フローリング」について解説しましょう。

これは、複数の合板で構成されている下地材に、フローリング素材を組み合わせること。

つまり、合板に対して上から木目のシートなどをかぶせているわけですね。

費用が安いのにもかかわらずメンテナンスしやすく、扱いやすいのがメリット。

また、最近はシートなどのデザイン性もかなり向上しています。

2-2.無垢フローリング

「無垢フローリング」とは、一言で言えば自然の木から切り出された自然な木材のこと。

無垢材、という言い方をする業者もいます。

とてもナチュラルな見た目と、温かみ・香りが感じられるのがメリット。

また、湿気を吸ったり吐き出したりする特性もあるので、調湿する効果も期待できます。

3.フローリングの張り替えの相場費用

フローリングの張り替えにかかる相場費用については、ほとんどの人がピンとこないはず。

普段考える機会があるわけでもないので、わからないのは当然のことでしょう。

フローリングの張り替え費用としては、おおむね以下のとおりです。

  費用相場(単位:万円)
フローリングの種類 4.5畳 6畳 8畳
複層フローリング 7.2〜8.9 8.3〜10.4 9.6〜12.5
複層フローリング+防音 10.5〜12.5 12.6〜15.3 15.4〜19.0
無垢フローリング 7.6〜10.1 8.8〜12 10.4〜14.7
無垢フローリング+防音 10.9〜13.7 13.1〜16.9 16.1〜21.2

小規模なフローリングの張り替えであれば10万円もかからないでしょう。というように、フローリングの張り替えは面積やフローリングの種類に、あるいは防音機能の有無で大きく変化します。

ただし全面的にフローリングを張り替えるといったことであれば、100万円近い費用がかかるかもしれません。

ひとまず相場をつかむなら、「6畳あたり8万円~17万円くらい」、と覚えておくとよいでしょう。

詳しくは、「フローリングの張り替えリフォームにかかる費用相場はいくら?」にて紹介しているので、参考にしてください。

また、畳からフローリングに張り替えたい方は、「畳をフローリングにリフォームする費用と基礎知識」をご覧ください。

こちらでは、具体的な施工例や仕上がりにも触れています。

4.フローリング張り替えをすべき時期と工期

フローリングの張り替えについては、

  • 張り替えの時期
  • 工期(工事日数)

がわからないという人も多いでしょう。

時期と工期は状況によってまちまちですが、おおむね以下のとおりです。

4-1.フローリングの張り替えをすべき時期

フローリングの張り替えをすべき時期としては、おおむね15年から20年程度と考えておきましょう。

ただし環境次第では、これよりも長くなれば、短くなることもあります。

また、

  • 凹みが多数確認する
  • きしむ音がする場所が多い
  • 色あせがひどい

といった場合は、時期に関わらずフローリングの張り替えを実施してもよいでしょう。

傷みすぎたフローリングは、転倒などの危険があります。

また、フローリングとは別の基礎部分に影響を与えて、余計なリフォームの手間と費用がかかってしまうかもしれませんん。

4-2.フローリング張り替えにかかる期間・日数

フローリングの張り替え後期としては、おおむね以下のとおりです。

  工事にかかる期間・日数
フローリングの種類 4.5畳 6畳 8畳
合板フローリング 1日 1日 1〜2日
合板フローリング+防音 1〜2日 1〜2日 1〜2日
無垢フローリング 1日 1日 1〜2日
無垢フローリング+防音 1〜2日 1〜2日 1〜2日

ただし、「現場が遠い」・「張り替え場所に家具が置いてあるといった事情がある場合、工期は少し長くなる可能性もあるでしょう。というようにフローリングの張り替えにかかる工期は、1日ないし2日で終わるはずです。

あくまでも上記については、目安として考えてください。

>>フローリング張り替えの時期はいつ?張り替え時期と費用の目安を解説!

