窓を小さくするべきかどうか判断できる!リフォーム費用や工期も解説

「窓が大きすぎて冬寒く、夏暑い」

「窓の外からの視線が気になる」

「お風呂をユニットバスにしたが窓のサイズが合わない」

このようなお悩みはありませんか?

窓を小さくするリフォームしたい、というお問い合わせは、数は多くないですが実際にご相談頂きます。

窓を小さくするリフォームは、見た目を重視するのであれば壁を新たにつくる大がかりな工事になり、費用も高額です。

その工事費を費やしても窓を小さくした方がいい場合と、小さくするのではなく目的に応じた代替案の方がいい場合があります。

この記事では、窓を小さくするリフォーム費用や期間、本当に小さくするべきかどうかを解説します。

窓リフォームのご参考になれば幸いです。


1.窓を小さくするリフォーム費用

窓を小さくするリフォームにかかる費用は、リフォーム方法と窓の種類によって変わります。

リフォーム方法は以下の2種類です。

  • 新たに壁を作って窓を小さくする
  • (特に浴室の窓)パネルを使って開口部を埋める

1-1.新たに壁をつくって窓を小さくする|40~60万円

もともと窓だった部分に壁を新たに作り、開口部を埋めるという方法です。
壁を新たに作るため、大工工事が伴い大がかりなリフォームになります。
2階や3階など足場が必要になる高所の窓だと+約10万円ほどかかります。

特徴

  • 外観の見栄えが良い
  • 壁を作る工事費用がかかる

1-2.(特に浴室の窓)パネルを使って開口部を埋める|20~40万円

室内側からみた図↓(外壁を壊して小さくする場合と変わらない)

古いタイル張りの浴室をユニットバスにリフォームする際、窓が大きすぎてユニットバスのサイズと合わない時があります。

こんな時によく使われる方法が、不透明のパネルを使って壁にしたい部分を埋める方法です。

中から見るとユニットバスの壁になり、外から見ると窓だっ