リビングに和室があると何かと重宝!おしゃれ&機能的にするポイントも

リビング和室

「リビング横に和室を作りたい」

「リビング横にある和室をおしゃれにリフォームしたい」

このように考えてはいませんか?

最近は、家を建てるときに和室を設けない人が増えてきました。しかし新築してから「やっぱり和室があったほうがよかった」と後悔する人も少なくないようです。また、和室を作ったものの「なんだかおしゃれじゃない……」と感じることも。

そこで今回は、リビング横に和室を設けるメリットや、リビング横におしゃれな和室を作るリフォームを行った事例を紹介します。おしゃれな和室に仕上げるポイントや、リビング横に和室を作るときの注意点も解説しますので、ぜひ参考にしてください。


目次

1.リビング横に和室があるとなにかと重宝!

リビング横に和室があると、なにかと重宝するのでおすすめです。ここではリビング横に和室を設けるメリットを紹介します。

1-1.洋の空間の中に和のアクセントがおしゃれ

リビング横の和室

リビング横に和室があると、フローリングやシステムキッチンといった洋風の生活空間の中の、ちょっとしたアクセントになります。違和感なく溶け込ませるなら、和モダンな和室にするのがおすすめです。

1-2.暑い日に寝ころべば涼しい

和室

和室があると、暑い日にはゴロリと寝ころんで涼しく過ごせます。

フローリングと違い、畳は直接座ったり寝ころんだりすることを想定して作られています。吸湿性があるので、寝ころんでもフローリングのようにベタベタしたり、冷たく感じたりすることもありません。

1-3.冬にはコタツも置ける

こたつのある和室

冬になると、コタツを置けるのも和室があるメリットです。コタツは部屋全体を暖めるエアコンやストーブと違い、人がいる場所だけを暖めるので効率的です。部屋を暖めたい場合も、コタツを併用すると設定温度を低くして光熱費を抑えられます。なにより家族でコタツを囲むと、心もぽかぽか暖まります。

1-4.子育てにも最適

子どもがいる和室

子どもが小さいうちは、寝返りやハイハイの練習などで直接床の上で過ごす時間が長くなります。そんなときも和室があると重宝します。リビング横の和室で子どもを遊ばせておけば、キッチンで食事の用意をしているときも、様子を見守れるので安心です。

1-5.仕切り扉を使えば簡単に別空間に

和室横の仕切り扉

出典:http://www.8044.co.jp/gallery/73

リビング横の和室を仕切り扉で仕切れるようにしておけば、個室として利用できるようになります。ときどきお客様が泊まりにくるようなご家庭でも、独立した客間を用意しなくていいので実用的です。

1-6.小上がり和室は収納にもなる

小上がり

出典:https://az-ken.com/works/w47/

和室を小上がりにしつらえておくと、広い収納スペースを確保できます。小上がりの段差を利用して引き出しにしたり、畳が跳ね上がるようにしたりすれば、小上がりと同じ広さを収納として使えます。