リビング間取りってどんなのが良いの?―考え方と事例紹介!―

リビングの間取り

ご自宅のリビングの間取り、満足していますか?

間取り次第で住み心地は格段に変わります。家族皆が集まる憩いの場である、リビング。そんな大切な場所だからこそ、あなたにぴったりの間取りを見つけて、快適に暮らしませんか?そうは言っても、快適で心地の良い間取りとは家族構成やライフスタイルによって様々です。

そこで今回は、リビング間取りで失敗しないための考え方や、実際にあるリビングの間取り例を紹介していきます。「この間取り良いな」と思える間取りがきっと見つかるはずです。

さらにレイアウト術も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。


1.リビング間取りで失敗しないための考え方

新築する際、中古の家を買ってリノベーションする際、間取りをリフォームする際などに、間取りについて考えると思います。「暮らしてみたら不便」「せっかくリフォームしたのにむしろ動きづらくなった」などのケースは避けたいものです。こちらでは、どのようにリビングの間取りを考えていけばよいか説明します。

1-1.デメリットにも目を向ける

どんな間取りにもメリットもあればデメリットがあります。「この間取りかっこいい、おしゃれ!」というように良い部分だけを見て間取りを決めてしまうと、暮らし始めてからわかる不満が出てくることになります。

<例1>壁が少ない間取り

壁が少ない間取りは、その分限られた面積を広く使うことができるというメリットがありますが、一方でこのようなデメリットがあります。

  • プライバシーの空間が少ない
  • 暖房効率が下がり光熱費が高くつく

<例2>キッチンとリビングダイニングが分かれている間取り

キッチンとリビングダイニングが分かれていると、匂いや煙が広がらない・来客からキッチンが見えないなどのメリットがある一方で、このようなデメリットがあります。

  • 料理をダイニングまで持っていくのがいちいち大変
  • 料理中は、リビングに居る子どもの様子を見守ることができない

それでもその間取りを採用するか否か、あるいはデメリットを解消する他の工事(例1なら断熱性を高めるなど)も行い、その間取りを採用するか、ケースは様々ですが、デメリットを知った上で判断する必要があります。

 デメリットを理解するためには、間取り決定前のリサーチが大切です。業者にデメリットまで詳しく確認しましょう。

1-2.動線と家具の配置を書き出してみる

間取り図ができたら、間取り図に家族皆の動線と家具の配置を書き出し、実際に生活していることを想像することで失敗を防ぐことができます。

動線とは人が移動するときの動きを線であらわしたもので、特に大事なのが家事動線と生活動線の二つです。

  • 家事動線・・・炊事、洗濯、掃除をするうえでの動線
  • 生活動線・・・リビングからトイレ、お風呂などに移動する動線

動線と家具の配置を書き出してみる

動線と家具の配置を書き出してみる

上の例では生活動線と家事動線が交わっており、家族が生活するうえで頻繁に交わることになります。下の例では生活動線と家事動線が交わっておらず動きがスムーズにいきます。

家事と生活の2つの動線がなるべく交わらず、室内での移動がスムーズにいく間取りは、暮らしやすい間取りと言えます。

<使い勝手の悪いリビング間取りの例>

  • 家族の動線が必ずソファとテレビの間を通る
  • 来客にキッチンが丸見え
  • 来客が家族団らんの場を通らなければ客間までいけない
  • リビングからしか洗面所への道がない

使い勝手が悪い例としてはこのようなケースがあります。しかしすべてを避けることは実は難しいのです。例えば、子どもがだまって二階の部屋に行くことがないようにリビングに階段を設置しました。しかし子どもの友達が遊びに来た場合、リビングを通らなければ子どもの部屋までいけないので家族団らんの場は丸見えになってしまいます。

このように物事には両極端あるため何を優先するか、優先順位をつけるようにしましょう。


2.リビングの間取り例

リビングの間取り例をいくつか紹介していきます。参考にしてみてください。

2-1.LDK(リビング・ダイニング・キッチン)が一体型になった間取り