5.フローリング張り替え時のポイント/注意点

フローリングの張り替えにおいては、いくつかのポイントと注意点があります。

特に以下のような点については、かならず確認しておきましょう。

5-1.賃貸物件は現状復帰ができるようにする

当然ながら、賃貸物件でフローリングの張り替えを実施するなら、現状復帰できるようにしておきましょう。

現状復帰とは、「入居したての状態に戻すこと」ですね。

賃貸契約書には、おそらく「現状回復義務の範囲」という項目があります。

そしてフローリングの張り替えは、その範囲内にあるわけですね。

もし退去時に現状復帰できていない場合は、やはり現状回復費が請求されるかもしれません。

現状回復費の請求額は、居住年数や工事の内容によって変わります。

基本て形には現状復帰ができないようなフローリングの張り替えは、避けたほうがよいでしょう。

5-2.マンションは遮音等級を確認

マンションでフローリングの張り替えを実施する場合は、かならず「遮音等級」を確認しておきましょう。

遮音等級とは、一言で言えば「下の階に対して、どれくらい音が響くか」をあらわすもの。

つまりマンションごとで、「これ以上遮音等級が低いものはNG」というのが、定められているわけです。

マンションでフローリングの張り替えを実施する場合は、確実に「謝恩等級」を確認しておきましょう。

遮音等級に関する詳しい情報は、「【プロが教える】マンションのフローリング張り替えの費用・注意点 」にて解説しているので、参考にしてください。

5-3.床暖房も検討してみる

せっかくフローリングを張り替えるのなら、床暖房も検討するのがよいでしょう。

床暖房を設置する際は新しい床材に切り替わるので、フローリングの張り替え工事と同じ意味合いもあります。

床暖房の場合は、およそ6畳あたり25万円から50万円程度の費用がとなるでしょう。

しかし、ただ単にフローリングの張り替えをするよりも、コスパはよいかもしれません。

フローリング張り替え時には、床暖房への切り替えも検討するのがおすすめです。

詳しくは、「床暖房リフォームの費用相場を種類別に完全解説!費用を抑える方法も!」を参考にしてください。

6.フローリング張り替えで使える補助金

フローリングの張り替えでは、補助金が利用できるかもしれません。

「フローリングぐらいで補助金は下りないだろう」と思ってしまう人も多いようす。

しかしながら張り替えのために補助金が助成されるケースは多いので、確認しておきましょう。

たとえば、国は「高齢者住宅回収費用助成制度」という制度を運用しています。

これが適用されれば、フローリング張り替えにかかる費用の最大9割が、補助金として支払われる仕組みです。

また、地方自治体がフローリング張り替えを対象とした独自の制度を運用している場合もあります。

利用できる補助金がないか、フローリング張り替えを始める前に確認しておきましょう。

7.フローリング張り替えを業者に依頼する際のポイント

フローリングの張り替えをするなら、たいてい業者に依頼することとなるでしょう。

しかし、

  • どのように依頼すればよいかわからない
  • どんな業者に依頼するべきか、わからない
  • 変な業者には当たりたくない

と、感じている人も多いでしょう。

フローリング張り替えを業者に依頼する場合、以下のようなポイントをおさえておきましょう。

7-1.地元の工務店から選ぶ

フローリングの張り替えにおいては、やはり地元の工務店へ依頼するのがおすすめです。

なぜなら、地方の工務店は大手よりも費用が安いから。
大手に依頼するよりも3割ほど安い金額で、依頼できる可能性もあります。

また、担当者との距離が近いため、コミュニケーションを取りやすいのもメリット。

また、地元の工務店はアフターケアなどがすぐれているケースも多々あります。
基本的に工務店は地域密着型で、地元の顧客には親切な傾向にあります。

よって工務店へフローリング張り替えを依頼すれば、工事終了後もかなり安心できるでしょう。

ただし、だからといって大手リフォーム会社が悪いわけではありません。

費用は高くても安心できる、素材が均一なので品質が安定するといったメリットもあります。

7-2.複数の業者から見積もりをとる

また、複数の業者から見積もりを取ることも重要です。
一般的に「相見積もりを取る」ということですね。

相見積もりを取れば どこがコスパよく工事してくれるか、一眼でわかります。

また、フローリングの張り替えにおける相場感をつかむうえでも役立つでしょう。

ただし、中には「安いけれど、品質が低い業者」も存在します。
安さだけでなく、きちんと納得できるリフォームの張り替えを実施してくれるか注意しましょう。

7-3.見積もりが詳細か確認する

フローリング張り替えの場合、見積もりが詳細か否か確認しておくことが重要です。
なぜなら、いい加減な見積もりを書いて、余計な費用を発生させようとするケースもあるから。

たとえば、「一式」や「在工」といった言葉ばかりが使われている場合は注意が必要です。
本来なら詳しく書くべきことを、都合が悪いからこのように書いたりしているのかもしれません。

見積書においては、きちんと名目や内訳が詳しく書かれているか確認することが重要です。

もちろん、不透明な部分があればかならず質問し、クリアにすることも徹底しましょう。

とにかく捺印するまでに、よくチェックしておくことが重要です。

8.まとめ

フローリングの張り替え方法としては、

  • 重ね貼り
  • 張り替え

の2種類があります。

そしてフローリングには「複層」と「無垢」があり、それぞれでメリットや持ち味は異なるものです。

費用としては、6畳あたり8万円から17万円程度を見積もっておけばよいでしょう。
費用については、張り替えるフローリングの種類や面積などで変化します。

工期についてはたいへん短く、だいたいは1日で終わるはずです。
長くても2日以上かかることは、まずありません。

またフローリングの張り替えでは、業者選びがひとつのポイントとなります。
業者に対する正しい見方を持ち、適切な業者へ依頼することが重要です。

本記事を参考に、納得できるフローリングの張り替えを実現させましょう。

(床・フローリングリフォームの関連記事)

全ノウハウまとめ
フローリングの張り替えを成功させる全ノウハウまとめ

その他関連記事

床・フローリングリフォームの費用と相場


絶対!リフォームで失敗したくない方へ

利用者満足度98.3%!リフォーム内容にあったリフォーム会社を無料でご紹介!

リフォームする際に、どの会社にお願いすればよいか迷うことはありませんか?

この記事を執筆しているリフォームコンシェルジュが あなたのリフォーム内容にあった会社を無料でご紹介致します。

お名前・ご住所登録不要ですので営業のご連絡は一切ございません。お気軽にお申し込みください。

無料 リフォーム会社
一括紹介を申し込む

必須
必須
必須
必須
  • ※電話番号は半角数字、「-」なし
  • ※固定電話でも可能です。
  • ※施工店から営業の電話が直接かかってくることはありません。リフォームガイドからは入力内容について確認のご連絡をさせていただくことがございます。
任意

※ご入力は任意ですが、リフォームガイドからお得な情報をお送りしておりますので、ご入力いただくことをオススメします。

無料紹介の申し込みが完了しました!

後ほど担当者よりご連絡させていただきます。
申し込みありがとうございました。

リフォ―ムガイドオリジナル
無料EBOOKお申込みフォーム

メールアドレス必須

お名前(姓・名)必須

お名前ふりがな

都道府県

*いただいた個人情報に関しては、弊社プライバシーポリシーに基づいて適切に管理させていただき、EBOOKおよびそれに関連する情報のご案内以外の用途には使用いたしません。