LDKリフォーム11パターンを事例で紹介!費用&工期も参考に

LDKリフォーム

家族が集まるLDKは、快適で居心地のよい空間にしたいものです。さらに、お客様を迎えるスペースにもなることもあるので、おしゃれなイメージも大切です。

今回はLDKのリフォームを検討中の方に向けて、11パターンのLDKリフォーム事例を紹介します。かかった工期や費用も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


LDKリフォームのポイント

LDKイメージ

まずは、LDKのリフォームを考える際に押さえておきたいポイントを3つ紹介します。

[1]ライフスタイルに合わせた間取りを考える

LDKの間取りは主に3パターン。リビング・ダイニング・キッチンが同じスペースに存在する「LDK」、リビングが独立する「L+DK」、キッチンが独立する「LD+K」です。それぞれにメリット・デメリットがあるので、ライフスタイルに合うかどうかを考えるようにしましょう。

LDKは広々と開放感のある空間にできることや、キッチンにいても家族とのコミュニケーションをとりやすいことがメリットです。ただし、リビングからキッチンが丸見えになってしまうので、常に整理整頓する必要があります。

リビングに生活感を出したくない方にはL+DK、料理が好きでキッチンまわりを充実させたい方にはLD+Kが向いていますが、いずれも各スペースに十分な広さを確保できるかを確認することが大切です。

[2]動線を意識して必要なスペースを確保する

必要な広さを考えるときは、生活動線を意識してみましょう。例えば、ダイニングチェアーに座るには約60cmのスペースが必要です。その後ろを人が通るには、ダイニングテーブルと壁の間に1mほどの余裕がなくてはなりません。ダイニングテーブルの幅・奥行きに加えて、周囲に十分なスペースを確保できるかどうかを確認します。

同じように、ソファーセットの配置やドアの開け閉めなども意識する必要があります。実際の生活をイメージして、不便がないかを確認するようにしましょう。

[3]着工前に入念なシミュレーションを行う

リフォーム業者との打ち合わせには時間や手間がかかりますが、ここで手を抜くと満足な結果は得られません。どのようなLDKにしたいのか希望をなるべく細かく伝えて、リフォーム業者とイメージを共有することが理想のLDKを実現するコツです。
提示されたプランを見て実際の生活を想像し、少しでも疑問に感じるところは早めに相談・確認するようにしましょう。着工前に入念なシミュレーションを行えば、仕上がりに後悔することは少ないと思います。


LDKリフォームにかかる費用

LDKのリフォームにかかる費用は、施工内容や部屋の広さ、設備・内装材のグレードで異なります。
まず、キッチン交換にかかる費用の相場は、内装工事も含めて50万~150万円ほどです。ただし、レイアウト変更で大掛かりな配管工事が必要になる場合などは、200万円以上かかることもあります。

リビングやダイニングの内装工事は50万~100万円程度間仕切り壁の撤去など間取り変更を含む場合は100万~300万円程度を目安にするとよいでしょう。

リビングリフォームの主な工事内容や費用相場については、以下の記事を参考にしてください。

リビングのリフォーム費用相場を完全解説!費用を抑える方法も!
リビングのリフォーム費用相場を完全解説!費用を抑える方法も!
リビングのリフォーム費用相場を完全解説!費用を抑える方法も!
記事を読む