窓リフォームの方法・費用を10の目的別に解説【補助金情報も】

窓リフォーム

窓のリフォームをお考えの方は、窓にこのような悩みをお持ちの方が多いのではないでしょうか?

  • 古い窓で見栄えが悪い
  • ガラスが薄く、家の中が寒い
  • 空き巣に入られるのが心配
  • 外の騒音や音漏れが気になる
  • 外から室内が丸見え
  • 紫外線や日差しが気になる
  • 大きさや種類を変えたい

窓は生活環境に直結しますので、ライフスタイルに合ったリフォームをすることが重要です。

少々お金をかけてでも性能の良いリフォームを行うことで、生活の質がぐんと向上します。

最近では防犯や防音・紫外線防止など、多様なニーズにあわせたガラスも開発されており、窓リフォームの際に、割られにくい防犯ガラス、地震で割れても飛散しにくいガラス、紫外線がカットできるガラスなどを選ぶ人も多いです。

ここでは、目的に合わせた窓リフォームの方法や、費用、選ぶべき窓の特徴、誰に依頼するのか、そして窓リフォームで使える補助金などを解説します。

様々な悩みごとに分けた窓リフォームを紹介していますので、自分に最も適切な窓リフォームの方法が分かるはずです。

窓のリフォームをする際に知っておきたい情報が詰まっていますので、是非ご覧下さい。


1.窓リフォームで一番違いが出るのは「断熱性」

窓リフォームで一番効果が実感できるのは、「断熱性」を高めるリフォームです。断熱・遮熱窓の効果は以下の通りです。

  1. 夏の室内の気温上昇が抑えられ熱中症のリスクが減る
  2. 冬の室内の温度差が少なくなるため心肺停止リスクが減る
  3. 結露しにくいため掃除がラク
  4. エアコンの効きがよくなり光熱費が減る

断熱のための窓リフォームは光熱費の節約に繋がるだけでなく、気温が一定に保たれるので快適に暮らすことが出来ます。また、「窓リフォームで適用できる補助金」でも解説している通り、様々なリフォーム補助金の対象となります。
窓のリフォームを考えるなら、断熱性の向上も考慮に入れておくといいでしょう。 

「断熱性」を高める窓リフォーム方法・費用相場

断熱性を高める窓リフォーム

・窓サッシ・ガラスの交換|10~50万円/箇所

窓の断熱化リフォームの場合、サッシとガラスを断熱性の高いものにすることで高い断熱効果が期待できます。

ただし、サッシまで交換する場合、他の方法より費用が高くなります。特に、今のサッシを壁から取り外し、新しいサッシに入れ替える工法(はつり工法と呼ばれる)の場合は1箇所30~50万円と高額になります。

また、現在の窓タイプが、「引き違い窓」や「上げ下げ窓」などスライドさせて開閉するタイプの窓であれば、外側に向かって開く「滑り出し窓」にすることによって密閉性が上がり断熱性がさらに高まります。(ただし、窓のサイズにもよります)

窓サッシ・ガラスの交換

サッシ交換について詳しくは以下をご覧ください。

サッシの交換リフォームの費用相場をサイズ別に完全解説!注意点も!
サッシの交換リフォームの費用相場をサイズ別に完全解説!注意点も!
サッシの交換リフォームの費用相場をサイズ別に完全解説!注意点も!
記事を読む

・ガラスのみの交換|4~7万円/箇所 

今のサッシはそのままでガラスのみ、断熱ガラスに交換する方法です。

断熱ガラスは2重構造になっており、そのままでは既存サッシに収まらないため、アタッチメントという枠をはめることで調整します。

費用はサッシも交換するより安く済みますが、サッシの断熱性能は変わらないため、他の2種類の方法に比べ、効果は低いです。